【普通に顔だし】スペインの指名手配犯がうっかり出演しちゃった音楽PVが公開され警察に有利な情報を渡してしまう!

ノリノリ指名手配犯 駅前や警察に「この顔を見たら110番!」といった写真が貼られているだけあり、指名手配犯が目立とうものなら速攻で捕まるのがオチ。 しかし、今回スペインで捕まった指名手配犯は、何を考えたのか、大勢の目につくミュージックビデオに堂々と出演してしまったのである! その動画がコチラだ。明らかに不利な情報になるというのに、とっても楽しそうな表情で写っているところにジワジワ笑いがこみあげてくる。 今回問題となっているのは、フランシスコ・”イスコ”・テジョン。スペインでは、兄アントニオと共にテジョン兄弟という名で知られている。 この男はスペインの麻薬の70%を牛耳る”ロス・カスタニータス”という麻薬密売グループのボスである。2016年にモロッコで拘置されていたが脱走し、およそ2年にわたって警察から逃げ続けていたという。 なおテジョンの兄のアントニオは、今年6月に母親の家で滞在しているところを逮捕。現在拘置され、裁判を待っている状況だが、テジョン容疑者は逮捕に関して恐れを抱いていないことがわかる。 そんな中今年9月、逮捕前に撮影されたとみられるキューバ出身歌手のミュージックビデオ内で、高級リムジンや水着の美女と遊びまくる姿を見せてしまったのだ。これには「今も活発に麻薬カルテルは動いている」というメッセージがあり、他のライバルのギャングを牽制しようという意図がうかがえる。 この動画が公開されるとスペイン国内で話題となり、警察当局も仰天。地元紙”El Mundo”の取材に対し、「間違いない、これはアイツだ!こいつはもう何も気にしていないと見せつけるために動画を公開した可能性がある。もはや自分の姿を公にしても、心配する必要はないと考えたのだろう。」と答えていた。 すでに動画は削除されたというが、テジョン容疑者の名前はネット上に広がり続けている。警察は麻薬グループの残党摘発に向け動画の解析を急ぎ、映像が、いつどこで撮影されたかについて突き止めようとしている。 同グループはヨーロッパ全土で38億円(3000万ユーロ)規模の売り上げを出しており、今回の摘発がうまくいけばヨーロッパの麻薬グループの勢力図は大きく変わるだろうと言われている。

Read more

過去に自殺をしかけた人のツイートに多くの人が涙・・「あれ以来、死にたいと思った事はない!」

人生山あり谷あり。 いいことばかりではありませんよね・・ 時には塞ぎ込んで、長い暗いトンネルからなかなか出られないことだってあります。 でもそんな時、死を選択することだけはやめて欲しいのです。 過去に自殺をしかけた人のツイートが大きな話題になっています。 当時は自殺をしようと思っていたが、それを知ったお母さんのとった行動で自殺を踏み止まったんだとか・・ それ以来、死のうと思った事は一度もないそうです。 そんな素敵なエピソードに涙する人が続出しています・・ 高校の時に辛い事が続いてて、マンションから飛び降りる為に13階の手すりの部分まで足を置いてた事あった。ただ、それに気づいた母親が泣きながら財布から幼稚園の時に作って母の日に渡した「なんでも願い事を叶える券」出してきて。2人で抱き合って泣いたけどあれ以来死にたいと思ったことはない — かしわもち (@loveglasslip) October 12, 2018 Twitterでの反応は・・? 読んでガチ泣きしたしなんでありがとうな — ぱてり (@cannele_tto) October 12, 2018 感動…!☺️☺️☺️ —

Read more

【短気過ぎ】キュウリが原因でケンカになり男が包丁で顔と足を切りつける!?

くだらない理由のケンカかと思いきや・・・ ルームシェアは今や日本でも珍しいことではない。楽しい生活を送ることができるが、それゆえに苦労も多いようだ。 今年3月17日、英マンチェスター近郊のアパートで傷害事件が起こった。 被害にあったのはラブワ・ハニー氏という男性で、部屋をシェアしていたイマド・カリム容疑者(21)に包丁で切り付けられたのである。 2人の争いの原因となったのは、なんと冷蔵庫に入っていた一本のキュウリだったのである・・・。 This argument over groceries turned nasty. Posted by The Telegraph & Argus on Sunday, October 7, 2018 カリム容疑者は当時、ハニー氏が勝手に共同冷蔵庫のキュウリを食べようとしたことに腹を立て、包丁で口もとと足を切りつけたのだという。 ハニー氏の怒りはとどまることなくケンカは激化し、武器を奪い取りカリム容疑者の鼻をなぐって折るなどの傷を負わせたという。 その後カリム容疑者は部屋に閉じこもっていたものの警察に拘束され、6ヶ月にわたり拘置された。 この様にカリム容疑者に不利な状況に追い込まれていたが、10月4日に初公判が行われると状況は一変。

Read more

「たった14000円の婚約指輪だなんて・・」と店員に笑われた花嫁の返答に共感者続出!

