【6秒動画】魔法の力っぽいワイヤレス充電器がすごい

悪魔召還プログラムっぽい 少し前までは、携帯を充電するとなると、機器とコンセントをケーブルで直接つながなければならなかった。しかし最近では、置くだけで充電ができる電磁誘導型のワイヤレス充電器もよく見かけるようになってきた。 そこに置くだけで充電が完了するというのは、便利すぎてそれだけで魔法のような道具なのだが、そんなワイヤレス充電器の「魔法っぽさ」をさらに強調するアイテムが現れた。その名も「魔方陣充電器」。 魔法の力に見えるワイヤレス充電器をつくりました #6秒商店 pic.twitter.com/JhVxLd2B0W — 6秒商店/6secShop@CHOCOLATE (@6sec_shop) September 28, 2018 なんか召還されそう この動画を公開したのは、6秒商店(@6sec_shop)というアカウント。「6秒で欲しくなる雑貨専門店」というコンセプトで風変わりな映像をいくつか公開していて、運営しているのはCHOCOLATE inc.というコンテンツ制作会社である。 実際に販売されているわけではないが、コメント欄では「欲しい」の嵐が巻き起こっていた。たった6秒の動画でここまで人の購買意欲を掻き立てるとは、コンテンツ産業恐るべしである。 

Read more

飼い主にベビーシッターの虐待を知らせたワンコ

ホープとベンジャミンのジョーダン夫妻は、生後7か月になる息子のジョーダンと愛犬のキリアンを連れてアメリカ・サウスカロライナ州のチャールストンに移り住みました。 新しい街で、親しい知り合いもいなかった夫婦は、日中、フィンの世話をしてくれるベビーシッターを雇うことにします。 Dog saves child from babysitter abuse2013. A dog helped save a child from being further abused by his babysitter…. Posted by For Animals.

Read more

漁獲量減少しているマグロ、食べ過ぎていませんか?

世界中でマグロの資源が減っているのに、なぜか日本では安価なトロが未だにあふれていることをおかしく思ったことはありませんか?無意識にマグロを口にしたくない6つの理由がこちらです。 1. 資源の枯渇 クロマグロが絶滅危惧種に指定されて早くも数年が経ちますが、ミナミマグロやメバチなども減少しています。脂ののったトロの多いマグロが少なくなっているようです。南太平洋のビンナガは資源状態としては今のところ高位を保っています。 2. 蓄養という育て方 マグロが減ったら養殖マグロを食べれば良いと思う人が多いですが、日本で「養殖」と表示されているマグロのほとんどは「蓄養(ちくよう)」という方法で供給されています。これは海で獲ったマグロを生簀(いけす)で太らせる方法で、小型の未成魚の漁獲の原因になっています。また養殖場から出される排水や廃棄物が、海の富栄養化や有害物質による環境汚染を起こす原因にもなっています。産卵から育成までする完璧な養殖は近畿大学では成功していますが、世界ではまだ普及していません。 3. 水銀汚染 クロマグロやミナミマグロは水銀量が多く、食べ過ぎは禁物です。厚生労働省では目安としてミナミマグロは1週間に刺身2人前(約160グラム)、クロマグロは1週間に刺身1人前(約80グラム)とのガイドラインを出しています。日本で多く出回っているツナ缶は特に注意は必要ではありませんが、海外で生産されたツナ缶には水銀量の多いタイセイヨウマグロを使ったものもあるので注意しましょう。 4. 混獲 延縄漁ではウミガメや海鳥が混獲の犠牲になります。ウミガメが飲み込みづらいサークルフックの使用やトリポールという鳥の混獲を防ぐ装置がありますが、全ての漁船で使われているわけではありません。ちなみに南大洋のミナミマグロの漁場では使用が義務付けられています。 5. PCB汚染 2005年の北海道医療大の調査では、国内で市販されているマグロに規制値を上回るPCB(ポリ塩化ビフェニール)が含まれることが分かりました。PCBは脂の乗ったトロの部分に多く含まれています。一般的には1週間にトロなら2、3切れ程度の摂取なら特に問題は無いとのことです。 6. 偽装 マグロは海を広く回遊するため資源管理をするために国際条約機関によって様々な資源管理のルールが定められています。しかし過剰漁獲を偽る例や、漁獲量が規制されている海域で獲ったマグロを他の海域で獲ったものとして偽る企業は後を絶ちません。また偽装ではなくても、蓄養マグロの場合は漁獲した国と蓄養した国が違うこともあるので消費者にはトレーサビリティーが分かりづらいのも問題です。 ただ単に食するのではなく、少し意識を持ってマグロをいただくとこれからも長い間楽しめるようになります。マグロを注文するときやスーパーなどで手にするときはそのマグロがどこから来たのか、どのような方法で漁獲されたのか確かめてみましょう。 

