【豆知識】交通事故の「被害者」になって保険会社の対応が悪い時、一発で対応が良くなる方法!

【豆知識】
交通事故の「被害者」になって保険会社の対応が悪い時、
一発で対応が良くなる方法!

後ろから追突された、横からぶつかられた、
車にはねられた、バイクにはねられた。

自分は安全運転しているのに
事故に巻き込まれてしまう場合があります。

そんな時、相手側の保険会社と連絡を取りあい、
対応してもらう事になるのですが、
保険会社としては支払う金額を1円でも安くしたいため、
色々と理由をつけて保険料を下げようとしてきます。

最悪の場合は連絡すら全然してこないというケースも・・・。

そういった場合に一発で保険会社から
しっかりとした対応をしてもらえる方法があるといいます。

ツイッターユーザーの「ウミノ工機 (@kado_busdev)」さんが、
交通事故の示談交渉の際にぜひ覚えておきたい知識を紹介し、
注目を集めています。

保険会社の対応が一発で対応が良くなる方法

損保協会」に連絡をする!
たったこれだけだったのです!

ただ、協会に非加盟の一部の外資系の損保会社が
相手だった場合には協会では対応が難しいため、

弁護士などに相談する必要がある、との事です。

実際にこういった被害に遭われた人は少なくなく、
沢山のコメントが寄せられていました。

保険会社も自社の利益を優先させなければ会社が倒産してしまう・・・。

といった理由もあるかもしれませんが、
それとこれとは話は別です。

支払われるべき金額はしっかり払ってもらうためにも、

もしこういった被害に遭遇してしまった場合は
まずは損保教会に連絡をしてみてもいいかもしれませんね。