テネシー州に住む22歳のアリエル・ディジリーがFacebookに投稿した文章が広く反響を呼んでいる。 アリエルはコミュニティサービスの事務所に勤め、恋人のクインは中古車ディーラーで働いている。生活に余裕はなく、倹約に倹約を重ねる毎日だ。2年間の交際を経て、2人は結婚を決意。「親友と結婚できるだけで幸せだから指輪は要らない」とアリエルは言ったが、夫は違った。クインはアリエルに指輪を贈るために、密かに貯金していたのだ。 ジュエリー店で2人が選んだのは、シルバーとキュービックジルコニアのリングだった。値段は130ドル(約13,700円)。心躍らせて会計を待っている間、店員のつぶやきが耳に入ってしまった。 「これを婚約指輪として買うなんて信じられる? みじめすぎるわ」 My husband doesn't have a lot, neither of us do. We scrape and scrape to pay bills and put food in

Read more

【そこか!】このホテルの広告が女性蔑視だと抗議が寄せられた理由わかりますか?

この広告が物議を醸した理由 オーストラリアのブリスベン空港近くにある30階建てのラグジャリーホテル「ソフィテル・ブリスベン」。 そんなホテルの広告が物議を醸しているという。 その広告は、お洒落な朝食を前に、白を貴重としたベッドでカップルがゆったりと、くつろいでいる素敵なものにみえるだろう。 しかし、豪ジャーナリストのエリザベス・レッドマンさんは自身のツイッターでこうつぶやいたのである。 Hi @SofitelBrisbane, your breakfast looks delicious! Hey and just wanted to let you know I’m a woman and I also

Read more

【レベル100のストロー笛】マクドナルドのジュースでクラブサウンドを演奏する男が凄すぎる!!

爆音で流してほしいレベル 音楽を演奏するときには、ギター、ドラム、バイオリン・・・といった楽器を使うのが当たり前。だが今回紹介する男が用いているのは、皆さんお馴染みのマクドナルドのジュースだけである!! 驚くべき点はそれだけではない。普通のストロー笛の「プェ~」という超絶ショボい音かと思いきや・・・店内にいる客みんなが大盛り上がりするクオリティで披露したのである。 ストローが奏でる熱きクラブサウンドがこちらだ! こちらの映像は、10月7日に米アイダホ州レックスバーグにあるマクドナルドで撮られたもの。このパフォーマンスは、一部ではストロー・ビートボックスと呼ばれているのだとか。 演奏している男性は、ミュージシャンのパーカー・ケインさん。3年前にも同じ店でストロー演奏を披露して一躍人気を誇ったことがあり、今回も記念に演奏したのだという。 ストローとは思えない音に、店内は静かになってほぼ全員が聞き入っている。ジュースのストローにしゃぶりついてるのに、こんなカッコイイ曲を演奏するなんて・・・なんとなくシュールだ。 かなり肺活量が必要なのかだんだん顔が真っ赤になっていくが・・・クオリティがたゆむことはない。最後には店内の客全員から拍手喝采となった。 これがインスタグラムに投稿されると2万7千回もの再生数を記録し「見た目ダサいのにかっこいい!」「なんかの曲とコラボしてくれ」「どうやって吹いてんだよ」といったコメントが多く書き込まれた。 ちなみに、ケインさんの特技はこれだけではなく、ギターと歌唱力も素晴らしいのだとか。ストロー一本で演奏するにしても、音楽センスがあってこそだと思い知らされる。 

Read more

【いざ出陣】ストレッチャーはもう古い!ベンツを自ら運転し手術室へ向かう小児病棟が話題に!

