接着剤のことを「セメダイン」って言いませんか?・・実はこれ大きな間違いなんです! 公式メーカーが明かす衝撃の事実とは?

みなさんこの商品のことを何と呼びますか? ほとんどの人が「セメダイン」って呼ぶのではないでしょうか? 実はこれ大きな間違いでして、公式メーカーがTwitterで衝撃の事実を明かして大きな話題になっています! 「セメダイン」という商品はございません(・ω・;;) ※セメダインは社名・ブランド名です#いいにくいことをいう日 — セメダイン【公式】 (@cemedinecoltd) November 29, 2018 えっ、「セメダイン」って商品名じゃなくて社名だったの・・ ではこの商品の名前は・・?   ちなみに、こちらの商品名は「C」です(`・ω・´) pic.twitter.com/iMUpbQ2XCc — セメダイン【公式】 (@cemedinecoltd) November 29, 2018 マ、マジですか! そんな商品名だったなんて・・ これにはTwitter上でも大きな話題になっていて、たくさんのコメントが寄せられています・・

Read more

【究極の逆ギレ】おならを注意された女性がナイフで脅す事件が発生!?

ここではだめだ… 人間の生理現象の1つで、どうしようもない「おなら」。エレベーターの中などの閉鎖空間では、我慢しなければ白い目で見られてしまう。まあ、そんな場所でなくとも、公共の場では我慢するという人は多いだろう。 しかし、アメリカのある女性はそんな常識をもろともしなかった。 おならをとがめられた女性がとった衝撃の行為とは… フロリダにあるダラーストア(日本の100均のようなお店)を訪れた女性、シャネッタ・イヴェット・ウィルソン容疑者。店内で並んでいた彼女だが、おならをしたくなってしまったらしい。 まあばれないだろう…そう思ったのか、彼女は大胆にもその場で放屁。しかも音まで聞こえるようなものだったらしい。 近くにいた1人の男性客が“それ”に気がつき、ウィルソン容疑者に注意。彼女も譲らず、口論に発展した。 公共の場でおならをしてしまった彼女にさすがに勝ち目はない…かと思われたが、なんとナイフを取り出して男性を脅し始めたのである!! 逆ギレしてナイフで脅す Officials: Florida woman passes gas, pulls knife on offended man: https://t.co/3m1cpujpqw pic.twitter.com/cpQUoWA9KA — ABC 7 News

Read more

【ほのぼの泥棒事件】ロシアの泥棒さん、空き巣に入ったオフィスでスヤスヤ・・・

そこで寝ちゃうの!? いくら泥棒だろうと、「バレないようにしなきゃ・・・!」と緊張感を持って盗みに入るはず。なぜなら、警察に捕まったら一巻の終わりだからだ。 しかし今回ロシアに現れた泥棒は、思わずつっこんでしまいたくなる程、緊張感が欠如していたのである。 Russian media recently reported the comical case of a burglar who last week broke into an office building in the city of…

Read more

安田純平の本が思ったよりも薄いと騒ぎに

11月24日に発売された書籍「シリア拘束 安田純平の40か月」が思ったよりもペラペラだと騒ぎになっている。 3年4ヶ月の拘束体験記。 あれだけ世間を騒がせたのだからきっと中身は物凄く濃いはず。記者会見では明かされなかった出来事も綴られているに違いない。 だが、いざ向きを変えると思ったよりもペラペラ。表紙の雰囲気だともっと分厚そうなのに。 これはもはや本として売るよりウェブ上で公開するレベル、いやむしろTwitterで連載するレベルの文章量なのではないか。事前のイメージでは「ジャーナリスト安田純平が運悪く捕まってしまい、絶体絶命の中でも犯人グループの情報を掴んでいった。それを書籍で明かす」ということかと思ったのだが、実際はそうではないのだろう。 ▼釈放時に大事な仕事道具を返してもらえなかったと怒る安田純平。 記者会見では、基本的には毎日をテレビを見て過ごしただけということであった。だから3年4ヶ月も経っているのに意外と書くことがないのだろう。 Amazonレビューは6件しか評価がなく、そもそもこの本に興味がある人が少ないのかという印象。 現時点では評価は大きく割れている。ジャーナリスト安田純平が命がけで執筆した書籍、中身も薄いということでなければいいのだが…。 あわせて読みたい→安田純平と共に救出された渡辺修孝、日本政府を逆恨みして500万円の損害賠償請求を起こしていた 

Read more

【すげぇ】12言語を喋る9歳児がアンコールワットで土産売りをしているだと!?少年の人生を変えた動画がコレだ!

アジア圏を旅すると、生計を立てるために子供たちが土産売りをしているのを目にする。 金銭的余裕がなく学校にも通えない彼らは、365日間毎日働き続けているのだ。 しかし、”ある動画”をきっかけに、学校を通う夢を叶えることができた少年がいるという。 土産売りの少年が喋る12種類の言語 11月上旬にカンボジアのアンコールワットを訪れたヴィーナスGwcさん。マレーシア出身の彼女は旅行ブロガーとして訪れた国々をSNSにアップしている。 そんな彼女が出会ったのは、土産売りをしていた男の子タクシン君(9)。 12種類の言語を喋ることができると言うタクシン君に興味を抱いたヴィーナスGwcさん、彼女が撮影した証拠動画がコチラである。 Posted by Venus Gwc on Friday, November 9, 2018 北京語や広東語、フランス語やタイ語を流暢に喋るタクシン君。動画途中には「これは笛、1個1ドル。お姉さん可愛いね~」などと日本語でしっかり営業をしているのも聞いて取れるだろう。 これらの言語に加えて、英語、スペイン語、マレー語、フィリピン語、ドイツ語など12言語を見事に披露したのだ。 Posted by Venus Gwc on Friday, November 9,

