鼻にウナギを詰まらせたドジっ子アザラシが見つかる

あなたは鼻に何か異物を詰まらせたことがあるだろうか?うっかり鼻にウナギを詰まらせたアザラシが見つかった。

何が起きたのか分からなかった。

この写真はアザラシの保護活動を行うHawaiian Monk Seal Research Program(HMSRP)によって公開されたもの。ウナギが頭部分を突っ込み、脱力した尻尾が垂れ下がっているのが分かる。他にも若いアザラシに同様の事例があるが、なぜこのようなことになったのかは不明。

HMSRP「月曜日…それはあなたにとって良くない日かもしれませんが、鼻にウナギが入るよりはいいでしょう。我々は数年前に鼻にウナギが入ったアザラシを報告しました。そしてまた見つかったのです。しかもここ最近で複数件見つかっています。いずれもウナギは無事取り除かれ、アザラシは元気です」

▼HMSRPが保護・観察しているアザラシの写真。いつものようにこうして観察していると鼻ウナギの個体を見つけた。

▼口に針が引っかかったアザラシを保護しようとしているところ。

HMSRPが2016年に鼻ウナギのアザラシを見つけたときはすぐに獣医を呼んで、わずか45秒で取り除いた。ウナギは2フィート(60cm)もあった。獣医が言うには「アザラシの行動に問題はないが、この状態だと呼吸が難しい」とのこと。

もし運悪くもう片方の鼻にもウナギが詰まったら…。確率は極めて低いがあり得ない話ではない。

▼この記事をシェアする