Read more

だまし絵?トリックアートのように変身する不思議で不気味なタトゥー。

日本では何かと物議を醸すことの多いタトゥー。肌にインクを彫り込むため、一度入れたタトゥーは生涯消えることがありません。 だからこそ、タトゥーを入れる場合、リスクを承知した上で一生付き合っていく覚悟があるのか、十分に考慮を重ね決断することが大切なのです。もちろん、どんなタトゥーにするのかデザイン選びも重要なポイント。この先何十年もの付き合いになるからこそ、飽きのこない、こだわりのデザインにしたい…そんな愛好家心をくすぐるユニークなタトゥーを手がける職人を紹介します。 フランス南西部の都市、トゥールーズ在住のタトゥー職人ヴェク・ファン・ハイリクはその他に類を見ない作風で群を抜いています。顧客の腕や脚の関節付近に描かれたデザインは一見、描写力の高い緻密な生物画のようですが…腕や脚を曲げると、タトゥーに変化が! だまし絵のような錯覚効果を起こすタトゥー作品12例をご覧ください。タトゥーの持ち主が体を動かすたびに変化するデザインに思わず息を飲んでしまいます。 ※ 再生ボタンを押してご覧ください 1. 彼女が立ち上がると、様変わり View this post on Instagram Freehand | The Thing / OctopusEye | Thanks a lot Lou 🙏🏻

Read more

ハズキルーペ会長「商品を宣伝しないCMいい加減にしろ!もういい俺がつくる!」→大ヒット

拡大鏡「ハズキルーペ」のCMを見たことがあるだろうか?ハズキルーペ会長が語るCM制作の裏話が面白いので紹介したい。 会長が監督、脚本、ディレクター全てを手がけた。 ここで登場する会長とはプリヴェ企業再生グループの松村謙三会長のこと。ハズキルーペを販売するHazuki Companyはプリヴェ企業再生グループがタカラトミーから買収した会社なのだ。 昔に比べると最近は何の商品の宣伝なのか分からないCMが増えた。イメージを売るというのも一種のブランドマーケティングなのだろうが、本当に売上増に繋がるのかは甚だ疑問だ。 日本ではソフトバンクが意味不明なCMを始めた急先鋒だったように思える。他社と特に違いはないから好印象なイメージを売り込んで選ばせる作戦だったということだろうか…。 会長が作り上げたCMは商品の良さを盛大にアピールするものになっている。 重要ポイントをまとめると次のようになる。 ・男性は主に書類を見るときなど仕事で使うことを想定 ・女性もターゲットに入れており、ネイルを塗るときに使わせたい ・日本製で丈夫にできている ・菊川玲の「ハズキルーペ、だーいすき」という印象的なセリフ ハズキルーペは1本11,000円ほどで、広告宣伝費は100億円以上もかけられている。言ってみればウェアラブル型の虫めがねであり、技術的には特に珍しくもない商品なわけだが、CMで人気に火がつき大ヒットしているのだという。 第二弾CMでは武井咲、小泉孝太郎、舘ひろしを豪華に使い、同じく商品の良さをPRする内容となっている。 広告代理店でCMを制作するクリエイターは自身の作品をつくって自己満足に浸る傾向が強いのではないだろうか? イメージ先行型のCMも一つの選択肢としてありだとは思う。しかし今一度ハズキルーペの成功に習い、商品をPRするという原点の目的を考え直したい。 

