【やってみて】中国初の美女プロサーファーが訴える環境保護にチャレンジする人が続出中!

中国人初の美女プロサーファーの訴え
近年、プラスチックゴミなどが及ぼす環境汚染が問われているなか、1人の中国人女性が環境保護活動に取り組んでいる。

2014年に中国で初めてプロサーファーになったダーシー・リウさん。

サーフィンという競技を通して世界中を旅する中、ゴミが溢れかえる汚れた海をみて活動をはじめたという。

View this post on Instagram

How many of you out there notice that when we go to any remote beach, it is actually nothing like what you saw on those Instagram travel destination photos. I have to be honest with you, face the reality! This is what our beach looked like today, like nearly all over the world, any remote beach, all like this! Or if not, the big resorts pay people to stay in the heat all day long to keep that fancy private beach clean. Instead of finding a little clean spot to take that perfect Instagram photo, I'm gonna have a photo with the reality… so we can find out there isn’t actually a clean perfect beach on the other side of world, unless we start to really work to keep it clean … #keepourbeachesclean #beawareonourtrashy #nomorecleanbeach #truthof #travelphotos #plasticpollution #dirtubeach #holidaydestinations #beautifuldestinations #conservationphotography #conservationproject #conservationprincess #surfer #surfergirl #divemaster #oceanconservationist #surfmodel #loveourocean #lovethenature photo credit 📷: lovely @rose.nomura

A post shared by Darci Liu (@darci_liu) on

もちろん海だけではなく、海岸にもこのようにペットボトルやゴミ袋など多くのプラスチックゴミが溢れかえっている。彼女は自身のインスタグラムでこのような現状を投稿し、世界へと訴えかけているのだ。

ノープラスチックチャレンジに挑戦

海のそばで生まれ育ったが、18歳まではバレエを習っていたというリウさん。中国では人口の半数以上が沿岸部に住んでいるにもかかわらず、近隣の海で泳ぐことが禁止されている。そのため、中国人がプロのサーファーとして活躍するなどということは夢のまた夢だった。

また、日焼けした肌もネガティブなイメージを持つものだとされていたという。こういった背景もあり、リウさんは中国人で初めてプロサーファーとなった女性だったのだ。

そんなリウさんがインスタグラムで提案した環境保護チャレンジがこちら。

①24時間プラスチック製品を使わないこと
→失敗したら翌日再挑戦するかビーチ掃除
②何人かの友達でやること
③その様子をSNSでシェアすること

一見簡単なようだが、われわれの生活に当たり前のようにあるプラスチック製品を使わないというチャレンジはそう容易なことではなさそうだ。このチャレンジはメディアで大きく報じられ、#Noplasticchallenge(ノープラスチックチャレンジ)として話題になっている。

環境保護が世界に広まりますように

View this post on Instagram

Just wanted to say a big thanks for everyone who attended our beach clean up last Sunday! We had over 60 volunteers join us for the event in which roughly 500 or more meters of beach was groomed and cleaned. We accumulated a mass amount of trash and debris totalling 53 bags of trash weighing in at 544.8kg. Of this total, 154kg was plastic there were 474 total cigarettes butts, 282 plastic bottles, 46 paper boxes and the list of items goes on and on, that is just a small tally of the major items collected. This was only a total of 3 hours Cleanup work in 500 meters of beach, not to mention this wasn’t even 1/10 of the trash from this beach needing to be cleaned. To be honest not sure if we can keep the whole Hainan island (33,920 square kilometers) clean even if we were to do this every single day! Doing beach clean up definitely is not my favorite job nor would I consider it as my Dream, but more so I truly wish this little bit of action will get peoples attention. I hope the numbers of the trash from this clean up can make people realise how bad the situation is, not only here in Houhai but across many beaches around the world. If we don’t STOP producing more and more, we are just going to end up as a trashy people living in a trashy world …… I am sorry if it doesn’t sound so nice, but this is the reality of the situation. We don’t want people to call us or refer to us in that way, so we as humans need to stop acting in that way …. #beachcleanup #beachcleaning #beachcleanups #cleanthebeach #beachcleanupevent #plasticpollution #conservation #envierment #nomorecleanbeach #keepourbeachesclean #dirtybeach #conservationphotography #conservationproject #oceanconservation #protectchinesesea #oceanconservationist #surfmodel #loveourocean #takeawayfromthesea #lovethenature #surfrider #savetheocean #keepsouthchinaseaclean #lovechinesesea #hainan #sanya #china

A post shared by Darci Liu (@darci_liu) on

リウさんはまた、リサイクル可能なビーチウェアやその他のエコ商品を販売する会社も立ち上げている。すべては愛する海のためだ。

今後の活動として、10月26日に北京の現代美術センターで開催されるwISEカンファレンスで環境保護を訴えるというが、彼女の呼びかけるチャレンジをきっかけに、私たちも環境保護にもっと真剣に取り組む必要があるだろう。