たとえ大人でも、手術前は不安と恐怖に押しつぶされそうになるだろう。 それが幼い子供だったらなおさらだ。 ベンツで手術室へ向かう子供たち 米カリフォルニア州「ドクターズ・メディカル・センター」にある小児病棟には多くの子供たちが入院しているが、そこで導入された画期的なサービスが話題となっているので紹介しよう。 それは、手術室へストレッチャーで運ばれるのではなく… Watch a pediatric patient drive into surgery in Modesto Children at this California hospital can ride into the operating room

Read more

【ぼったくり】中国のレストランで8人でコース料理を食べたら648万円も請求されたでござる

8人で648万円相当の食事 世界的にもぼったくりバーやぼったくり居酒屋は珍しいものではないが、中国のぼったくりレベルは尋常じゃない。 先日、中国・上海にあるレストランで外国人旅行者が食事をとったところ、648万円(40万元)相当の請求をされる事件が起きた。 合計8人で20種類のメニューだったというが、あまりの高さにSNSに怒りの投稿をしたところ、警察が介入する大騒動に発展したのである。 問題となったのは今年9月。当時ドバイから旅行にきていた男性が7人の友人を連れ、上海のレストラン”マギーズ・レストラン”にて食事をコース料理を楽しんだところ、648万円(40万元)にも及ぶ異常な価格を請求されたという。 これに驚いた男性は、中国版ツイッター”ウェイボー”に料理とレシートの写真を投稿。瞬く間に炎上し、店には批難する声が殺到した。 しかし店側はこの事実を否定し、「画像は明らかなフェイクです。我々がお出ししていない料理までレシートに載っています。」と主張。 投稿者によると、当時ドバイから来たVIP客として店に招待されていたという。その上、会計でレシートの法外な値段について支配人に聞くと「ドバイではなんてことない話でしょう?」と言われたとも明かしている。 この様にネット上で湧き上がる論争の中、地元メディアが店に対して取材を敢行。 スタッフは、料理にあるメニューでここまで値段を吊り上げることは不可能だと明かしていた。一方、支配人はというと「VIP専用の料金体系を用意しているほか、中国全土から集めた非常に貴重な素材を使用しているため、ここまで価格が上がるのは仕方ない」と話していたという。 確かに、27万円相当のクロコダイルのテールスープや、キグチと酒の煮こごりなどなど・・・レシートに書かれているのは非常に高級そうなメニューばかり。 しかし、目を見張るのはサービス料。なんとこれに62万円もの金額が加えられていたのだ。 これを受け、中国の警察当局は同店に調査に入る可能性があるという。 ・・・・・・・ この様に、ドバイの裕福な旅行者をターゲットにしたぼったくりが中国国内で増えているという。訪中外国人が増えている中で、中国当局はこうした悪質店の摘発に追われているようだ。 

Read more

【まじかよ】30年間ドアストッパーとして使っていた石が衝撃の価値を持っていることが判明!

普段使っているものが想像以上の価値 皆さんは普段使っているものをよく観察したことがあるだろうか?自分で買ったものならよく知っているが、貰い物や家族が買ってきたものなどの場合は、あまり気にしない人もいるだろう。 先日、アメリカ・ミシガン州のある男性が普段使っているドアストッパーが、衝撃的な価値を持っているということが判明した。 ただのドアストッパーが… その男性は、およそ30年前にある農場を買い取った。同時に、そこで使われていたドアストッパーも譲ってもらった。当時のオーナーいわく、農場に落下してきた隕石らしい。 しばらくして農場からは引っ越したものの、その隕石(と思われるもの)は誰にも渡さず、ドアストッパーとして使ってきた。 しかし今年の1月、同州で隕石の破片が売却されたというニュースを聞き、男性は自分のものがどれくらいの価値を持っているのか知りたくなり、大学の研究機関に調査を依頼した。 本物?偽物?真実は… にわかには信じがたい話である。某鑑定番組に応募しようものなら、書類審査で落とされそうなレベルである。 しかし、調査をした中央ミシガン大学のモナ・シルベスクさんは、「一目見て、すぐに特別なものだとわかりました」という。そしてその後、細かく調べた結果、男性のドアストッパーは本物の隕石だと結論づけられた。まじかよ… しかも、ただの隕石ではなく、これまでに同州で見つかった隕石の中でも6番目の大きさのもので、価値はおよそ1100万円だそうだ。 ▲こちらの動画で実際の隕石が紹介されている。 かなり大きなもので、何故かたくなにドアストッパーとして使っていたのかはよくわからないが、1100万円もの価値があるというのはうらやましいかぎりだ。書類落ちとかいってすみませんでした… 男性はこの隕石を売る意志はあり、その売却値段の10%は、調査に協力してくれた中央ミシガン大学に寄付するそうだ。 もしかしたら皆さんの家にも、気付いていないだけでお宝が眠っているかもしれない。それっぽいものがあれば、一度調査を依頼してみては?

Read more