【拡散希望】ヘアカラー剤で顔が変形した女性がどうしても伝えたかったこと!

現代では、髪を染めているということは特段珍しいものではなくなった。薬局はもちろん、コンビニでもカラー剤が売っていたりする。便利な世の中になったものである。

ただ、便利なことばかりではなく、気をつけないといけないことがあるようだ。

髪を自分で染めようとして…
19歳のエステールさんはパリの学校に通う学生だ。そんな彼女が先日、衝撃の姿を公開した。市販のヘアカラー剤を使った後に、深刻なトラブルが起きたというのだ。

近くのスーパーでヘアカラー剤を買った彼女は、家に返って自分で髪を染めることに。その際、アレルギーテストを行わなければならないのだが、メーカーの推奨する48時間経過した後ではなく、たった30分しか経過してないのに、アレルギー反応は出ないと判断して染め始めてしまった。

するとまもなく、頭皮に痛みを感じ始めた。さらに徐々に腫れてきたため、医師の指導のもと抗ヒスタミン薬を使った。

これで症状は治まるだろう…そう思われたが、翌朝、症状はもっと酷くなっていた。

そのときの彼女の写真がこちらの動画で確認できる。

これは酷い…

「同じ思いをして欲しくない」
ご覧いたたいだように、彼女の顔は非常に腫れ上がってしまい、頭のサイズが通常の56cmから63cmにまで大きくなっていた。しかも顔や頭だけでなく、舌も腫れ始め、呼吸もしにくくなり彼女は病院に駆け込んだ。

幸い、エステールさんは病院で夜通し薬を投与し続けて、症状は回復した。原因は、カラー剤の成分であるp-フェニレンジアミンに対するアレルギー反応だった。

アレルギーテストを行わなかったことで、こんなに酷い症状が出るとは思わなかった…

エステールさんは「他の人に同じ思いをして欲しくない」と自分の写真を公開した。

ヘアカラー剤に限らず、他の製品でもアレルギーテストを行わずいきなり使い始めるという人は少なくないだろう。人によってアレルギー反応が出る、出ない、症状が重い、軽いは様々だ。最悪、命を落とす可能性もある。

自分の身を守るためにも、アレルギーテストの類いは必ず行うべきだということを再確認しておきたい。