【和牛受精卵】流出元となった牧場経営の畜産農家(70)を逮捕 既に4回、中国の牧場関係者に売られていた…

運搬役容疑者 和牛受精卵 4回中国に…「流出元」農家 容疑逮捕

▼記事によると…

・和牛の受精卵と精液が中国に持ち出されそうになった事件で、大阪府警は20日、受精卵などの流出元となった畜産業の松平哲幸容疑者(70)(徳島県吉野川市)を家畜伝染病予防法違反、関税法違反両容疑で逮捕した。

運搬役として逮捕されていた焼き肉店経営の前田裕介容疑者(51)らが過去に4回、中国に受精卵などを密輸していたことも判明。府警は、いずれも松平容疑者から提供されたとみて調べる。

・発表では、松平容疑者は前田容疑者らと共謀し、昨年6月29日、動物などの輸出時に必要な検疫を受けずに、金属容器に詰められて凍結された受精卵と精液(保管用ストロー計365本分)を大阪から中国・上海にフェリーで持ち出そうとした疑い。

2019/03/21 05:00(会員限定記事)

家畜伝染病予防法

家畜伝染病予防法は、家畜の伝染性疾病の発生の予防、及びまん延の防止について定めた日本の法律である。略称は家伝法。最終改正は平成26年6月13日法律第69号。 農林水産省職員執筆の同法の解説として、平成25年に「逐条解説 家畜伝染病予防法」が出版されている。
家畜伝染病予防法 – Wikipedia

▼動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・はよ大量生産してぶっ壊せ

・数年後、海南牛が世界を席巻

・中華牛ブランドになるんだろ。日本の畜産業終わったな

・売ったところで中国が最上級の霜降り肉作れる気がしねぇ

・新幹線といい苺といい学習しねーな日本人って

・知的財産の不正流出の大罪です、重く罰してください。

・品質が日本農産物の唯一の武器なのに、その武器相手にあげてどうするんや。日本の国内産業がどんどん死んでいく

出典 https://snjpn.net/