Read more

18時間の結婚 死の床で愛を誓った夫婦 18時間の結婚 死の床で愛を誓った夫婦 18時間の結婚 死の床で愛を誓った夫婦 1年半の交際期間を経て、2016年12月23日、デイブはついにプロポーズを決心。馬車に乗ってレストランへ行って素敵なディナーを食べて…デイブは、ロマンチックなプロポーズのシナリオを完璧に準備していました。 しかし、その日帰宅したヘザーの顔には笑顔はありませんでした。乳ガンの告知を受けたのです。 #カップル #結婚 #ドレス #花嫁 #病 #ウェディング

アメリカ・コネチカット州に暮らす、ヘザー・リンゼイとデイブ・モシャーは、2015年にダンス教室で知り合いました。 お互いに一目惚れで、すぐに2人は恋人同士になります。 1年半の交際期間を経て、2016年12月23日、デイブはついにプロポーズを決心。馬車に乗ってレストランへ行って素敵なディナーを食べて…デイブは、ロマンチックなプロポーズのシナリオを完璧に準備していました。 しかし、その日帰宅したヘザーの顔には笑顔はありませんでした。乳ガンの告知を受けたのです。 この知らせを受けたデイブは、それでもプロポーズの予定を変えることはありませんでした。 その晩、ヘザーとデイブは馬車に乗り、蹄の音を聞きながら市内を巡りました。柔らかな街灯の光が馬車に差し込む中、デイブはヘザーに大切な質問を投げかけます。感情が溢れ出し涙が止まらないヘザーでしたが、プロポーズを受け、2人は婚約しました。 「その晩に僕がプロポーズしようとしているなんてヘザーは知らなかったんです。告知のことは聞きましたが、予定通りプロポーズしました。僕はそれでも一緒にいたいということを知って欲しかったからです」 婚約してからの数日間、2人は幸福と愛で満たされていました。愛し合う2人は世界の中心にいて、2人なら何も怖いものはないと固く信じていました。そして早くも結婚式の日取りを決めることに。2017年12月30日、2人は祭壇の前で誓うことに決めたのです。 しかし、その5日後、ヘザーの検査結果が出ると、幸せの絶頂にいた2人は一気に現実に引き戻されました。ヘザーは最も進行の早いタイプの乳ガンを患っていたのです。 その日から、ヘザーの生活は病気との闘い一色になりました。毎週専門治療を受けに病院に通い、できることは全て挑戦していきました。代替医療も良いと言われるものはなんでもやってみました。そのうちの一つがヘザーのガンの進行を遅らせることができるかもしれないと希望を抱いていました。 しかし2017年9月、2人は今まで挑戦してきた治療法はどれも効果がなかったという事実に目を向けざるを得ませんでした。ガンは体中に転移していたのです。 この頃からヘザーの容体は目に見えて悪化していきます。10月の終わりには、病院で様々な医療機器を体に接続してほぼ寝たきりで過ごすほどになっていました。 31歳のヘザーは、それでも病と闘い続けました。 「ものすごく強い人だ。多くの人はずっと早くに諦めてしまうと思う。医師も、なぜヘザーがこんなに長く生きていられるのかわからないと言うほどだったんだ」デイブは言います。 しかしヘザーに残された時間がわずかであることは誰の目にも明らかでした。ついに担当医から、結婚式の予定日を前倒しするように勧められます。 2017年12月30日までヘザーは生きられないだろうとの宣告に、2人はためらいながらも結婚式の予定を12月22日に変えることに。 どんなことになっても結婚したい、2人の意思は揺らぎませんでした。 そしてクリスマスの直前、病院内のチャペルで家族や友人に囲まれてデイブとヘザーはついに結婚しました。 家族はこの日をできるだけ美しい日にしようと、手を尽くしました。純白のドレスに身を包み、ウィッグをかぶり、プロの手で健康を取り戻したかのようにメイクされたヘザーは、美しい花嫁のイメージそのもの。 美しい花嫁の姿となったヘザーは、全身の力を集結させ、祭壇の前で夫婦の宣誓をし、夫に愛の言葉を告げました。   そしてゴールしたマラソンランナーのように、両手を高く上げたのです。 その18時間後、2017年12月23日、人生を精一杯走りきったヘザーは、静かにこの世を去りました。奇しくもその日はデイブがプロポーズした日から、ちょうど一年という日でした。 友人、家族、そしてようやく夫となったデイブを残して逝かねばならなかったヘザー。大きな失意の中にいるデイブですが、ヘザーは絶対に生きることを諦めてはいけないと教えてくれたと言います。 「これほど生きられるとは誰も思っていなかった。でもヘザーはやってみせた。最後の最後まで闘い抜いた。だから僕も最後まで闘い抜く」

