【なんじゃこりゃあ…】アメリカで赤と緑に染まったバイカラーの湖が激撮される!!

世界には不思議な景色が数多く存在する。今回は、ちょっと変わった湖を紹介しよう。 アメリカ・ユタ州で撮影されたその湖は、一風変わった特徴を持っている。なんと、南と北で色が異なるというのだ。 色が違う湖 想像もつかない…という人は、是非こちらの動画をご覧いただきたい。 ちょっと色の濃さが違うとかそういうレベルじゃない。緑と赤という全く違う色に分かれている。 原因は微生物 貨物列車が走っている場所を境にして、色が変わっているこの湖は、グレートソルト湖という塩水湖だ。列車が走っているのは土を盛って人工的に作ったもの。色が変わっていても、れっきとした1つの湖である。 では、この色の違いの原因は一体何なのか?ユタ大学の研究所によると、生息している微生物の種類の違いがその原因だそうだ。 湖の北の部分では、赤色の微生物が生息しており、夏から秋にかけて繁殖する。逆に南の部分は、緑色の微生物が生息しており、こちらは春先に繁殖するそうだ。 先ほどの動画は、ドローン撮影家のジャスティン・マクファーランドさんが今年の9月に撮影したものなので、赤い部分がかなり鮮明に映っていたということだ。 なかなか珍しい湖で、多くの人がこの光景に驚いたとコメントを寄せている。 思わず目を奪われる湖だ。今度は、春に鮮やかな緑色に染まった様子を見てみたい。

Read more

【困惑】「ショートヘアの女性の首だよね?」と見間違う人が続出する写真がコレだ!

この写真が拡散された理由とは? 奇跡的な偶然が生み出す錯覚。 以前お届けした爆笑錯覚写真9連発やヒョッロヒョロ~の足などのように、ネット上で目を付けられたら一気に拡散されまくる傾向にある。 そんななか、また1枚の写真が話題をよんでいる。 View this post on Instagram Who thought this was her neck at first? 😳😩😂 @LilGothySpice #WSHH A post shared by WorldStar

Read more

【サメも困惑】水族館のサメ水槽に全裸男がドボン!真っ白なケツが激写され警察が捜索中!

とんでもねえ命知らずが水族館に登場! 水族館といえば、カップルのデートスポットであり子供達が楽しむ教育施設。カナダ・トロントにある水族館もそんな穏やかな空気に包まれていたようだが・・・いきなり水槽に全裸の男が飛び込んできて悲鳴が上がった。 しかも男の白い尻の横には、超危険生物であるサメが悠然と泳いでいた。館内は騒然とし、やがて警察が呼ばれる事態に。 警官が到着した時にはすでに男は現場から逃走しており、現在も捜索が続いているという。 Man swims naked with sharks at Ripley's Aquarium These videos — complete with a cheeky 'genius' comment — show the moment

Read more

あの煩わしさが解消! 天才的な発想の有能商品「カプセルコードリール」が大反響中!

スマホなどのケーブル、カバンの中や家の中でゴチャゴチャになっていませんか? 他のケーブルと絡まっていたり、もつれていたり・・ そんな中あの煩わしさが解消するという有能商品が今話題になっています。 その名も「カプセルコードリール」 タカラトミーが有能商品を世に送り出してくれました! タカラトミーよ、これを待ってたんだ。 pic.twitter.com/QnwdCJDWri — BBコリーは11/10DF@F-73 (@BitBlt_Korry) October 20, 2018 【カプセルコードリール】¥200充電器のコードが絡まなくなって助かる!試しに…ってことで1回だけ回したけど、これは全色欲しくなるな~( ゚д゚)#タカラトミー pic.twitter.com/IrQds1StZS — 菅野 周平 (@s_s_2_4) May 12, 2018 やっと手に入れた!!#カプセルコードリール pic.twitter.com/b34IOpeUWN

Read more

【衝撃犬映像】ワンさん、ソファで骨を食べていたところいきなり正気を失う

犬「ファッ・・・!?」 犬は時折エキセントリックな表情を見せることがある。今回紹介するワンちゃんはそんな風にいきなり茫然自失となり、その表情の面白さから大きく拡散されることとなったようだ。 それがこちらだ! Shocked Dog Can't Believe What He's Seeing When you're watching a movie with your parents and a sex scene comes on 😂😂

Read more

【あ、降り口ここや】高速のど真ん中で急停車し大事故を引き起こすも完全シカトする運転手!

