【結局批判】 野党、“10万円給付”方針転換を批判「前代未聞」「総辞職に値」

【結局批判】 野党、“10万円給付”方針転換を批判「前代未聞」「総辞職に値」

野党「前代未聞」「総辞職に値」 10万円給付、方針転換批判

▼記事によると…

・安倍晋三首相が一律10万円の現金給付に向け、2020年度補正予算案の組み替えを指示したことについて、主要野党は16日、「前代未聞」「総辞職に値」などと方針転換を一斉に批判した。

・立憲民主党・枝野幸男代表
「遅きに失した」
「政府が予算案をぎりぎりになって組み替える前代未聞の事態に陥った。ガバナンスの問題だ」

・国民民主党・玉木雄一郎代表
「空前絶後だ。(組み替えで)給付が遅れる責任は首相にある」

・共産党・小池晃書記局長
「政権の危機管理能力、ガバナンスの欠如は目を覆うばかりだ。内閣総辞職に値する事態だ」

4/16(木) 18:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-00000094-jij-pol

twitterの反応

ネット上のコメント

どのみち叩くんかい

モンスタークレーマーを相手にする様なもんですね

一言文句を言わないと気が済まない人々w

もう、できることが後だしじゃんけんで政権批判しか無くなったみたい😑

それならセクキャバで「犬になりたい」や警官に「ビビっただろう?」と恫喝した党はどうなってしまうのだろうか。

だったら公明代表のように総理に直談判すればよかったんだよ。提案だけしても実行されなきゃ絵に描いた餅なんだよ。

一瞬、なにを言ってるのか理解できなかった。方針転換することが「総辞職に値する」って、じゃあ何のために日々議論したりデータを集めたりしてるんだよ。絶対に意見を変えてはならないのか?これが野党のスタンスなのか?