【覚悟】飛行機の搭乗券に「SSSS」の記載があったらヤバい事が…

【出典:https://de.wikipedia.org/wiki/Datei:BoardingPass_SSSS.jpg

SSSS」とは(Secondary Security Screening Selection)の略。

搭乗券に書かれたこのサイン…一体なんなのでしょうか?

「SSSS」ってなに?

「SSSSシステムは搭乗者の危険性を事前に察知するプログラムで、乗客が空港に訪れる前に、乗客の名簿とウォッチリストを突き合わせることによって航空の安全性を高めます」

アメリカのTSA(運輸安全局)の管轄で2010年から始まったプログラム。

同時多発テロ事件のあったあとから厳しくなりましたからね・・・。

これは常にランダムに搭乗者を選び出し、抜き打ちチェックをするというものですね。

しかし、実際はそんな簡単なものではないようです。

何度も選ばれる人は要注意!

よく選ばれる方はFBIのテロ対策ブラックリスト入りされている可能性が高いですね。

↓ですから、身に覚えがない人は政府機関に連絡をすることを専門家は呼びかけています。

米国国土安全保障省に対して渡航者異議申立てプログラム(Traveler Redress Inquiry Program)の申請手続きを行うこと。テロリストと同姓同名などの理由で危険人物と識別されていた人は、誤解を解いた上でリドレス番号(Redress Number)をもらうと事態は改善されるそうだ。

exciteより引用

この検査時、TSAの職員が命令口調らしく毎回は嫌でしょうからね…。

たま〜になら、気にしなくても良い

もしあなたが、たまにSSSSに選ばれる程度なら心配することはありませんよ。

注意人物でない人に対してもランダムに実施されているからです。

↑《訳:またしても私はJFK空港で「ランダムに」選ばれ、搭乗券にSSSSとプリントされたようだ。不思議なことに、選ばれた中に白人は1人もいなかった。

この方は心配されていますが次また選ばれた時に気にすればいいのですよ!

ランダムとはいえ、選ばれやすい搭乗者は??

しかし、ランダムに選んでいるとはいえある程度ルールがあるようです。

▪️片道チケットのみ購入

▪️クレジットカードではなく現金で購入(個人情報の把握を嫌がっているとみなされる)

▪️また中東(危険とみなされている国)に頻繁に海外に渡航する。

▪️直前に航空券を購入

なるほど!みんなと同じ動きをしない方が狙われやすい可能性が大なんですね!

飛行機は飛び立ってしまったら、何が起こっても後の祭りですよね。

しかし、わかっていても選ばれたくない理由があります!

選ばれると、面倒くさいことだらけ

しかし安全のためとは言いつつ、選ばれた人はかなり面倒な目にあいます。

1:「SSSS」チケは空港で発券できない?

最近は自宅のパソコンでプリントアウトした搭乗券で、空港の自動発券機で発券するのが普通ですよね。

しかし、航空券に「SSSS」と記載されていると、それが出来ないことがあるようです。

その場合、航空会社カウンターに直接行かないと搭乗券を受け取れないそう。

それだけではなく、さらに恐ろしく面倒なことが待ち受けています!

2:かなり厳しい検査が待っている

【出典:http://www.tipsenweetjes.nl/overig/douane-dagboek-gevangenis/

それは、さらに追加で検査をさせられるセキュリティチェックの対象者に選ばれた、という意味なんです!

時間は10〜30分間程度ですが、中には別室に連れて行かれる場合もあります。

▪️手荷物全てを開封され、普段は問題にならない爪切りさえも没収されることも!

▪️靴や靴下を脱いで検査

▪️カバン内をろ紙のようなもので拭き、吸着物を分析器にかける。

▪️警棒型金属探知機で、身体検査

▪️手でボディチェック(男性旅行者には男性係官、女性旅行者には女性係官)

▪️旅行計画についての質疑応答

抵抗すれば搭乗を拒否されるだけですから、土産話と思って素直に受けてくださいね!

あと、念のため、空港には早めに到着しましょう!