高速道路を運転するのに緊張する人は多いかもしれない。 筆者も、乗り換えや降り口が近づいてくると細心の注意を払うようにしているつもりだ。 高速道路のど真ん中で急停車 中国の高速道路で撮影されたこの運転手も、不慣れな道を走っていたのかもしれないが、あまりに非常識な行動が大惨事を引き起こしてしまった。 画面中央を走っている白い乗用車に注目していただきたい。 中途半端に車線を変更をしたかと思えば、なんと高速道路のど真ん中で急停車! 後続の赤い大型トラックは進路を遮られ、ハンドルをきったがスピードを緩める間もなく横転! さらに後方からタンクローリーが走行してくるが、白い車の運転手は突如「あ、降り口ここやったわ!」とばかりに高速道路を横断し、90度角度を変えて降り口へとゆっくり走っていくのだ。 完全シカトで高速を降りていく運転手 2台の車が横転したにもかかわらず、超マイペースな運転手はそんなことお構いなし。完全シカトして高速道路を降りて行ってしまうという常識を疑うような光景である。 幸いにもこの事故で負傷者は出なかった模様だが、中国警察は「高速道路の降り口付近には2km、1㎞、500m手前にそれぞれ標識があるのでそれを見落とさないように」と注意喚起を促している。 これだけの大事故を引き起こしながらも救助の手を差し伸べなかった運転手、交通ルール以前に学ぶべきことがあるのではないだろうか。

Read more

青山繁晴「新聞が軽減税率なのはおかしい!『社会の公器だから』って意味不明」

ついに消費税10%に向けて政治が動き出した件について青山繁晴議員が新聞業界だけが不当に甘い汁を吸おうとしていると指摘した。 根拠が不明瞭。 青山繁晴「新聞は社会の公器だから消費増税から除外というのは酷い話。新聞は明らかにビジネスで定期購読者に過剰サービスする体質。自分達だけ軽減税率対象にしろというのは商いを馬鹿にしてる。自分達は偉くて普通の商売は卑しいのか?」 新聞が軽減税率対象であることをTVも新聞は報じないのは卑怯 pic.twitter.com/NAmRMqZYXK — DAPPI (@take_off_dress) October 15, 2018 青山繁晴の主張まとめ。 ・新聞だけが例外になろうとしている ・社会の公器だからというが、新聞の実態は金儲けのビジネス ・例えば読売新聞は昔、お風呂を設置するという過剰サービスを行っていた ・新聞は購読者数(発行部数)を水増ししている ・新聞は「自分たちは偉いから軽減税率」 ・でも実態は庶民の商売と同じ ・ジャーナリズムとしておかしい 新聞が世の真実を伝えるものであるならば、自身が不公平に軽減税率の対象になっていることを記事にすべきだろう。しかし、どこも都合が悪い事として大きくは取り上げない。 新聞協会は軽減税率の対象になる理由として「ニュースや知識を得る上で読者の負担を減らすため」と説明するが、電子版は10%だったりと筋が通らない。 軽減税率について古市憲寿「軽減税率の対象に新聞を入れたのは明らかに政治的な匂いを感じる。さらに業界の売り込みが強まると思うし凄い不公平。何で新聞は8%で本は10%なのって話じゃないですか」東野幸治「そう!汚くないですか。おかしいですよ!」松本人志「おかしいね」#ワイドナショー pic.twitter.com/zLFlZmLFxe — ブルー

Read more

「俺、ガンなんだ…」と偽って結婚したり、親から金をせびって旅行したりして人生を謳歌していた男が逮捕!

死ぬ死ぬ詐欺の真骨頂 病気を騙り、人の同情を引こうとする行為は後をたたない。しかし今回の男は、その言い訳だけで結婚や旅行まで実現してしまったというから驚きである。 今回告発したのは、その男の妻。数年間の結婚生活を送ったというが、「大切な人生を盗まれた」と胸中を明かしている。 He told his wife he had leukaemia when they met and kept up the lie for nine years. Posted by BBC News

Read more

消費税が10%に引き上げ! 政府の皆さん、これが今国民が言いたいことです!

