海外のホテルでチップの上に折鶴を置いて出かけた。戻ると部屋にとんでもない物が…!

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では『チップ』という風習があります。 飲食店やホテルなど、サービス業をされている人に、受けたサービスの分を、チップとして支払うというのがアメリカでは当たり前になっています。 しかし、このチップを払うことを違法として捉えている国もありますので、実際はその国に行く前にしっかりした下調べが必要となります。 そんなチップを払う必要のある国に仕事の出張で訪れた『半茶@dot5_tea』さんの投稿したTweetが大きな話題を集めています。 宿泊先のホテルに、いつものようにチップを置いておいたのですが、その日はチップの上に折り鶴を置いて出かけたそうです。 そして、その日の仕事を終え、ホテルに戻ってくると、とんでもない物が置かれていたのです。 その光景をTwitterで報告したところ、「こんなことありえるのか・・・!?」と驚愕するコメントが多数寄せられました。 チップの上に置かれた折り鶴を置いた結果、ホテルに戻ってくると予想もできないことが起きていたようです。 『半茶@dot5_tea』さんがホテルへと戻ってきたらこんなものが待ち受けていたようです。 泊まったホテルでチップの上に折り鶴を置いた。ホテルに戻るとタオルのウサギがお出迎えしてくれた。 pic.twitter.com/P4Q45qLUG5 — 半茶 (@dot5_tea) November 15, 2015 可愛い!! なんと、タオルで作られたウサギが『半茶@dot5_tea』さんをお出迎えをしてくれたようです! 折り鶴のお返しですね♪ そのお返しを快く思った『半茶@dot5_tea』さんは翌日はチップの上に、折り紙の手裏剣を置いて出発しました。 すると次はこんなものがありました。 もう一匹増えていました。 負けられないとチップの上に折り紙の手裏剣を置いて出発。ホテルに戻るとお出迎えに象が参加していた。 pic.twitter.com/ftkcsI9AjL

Read more

【覚悟】飛行機の搭乗券に「SSSS」の記載があったらヤバい事が…

【出典:https://de.wikipedia.org/wiki/Datei:BoardingPass_SSSS.jpg】 「SSSS」とは(Secondary Security Screening Selection)の略。 搭乗券に書かれたこのサイン…一体なんなのでしょうか? 「SSSS」ってなに? 「SSSSシステムは搭乗者の危険性を事前に察知するプログラムで、乗客が空港に訪れる前に、乗客の名簿とウォッチリストを突き合わせることによって航空の安全性を高めます」 アメリカのTSA(運輸安全局)の管轄で2010年から始まったプログラム。 同時多発テロ事件のあったあとから厳しくなりましたからね・・・。 これは常にランダムに搭乗者を選び出し、抜き打ちチェックをするというものですね。 しかし、実際はそんな簡単なものではないようです。 何度も選ばれる人は要注意! よく選ばれる方はFBIのテロ対策のブラックリスト入りされている可能性が高いですね。 ↓ですから、身に覚えがない人は政府機関に連絡をすることを専門家は呼びかけています。 米国国土安全保障省に対して渡航者異議申立てプログラム(Traveler Redress Inquiry Program)の申請手続きを行うこと。テロリストと同姓同名などの理由で危険人物と識別されていた人は、誤解を解いた上でリドレス番号(Redress Number)をもらうと事態は改善されるそうだ。 exciteより引用 この検査時、TSAの職員が命令口調らしく毎回は嫌でしょうからね…。 たま〜になら、気にしなくても良い もしあなたが、たまにSSSSに選ばれる程度なら心配することはありませんよ。 注意人物でない人に対してもランダムに実施されているからです。

Read more