道路に描かれているひし形の意味…実はドライバーの70%の人が知らないという事実が発覚…

道路に描かれているひし形の意味… 実はドライバーの70%の人が知らないが発覚… 運転免許を持っている人もそうでない人も 道路に描かれている「ひし形」をよく見かける事があると思います。 運転免許を持っている人は教習所でしっかり習うはずなのですが、 意外と年月が経つと忘れてしまうものです。 実際に運転免許を持っている人の70%が このひし形の意味を忘れてしまったという統計もあるようです。 運転免許更新の講習を受けてきたのだが、世の中の70%のドライバーはひし形の道路標示の意味をわからずに走っているのだという。恐ろしい話だ。 pic.twitter.com/gzpdEsbzTg — DeepDrive (@DeepDrove) December 2, 2015 引用:https://twitter.com/DeepDrove/status/672006644864172033 今回はそんな道路に描かれているひし形の意味を紹介します。 道路に描かれているひし形の意味 「ひし形」の道路標示の先には横断歩道、 または自転車横断帯があるということを示しています。 「横断歩道手前で停止できる様に『ひし形』の道路標示を見たら速度を落として進みなさい」 という意味です。 この道路標示は信号機があるなしや見通しが良い悪いなどは関係なくあります。 認知度を上げるには

Read more

少女をかばって片足を失った。10年後、少女が結婚すると聞き…

交通事故で少女をかばって片足を失った。 少女の親は『死ぬまで年50万の補償をし続けます』 10年後、その少女が結婚すると聞き・・・ 10年前の交通事故 人間、被害者であっても相手を思いやることが出来れば美談になります。 その方は25歳の時、片足を失いました。もう、10年ほど前の話になります。 師走の夕暮れ時の出来事だった・・・ 50ccバイクで走行中、歩道から飛び出した少女を避けて転倒し、 後続の自動車に、下肢を踏まれてしまったのです。 少女をかばい、片足を失った男性 この方の職種は肉体労働では無かったので職を失うことは無かったそうです。 頭脳労働&室内業務だったので職は残ったが、 唯一の趣味であったサッカーができなくなったのは少し悲しかった。 殆どの人はネガティブなことを考えてしまいがちですが、 この方はポジティブでした。 「少女が助かってよかった」 「今後、生活が少し、不便になる程度」 と、思い直したようです。 その示談の中身については「年に50万円を受け取る」という形だったそうです。 決して、無茶な額では無いと思われます。 世間の相場からすれば、少ないぐらいでは無いでしょうか? 片足を失ったにもかかわらず、 「たかが足1本と思っていた」 「加害者の家庭には、懇意にお付き合いして貰って嬉しい」 とまで、善意的な解釈をしている男性でした。

Read more

【覚悟】飛行機の搭乗券に「SSSS」の記載があったらヤバい事が…

【出典:https://de.wikipedia.org/wiki/Datei:BoardingPass_SSSS.jpg】 「SSSS」とは(Secondary Security Screening Selection)の略。 搭乗券に書かれたこのサイン…一体なんなのでしょうか? 「SSSS」ってなに? 「SSSSシステムは搭乗者の危険性を事前に察知するプログラムで、乗客が空港に訪れる前に、乗客の名簿とウォッチリストを突き合わせることによって航空の安全性を高めます」 アメリカのTSA(運輸安全局)の管轄で2010年から始まったプログラム。 同時多発テロ事件のあったあとから厳しくなりましたからね・・・。 これは常にランダムに搭乗者を選び出し、抜き打ちチェックをするというものですね。 しかし、実際はそんな簡単なものではないようです。 何度も選ばれる人は要注意! よく選ばれる方はFBIのテロ対策のブラックリスト入りされている可能性が高いですね。 ↓ですから、身に覚えがない人は政府機関に連絡をすることを専門家は呼びかけています。 米国国土安全保障省に対して渡航者異議申立てプログラム(Traveler Redress Inquiry Program)の申請手続きを行うこと。テロリストと同姓同名などの理由で危険人物と識別されていた人は、誤解を解いた上でリドレス番号(Redress Number)をもらうと事態は改善されるそうだ。 exciteより引用 この検査時、TSAの職員が命令口調らしく毎回は嫌でしょうからね…。 たま〜になら、気にしなくても良い もしあなたが、たまにSSSSに選ばれる程度なら心配することはありませんよ。 注意人物でない人に対してもランダムに実施されているからです。

Read more