Read more

【凡ミス】16年も逃走に成功していた男がシートベルト不着用でお縄となる

16年の逃亡生活が凡ミスで終了 大阪府富田林から48日間にわたって逃走していた樋田淳也容疑者が逮捕されたことは記憶に新しい。 これには多くの日本人が衝撃を受けただろうが、海の向こうでは、更に長い16年の逃亡のすえ捕まった男が現れた。 逃亡16年通緝犯栽了 僅因沒繫安全帶被逮 躲了16年終究躲不過,還不如早點服刑就不用躲16年¯_(ツ)_/¯完整新聞報導:【逃亡16年通緝犯栽了 僅因沒繫安全帶被逮】http://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/2566043 Posted by 自由時報 on Saturday, September 29, 2018 台湾のローカル誌・自由時報によると、9月28日朝8時ごろ、高雄市内で16年間逃走していたという42歳の男が警察に逮捕された。 この男は2002年に銃刀法違反で逮捕され、懲役7年2か月の実刑判決を受けている。しかしそれが嫌だったことから逃げだし、この16年間は怯える日々を送っていた。 しかし先日、知り合いと小型トラックに乗って市内を走行中、シートベルトをしていなかったとして警察にとめられた。 身分証を求められたため、男は弟の身分証ナンバーを口にするも、警察は別人であると判断。ここから怪しいと思った警察が更に調べると、16年前に銃刀法違反で指名手配されていた男と同一人物であることが判明したのだ。 その後の調べで、アルバイトで生計を立て同僚の車で通勤したり、アパートの下のコンビニで食事を買うなどして、外部との接触を極限でさけた生活をしていたと供述している。 しかも、時効までわずか2年だった。男はこれを受け、「こんなに長い間逃げてきたのに、逃げきれなかった・・・」と落ち込んでいる様子を見せていたという。 彼の過ごした16年は、刑務所で7年過ごすよりはるかに過酷だったに違いない。大人しく塀の中で罪を償ってほしいものである。 

Read more

東日本大震災以降、陸上自衛隊の「赤飯」が廃止された。その隠された理由に怒りがこみ上げてくる。

災害支援を目的に被災地に派遣された自衛隊員の食事風景は、あまり見かけたことがないという人のほうが多いはず。 でも、それはいったいどうしてなのでしょうか? その理由を広島在住のTwitterユーザーのあっきー(@wB1HqwmdlNOHH3x)さんがTwitter上に投稿し、話題を呼んでいます。それではまず、あっきーさんのツイートをご覧ください。 自衛隊員の食事姿を見ない。以前の災害時、赤飯缶を現場で食べてたら… 「赤飯とは何事だ、お祝いか?」と怒られて以来、災害時には食事は隠れて食べる様になったのです・赤飯は栄養価が高いからです それでも隊員は「我々が働く時、そこには不幸がある。だから決して驕ってはならぬ。」と… pic.twitter.com/J0QsE06tyE — あっきー (@wB1HqwmdlNOHH3x) September 11, 2018 なんと災害支援の際、自衛隊員が食事をしている姿を見ない理由は、災害時に食事中の隊員たちが赤飯の缶詰を食べていたところ「不謹慎だ」との指摘を受け、それからというもの隠れて食べるようになったからだというのです。 赤飯はもち米100%で豆や塩を含んでいるため栄養価が高く、腹持ちが良いと隊員たちに評判のメニューです。しかし、缶詰に入った冷たい赤飯を食べているだけで、自衛隊員たちは批判の声に晒されます。 元陸自です。 私も災害派遣の時トラックの幌の中で食ってました。 先輩に何でですか?と聞いたら被災者は食えない人も居るからそれに対する配慮だよって言われました。 — ジュリアーニ3世 艦これ初秋イベ甲甲甲甲甲 (@Messiah3rd) September 14, 2018 そんな赤飯の缶詰は、2011年の東日本大震災を機に完全に廃止されたのをご存知ですか?その理由がなんと不謹慎論に対する配慮だというから驚きです。 たしかに赤飯というと日本人なら「祝い事の際に食べるめでたいもの」というイメージを持たれている方が多いはずです。しかし、栄養価が高いという理由から隊員に配給されていた赤飯を廃止する必要があったのでしょうか。 戦闘糧食「缶メシ」強度、寸法、印字法…厳しい条件で製造2014.10.21連載:ニッポンの防衛産業