Read more

どさくさに紛れて指を狙う有田芳生、これはアウトだ

政治が荒れる中、立憲民主党の有田芳生議員が法務委員会でとんでもないことをしていたことが分かった。 指を全力で握っている。 与党議員が手を出して守ろうとしているところ、指を狙って全力で握る有田芳生議員。 どさくさに紛れて指を狙う有田芳生、これはアウトだ | netgeek https://t.co/g6GN0Udn6q pic.twitter.com/UuhuklcT6A — netgeek (@netgeek_0915) December 8, 2018 全体の立ち位置は以下の写真が分かりやすいだろう。小西洋之議員が腕を掴んでおり、有田芳生議員も参戦している。 このような状況において進行を阻止するためにマイクや原稿を取り上げるというのはよくあることだが、指を強く握るというのは前代未聞。明らかに不必要な行為だ。動画で確認すると2度に渡り、かなり強く握っていることが分かる。 全体の経緯は以下の映像が分かりやすい。 荒れた中で法務委員会が再開される↓立憲民主党(有田芳生)がマイクを強奪しようとする↓委員長が国民民主党(桜井充)に答弁をさせようとする↓野党「ギャーギャー」↓桜井充「せめて反対討論くらい言わせてほしい。それだけは許して下さい」野党「……」 立憲の酷さが際立つ#kokkai pic.twitter.com/12oSM4HZOU — DAPPI (@take_off_dress) December 7,

Read more

ヴィーガンがステーキハウスで「これは暴力」と叫び続け同じヴィーガンからも批判される事態に!

過激化するヴィーガンの活動 個人の信条として、菜食主義は尊重されるべきだろう。しかし、近頃海外では、他人に暴力的な手段で押しつけたがるヴィーガンが増加し問題になっている。 11月25日、イギリス・ブライトンにあるステーキハウスにヴィーガンの集団が入り、肉食反対の集会を起こすという事件が起こった。 こちらがその現場の映像である。 @brightonargus vegans invade West Street steak house #DxEBrighton #DxE #DirectActionEverywhere pic.twitter.com/dnou6y8qpD — Selppa (@SelppaSelppa) November 24, 2018 この抗議行動を起こしたのは、地元ブライトンのヴィーガングループ、「ダイレクト・アクション・エブリウェア」。 夕飯時、ステーキハウス”Touro”へやってきた彼らは、「彼らは食べ物じゃない、これは暴力」と繰り返し叫んだり、牛の悲鳴を聞かせるなどして、客たちに食事をやめさせようと訴えた。 撮影者もこのヴィーガン集会の参加者で、カメラの後ろで「酷いにおいだ。この死体を見て。彼らは私たちに肉食を抗議させているけど、私たちの目の前で動物の死体を食べている」と口にしている。 その後、20分後にようやく警察が到着して強制退去となり、抗議に耐え続けていた客たちは肩をなでおろしたという。

Read more

これでもうメガネは曇らない!・・マスクをつけると曇っていたメガネは一瞬でできるこの裏ワザで簡単に回避できる!

メガネをかけている人にとってこの時期困るのは、マスクをかけるとメガネが曇ること。 外気温の関係もありますが、メガネが曇らない簡単にできる裏ワザが話題になっています。 Twitterで見たんだと思うけどマスクの1番上内側に折るだけで本当にメガネが曇らない! pic.twitter.com/LXQ8KVV2wy — ことぶきつかさ (@t_kotobuki) February 5, 2018 Twitterでの反応は・・? なんですって!やってみます。ありがとう( ;∀;) — ☆Ahaha☆ (@ahahachan) February 6, 2018 いつも眼鏡がめっちゃ曇って困っておりました。明日早速やってみようと思います。朝が楽しみです。ありがとうございました。 — カカト (@22300326) February 5,

Read more

【おや?】セグウェイが勝手に走ってる・・・と思ったら、上には可愛い操縦者が!

セグウェイに乗っていたのは・・・ アメリカで開発され、世界各国で乗られているセグウェイ。それを、世界で初めて自在に乗りこなす動物が発見された。 「え?動物?んなわけないだろ~」と思ったあなた、こちらの映像をご覧になってほしい。 撮影されたのは、ロシア・モスクワ中心部にある大通り。11月28日、そこにひとりでに走り回るセグウェイがいるではないか。 ハンドル部分をよ~くみると、なんと小さなフクロウが! 近くにはオーナーがおり、「フェーリャ、おいで!おいで!」と声をかけられるとセグウェイごと近寄っていくではないか。ちゃんとリードも付けられているあたり、セグウェイ遊びには慣れっこなのだろう。 ハンドルの上にぽってりと乗っている姿が何とも言えない可愛さ。周りの人も、「変なの~!」といいながらも釘付けになっているようだ。 こんなにキュートで小さな体とはいえ、フクロウの高い知能を感じられる動画であった。  

Read more

【奇跡】下水溝に落としてしまった婚約指輪がツイッターの力によって戻ってくる

アメリカ合衆国ニューヨーク州にあるタイムズスクエアは、ド派手なネオンを掲げる店が立ち並ぶ世界屈指の繁華街である。ブロードウェイの中心地でもあるこの交差点は、数々の映画やドラマの舞台にもなっており、まさに「夢」「奇跡」「出会い」といったキーワードがピッタリのロマンあふれる場所である。 先日もこの場所で、ドラマチックな事件が起こったようだ。 12月1日、ニューヨーク市警察の公式ツイッターアカウントが、以下のような投稿を行い話題をよんだ。 WANTED for dropping his fiancée’s ring in @TimesSquareNYC! She said Yes – but he was so excited that he dropped the ring

Read more