【極限映像】カリフォルニア山火事に車で突入した映像がヤヴァすぎると話題に!

目の前に広がる火の海
11月8日にカリフォルニア北部から出火した大規模な山火事。その延焼速度は、なんと1分間でサッカー場80面にも及ぶと報じられる。

そんな山火事の威力を物語る、非常に恐ろしい映像がアメリカから届いた。

車がトンネルをくぐり抜けた瞬間の光景に、あなたはきっと衝撃を受けるだろう。

この映像を撮影したのは、カリフォルニア・マリブ在住のレベッカ・ハケットさん。

ABCニュースの取材によると、ハケットさんは自分の所有する馬を避難させた後、ロッキーオークスパーク近くの馬小屋を車で出発したという。

しかし、目の前の山には既に大きく火の手が回っていた。動画には「お願い、神様、神様」と必死に助けを求める声が響き渡る。

その時の心境を、ハケットさんはこのように語っていた。

「今までの人生であんなに強い風を感じたことはありませんでした。凄く速い速度で火が燃えていましたが、一分間だけ落ち着いているように見え、その一瞬のすきに逃げるしかないと思いました。
火の中を2分くらい走ってる間、死んじゃうかと思いました。谷を下っているのにずっと煙の中を抜けられませんでした。」

これほどの熱に晒されれば、タイヤが熱で焼け車が停まっていた可能性もあっただろう。そうなれば命は助からなかったかもしれない。

運転している間、この世のものとは思えないほどの恐怖に包まれていたことだろう

ハケットさんが無事に生還して何よりであった。