Read more

【最新技術】3Dプリンターで犬の頭蓋骨の手術が行われた結果、、

技術の進歩はめざましい。最新の機器を使えばそんなことも!?ということまでできてしまう。 先日、行われたイヌの手術でも最新の機器が活躍したようだ。 3Dプリンターで頭蓋骨を作成 アメリカ・ペンシルベニア州のある家族に飼われているパッチスというダックスフンドは、数年前から頭頂部にこぶができていた。それでも元気に走り回ったり孫と遊んだりしていたので、始めは飼い主もあまり気にしていなかったそうだ。 しかし、そのこぶは大きくなり続け、さすがに飼い主家族も心配になってきた。そこで動物病院を訪れ診察を受けたところ…頭蓋骨の上に腫瘍ができていることがわかった。その腫瘍は脳や眼を圧迫しており、取り除くための手術が必要だと判断された。 「まるでオレンジのようなサイズだった」と話すのは手術に携わったオブラク医師だ。 その手術では頭蓋骨ごと腫瘍を切除する必要があったため、その代わりとなるものが必要だ。しかし万が一、それが脳を傷つけるようなことがあれば、後遺症が残る可能性もある。そこで医師たちは、3Dプリンターでパッチスの頭の形に即したものを作成し、それを使用することにした。 手術の結果は… 実際の手術で使われたプレートが紹介されている。 今年の3月、素材にはチタンを使い、3Dプリンターでプレートを出力し、手術が行われた。そしてその結果は…見事成功!現在はこぶもなくなり、元気に暮らしているそうだ。 医師はこの3Dプリンターを用いた方法が、将来的には人間の治療でも同様の方法が使用されるかもしれないと期待を寄せている。 技術の進歩がパッチスの命を救うことになった今回の事例。これまでは助けられなった命も救うことができるようになってほしい。

Read more

【悲報】4月に設置したばかりの40トンの菩薩像、台風で顔面から落ちる

強風に耐えきれず足元から 9月29日から10月1日にかけ、台風24号(チャーミー)が日本を襲った。鉄道各社では運転取りやめや大幅なダイヤの乱れが生じているほか、暴風雨によって複数の死傷者が出ている。 そんな中、沖縄県にある公園に設置されていたオブジェが・・・雨風によって変わり果てた姿で発見されてしまった! か・・・顔から地面に・・・。高いクオリティで作られていた像が、完全にひしゃげてしまっているではないか。 このオブジェは、沖縄市にある東南動植物楽園に設置されている「琉球金宮観音菩薩」。金箔を施された観音像としては世界一の大きさだったという。 高さ約25メートル、重さ約40トンもの菩薩像だったが、暴風によってなんと根元から折れてしまい、正面から地面に倒れてしまったのである。 菩薩像は福岡県飯塚市から寄贈されたもので、4月にお披露目となったばかりだった。それがわずか半年で倒れてしまったのはとても悲しい。 土台と像の部分は4つのワイヤーで補強されていたというが、台風が去った30日朝に職員が見に来ると、根元からボッキリと折れてしまったのである。 最終的に算出された被害総額は、なんと1億円あまり。この公園の園長は、琉球新報の取材に対し「残念な気持ちでいっぱいだ。期待していた人に申し訳ない。何とか復旧に向けて取り組みたい。」と話していたという。 この台風24号が過ぎ去ったばかりだというのに、既に新たな台風25号が接近しつつある。40トンものオブジェが倒れるレベルの災害であると頭の隅に置いていただき、安全対策をしっかりとってほしい。 

Read more