生き埋めにされたカップルが2800年後に発見…まさに永遠の愛だった…

生き埋めにされたカップルが2800年後に発見… まさに永遠の愛だった… キスをしたまま発見された2800歳の骸骨 1972年、イラク北部のテッペ・ハサンラで 2体の骸骨が研究者により発見されました。 それは紀元前800年ころに亡くなった男女のものでした。 2人はなんらかの戦火を逃れ、 間に合わせに作られた地下壕に逃げ込んだものと思われます。 地下壕が崩れ、2人は窒息死しました。 それから2,800年後、 2人は亡くなったときの形で発掘されました。 この画像を見ればこの2人が無くなる直前までどのよう状態にあったか 誰しもが想像できるでしょう。 引用:http://youmedia.fanpage.it/gallery/aa/57a77d9ae4b05c0b3e2962fc?photo=57a77da3e4b05c0b3e2970ed&noshow=true 最後の瞬間まで結ばれていた永遠の愛 2人の遺体は男性が女性を抱き寄せ、 女性は男性にキスをしているような格好でした。 この発見された二つの遺骸は 最後の瞬間まで結ばれていた「恋人たち」という名で知られています。 まさにそしてこれからもこの2人の「永遠の愛」は これ以後も語り継がれていくことでしょう・・・ イタリアでもあった永遠の抱擁 イタリア北部のマントバ近郊の遺跡で 5000─6000年前に埋葬されたとみられる抱き合った男女の遺骨が見つかりました。 引用:http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-24615420070207

Read more

【覚悟】飛行機の搭乗券に「SSSS」の記載があったらヤバい事が…

【出典:https://de.wikipedia.org/wiki/Datei:BoardingPass_SSSS.jpg】 「SSSS」とは(Secondary Security Screening Selection)の略。 搭乗券に書かれたこのサイン…一体なんなのでしょうか? 「SSSS」ってなに? 「SSSSシステムは搭乗者の危険性を事前に察知するプログラムで、乗客が空港に訪れる前に、乗客の名簿とウォッチリストを突き合わせることによって航空の安全性を高めます」 アメリカのTSA(運輸安全局)の管轄で2010年から始まったプログラム。 同時多発テロ事件のあったあとから厳しくなりましたからね・・・。 これは常にランダムに搭乗者を選び出し、抜き打ちチェックをするというものですね。 しかし、実際はそんな簡単なものではないようです。 何度も選ばれる人は要注意! よく選ばれる方はFBIのテロ対策のブラックリスト入りされている可能性が高いですね。 ↓ですから、身に覚えがない人は政府機関に連絡をすることを専門家は呼びかけています。 米国国土安全保障省に対して渡航者異議申立てプログラム(Traveler Redress Inquiry Program)の申請手続きを行うこと。テロリストと同姓同名などの理由で危険人物と識別されていた人は、誤解を解いた上でリドレス番号(Redress Number)をもらうと事態は改善されるそうだ。 exciteより引用 この検査時、TSAの職員が命令口調らしく毎回は嫌でしょうからね…。 たま〜になら、気にしなくても良い もしあなたが、たまにSSSSに選ばれる程度なら心配することはありませんよ。 注意人物でない人に対してもランダムに実施されているからです。

Read more