二度にわたって延期になっていた消費税引き上げが、2019年10月1日より引き上げられる。 政府の皆さん、これが私たち国民の意見です! よーく聞いておいて下さい! おいコラ財務省。 お前ら消費税簡単に上げるとかいってるけどよ ガリガリ君は10円でも上げたら全員頭下げてんだからこの姿勢見習えや!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! pic.twitter.com/n7Ay9ROgVX — スアレスbot (@May_I_bite) October 16, 2018 消費税が5%→8%になったときに、 105円(税込)↓105円(税抜。税込113円) ということをやった店が多かった。10%にしたら間違いなく、 105円(税抜。税込113円)↓113円(税抜。税込124円) なんてことをやる店が出てくる — みなか™🍁Mr. キンケーツ (@mrmbackdoor) October 16, 2018

Read more

ある母親が綴った、息子を怒鳴った女性へ宛てた素敵な手紙

カレン・アルパートは息子と公園にいました。カレンは泣いている息子の友だちをなだめていて、ジャングルジムで何が起こったかは見ていませんでした。 ジャングルジムに登ろうとしていた息子に、見知らぬ女性が強い口調で何やら話し始めました。カレンはこの女性に対して自身のブログ上で返答しています。そのメッセージはかなり驚くような内容でした: 今日私の息子をしつけた見知らぬ人へ まぁまぁまぁ、ちょっと確認していいかしら。今日あなたの娘さんがジャングルジムで遊ぼうとしていたって?はいはい、わかりました。なのに私の子どももジャングルジムで遊ぼうとしていた?そうでしょうね。でもあなたのお子さんはジャングルジム初心者で、途中で止まったり怖がったりしたものだから上まで登るのにものすごい時間がかかる。だから息子はお子さんを追い越すしかなかった。そして息子がぶつかって、娘さんは落っこちて泣き出してしまった?ふむふむ、そうですか。 続ける前に、これだけ言わせて欲しい。私がその場にいるべきだったってことはわかっています。でも残念ながら私は公園の向こう側にいて、泣いている息子の友だちと一緒にいたんです。だからはい、私はそこにいなかった。でも、だからってあなたが私の子どもをしつけていいの?あなたが冷たい口調で私の息子にいい加減にしなさいって言っていいの?あなたが私の子どもの保護者のように振る舞ってもいいって言うの? えーーーと、はい。そう、もちろんいいんです。 今日、直接伝える時間がなかったけれど、ありがとうございました。私が傍にいないとき、息子がバカみたいに振る舞っていたら「いい加減にしろ」って言ってもらっていいんです。これは、息子の体に触れていいということではなくて、むやみに怒鳴りつけていいということでもありません(これは私だけがやっていいことです)。でももし息子がジャングルジムの順番を守らなかったら、「そんな真似はやめなさい」っていつでも言ってやってください。もし滑り台の滑る側を登っているときも、ウッドチップを投げて遊んでいるときも、汚い言葉を使っているときも、他の子をいじめているときも、他の人が嫌な思いをするようなことをしているときもお願いします。 だってあなたは私の息子の親ではないけれど、彼よりも賢い大人だから。もちろん、知らない人が自分の子どもを叱ったからって頭にきているようなおバカな親がたくさんいるのも知っています。だけど私は違う。 「子どもは村全体で育てる」ということわざがありますが、現代の地域社会は昔にくらべて人数も範囲も拡大しています。隣人に密接した小屋で暮らしているわけでもないし、馬車に乗って皆で移動するわけでもなく、夜に焚き火に集まるわけでもない。近所に住む人全員と顔見知りというわけでもありません。でも協力して子どもを育てる地域社会をつくることはできます。私はそういう「村」に暮らしたいと思っています。 私がそこにいなくて見ていなくて、ごめんなさい。手伝ってくれてありがとう。 心を込めて 「あの」子どもの母より その女性が誰であれ、こんな手紙を受け取るとは予想していなかったと思います。この記事はすでに30万回以上シェアされ、常に成長し続ける私たちの「村」にメッセージを伝えています。素晴らしいことですね。

Read more