オウム真理教の教祖・麻原彰晃がアジトで発見された時の様子…恐ろしすぎる…

オウム真理教の教祖である麻原彰晃が
アジトで発見された様子がヤバイと話題になっています。

今回は麻原彰晃についてまとめました。

1995年、オウム真理教の教祖である
麻原彰晃(本名:松本智津夫)が逮捕されました。

地下鉄サリン事件により亡くなった方の数は13名にのぼる。
重軽症者は合わせて6300人。

あれから20年以上経った今も後遺症に苦しんでいる人がいます。

これだけの凶悪犯罪の容疑者を
警察が「隠し部屋に隠れてて見つけ切れなかった」と
諦めるとでも思ったのであろうか。

麻原彰晃の犯罪一覧

・男性信者殺害事件(殺人罪)

・坂本堤弁護士一家殺害事件(殺人罪)

・サリンプラント建設事件(殺人予備罪)

・薬剤師リンチ殺人事件(殺人罪・死体損壊罪)

・滝本太郎弁護士サリン襲撃事件(殺人未遂罪)

・自動小銃密造事件(武器等製造法違反)

・松本サリン事件(殺人罪・殺人未遂罪)

・男性現役信者リンチ殺人事件(殺人罪・死体損壊罪)

・駐車場経営者VX襲撃事件(殺人未遂罪)

・会社員VX殺害事件(殺人罪)

・被害者の会会長VX襲撃事件(殺人未遂罪)

・公証人役場事務長逮捕監禁致死事件(逮捕監禁致死罪)

・地下鉄サリン事件(殺人罪・殺人未遂罪)

・チオペンタール密造事件(薬事法違反)

・LSD密造事件(麻薬及び向精神薬取締法違反)

・覚醒剤密造事件(覚せい剤取締法違反)

・メスカリン密造事件(麻薬及び向精神薬取締法違反)

当時の麻原彰晃の様子

週刊文春1996年4月25日号に
拘置所での麻原の姿が掲載された。

車椅子に乗せられ移動している麻原の姿が撮っている。

タイトルは
「拘置所の麻原被告はまるでエレファントマンだった」。

父が東京拘置所に移管された直後の1996年4月初めから
父は東京拘置所が提供する食事を一切とらなくなりました。

代わりに薬を混ぜ込めないような食べ物の差し入れ依頼が
家族に来るようになりました。

わめく、取り乱す、駄々をこねる。
オウム真理教の「教祖」の様子がおかしい。
公判を長引かせるための戦略というのは、あまりに支離滅裂なのだ。

「女子コンクリート詰め殺人事件」など、いくつもの大きな裁判で、被告人の精神鑑定を担当してきた福島章・上智大学教授(精神医学)の見方は「典型的な拘禁反応だと思います。」

不規則発言を繰り返し、
これまでに2回の公判で退廷を命じられた
オウム真理教前代表・麻原彰晃(松本智津夫)被告が
弁護人との面会を一切断っていました。

麻原彰晃のおかしな行動

麻原の身の回りの世話をしていた
掃夫(拘置所で服役している雑役囚)が語るところによると、
麻原は注射をされていたという。

麻原はほとんど毎日、大小便を垂れ流していました。

しばしば午前と午後で松本のズボンが替わっており、
失禁しているようだったと当時の司法記者は語っています。

また、おむつをつけていても、
取り替えるのは1日のうち、入浴前の1回のみ。

入浴がないときには、運動の日に外に連れ出すときに替えるか、
入浴もなく運動もないときには朝1回替えます。

要するに毎日1回しか替えません。
当然布団は大小便で汚れることになります。

アジトで発見された時の様子

毒ガスによる大量殺人を狙った
凶悪テロの容疑者の麻原彰晃は逮捕された時
アジトである山梨県上九一色村の教団施設に
隠し部屋を設けてそこに隠れていた。

見つからないようにと配慮されて隠された結果、
一人でそこから降りる事も出来なかったと言う。

のちに死刑判決を受ける麻原が神ではなく、
人であり犯罪者である事が証明された瞬間だった。

ネットでの反応

・この状況でカメラマン役する警察も問題あるやろ

・ビンラディンみたいに見つかった瞬間殺されれば良かったのに

・壁と壁の間にずっとおったんやろ
そらこうなりますわ