万が一のために知っておきたい・・消防士が教える「衣服に火がついたときの対処法」

いつどこで何が起きるかわからないのが人生だもの、火が自分の着ている服に燃え移るなんてことも100%ないとは言い切れない。

万が一にもそうなったときにはどうすればよいのだろう?

水とか消化器とかを用意している猶予はない。そんな時に役立つという衣服についた火を消す方法を、台湾の消防士が、実際に衣服に火をつけ、体を張って教えてくれている映像が公開されていた。

パニックにならず冷静になってこの方法を試してみよう。

身為一名消防隊員,為了防宣時,讓民眾更信服,不得不親自下火海,身上若著火,該如何自救呢?Q:身上著火時,怎麼辦?A:被火燒到時,一定要牢記下面步驟:(一) 停:立刻停在原地。(二)遮:遮住口鼻,避免呼吸道吸入性嗆傷。(三)趴:就地趴下,立刻雙手摀在臉上(減少顏面傷殘機會)。如果雙手著火,則將手平貼大腿。(四)滾:然後左右翻滾直到火勢熄滅。#身上著火其實身上著火,起身跑開或用衣服拍打,都是不對。身上著火,如果起身跑,會增加氧氣,逾烧逾大,嘴巴張開,鼻子會吸入高溫,引起最致命的死亡原因。人體最脆弱的地方,是頭,臉部,你站立或坐立,火由下向上燒,所以是死路一條。我們應該立即用雙手遮住臉部的呼吸道(口與鼻),防止熱氣從呼吸道吸入導致呼吸道燒傷, 接著跪下身體,腳向後鄧,將身體打平壓熄身上前方的火,這樣只剩下背上的火,再向左或右 滾動身體,壓熄背上的火。這是美國小學自救課程的第一堂課。自救方法很重要,讓家人及好友,知道身上著火時的自救做法!#台南市政府消防局#第一救災救護大隊#新營分隊#新營專責救護隊

Posted by Yoyen Shen on Tuesday, December 19, 2017

【衣服が発火したときの対処法】

1.まずは落ち着いて両手で顔をおおう

3.横向きにゴロゴロ転がる.

何度も転がっているうちに火は沈下されていく

もともとはアメリカで考案された消火方法だそうで、日本でも「ストップ、ドロップ&ロール((止まって、倒れて、転がって))」として消防士がレクチャーしてくれている。

.
とにかく落ち着くこと。そして顔を両手でおおったら地面に倒れてゴロゴロするんだ。冬場はストーブの火が引火する可能性もあるのでよーく覚えておこう。

【引用元】

http://karapaia.com/