いじめを苦に自殺を考えた少年を救ったのは、ある男子生徒の小さな行動だった

とある匿名の投稿がインターネット上を駆け巡り、世界中の人々の注目を集めました。それは、一人の少年が「命を救われた」ことについて語った投稿でした。 これは、カイルという少年とその「救出者」の話です。 僕が高校に入ったばかりの頃、あるとき同じクラスの男子が学校から家に帰ろうと歩いているところを目撃した。見ると、彼はどうも教材を全部抱えて歩いていた。 僕は思った。 「今日は金曜なのに、なんだってあいつは教科書を全部持って帰ってるんだ?ま、ガリ勉だな」 そのとき僕は、週末の予定のことで頭がいっぱいだった。土曜日にはパーティーやら友だちとのアメフトの試合やらでスケジュールがギッシリで、だから僕は不思議に思いながらもその場をそのまま通り過ぎた。 次の瞬間、大勢の生徒たちが彼に向って走っていくのを見た。一人はわざと彼にぶつかって持っていた本に地面に落とさせ、足をかけて転ばせた。おかげで彼は泥だらけになっていた。メガネは吹っ飛ばされ、数メートル離れたところに落ちた。そして彼が顔を上げたとき、彼の目に深い悲しみが浮かんでいるのを僕は見た。僕は彼のもとに駆け寄って、立ち上がるのを助けてあげた。メガネも拾ってあげた。 彼が立ち上がったのを見て、僕は言った。 「あいつら、なんなんだよ。ふざけたやつらだよな」 彼は僕を見て言った。「ありがとう」 そのとき彼は、微笑みを浮かべていたんだ。本当に感謝している感じの笑顔だった。話してみると彼は僕の家の近所に住んでるってことが分かった。僕らは一緒に歩き出した。そして彼はなかなか面白いやつだということに、僕はすぐ気がついた。 名前は、カイル。僕は、週末のアメフトにカイルを誘ってみた。 その週末、僕らはずっと一緒に遊んだ。僕の友だちも彼のことを気に入ったみたいだった。 次の月曜、僕はカイルがまた大量の教科書を持って登校してるのを見たんだ。だから僕は立ち止まって、からかってみた。 「お前変なやつだな、そんな重たい本を毎日持って歩いてたら、マッチョになっちゃうんじゃない?」 カイルはただ黙って笑い、本を半分僕に持たせてきた。それから4年間、僕とカイルは親友だった。高校最後の年には、大学の進路をどうするか一緒に悩んだ。カイルはジョージタウン大学に行くことを決めてたし、僕はスポーツでデューク大学に行くつもりだった。もちろん、違う大学に行くことになっても僕らの友情は変わらない。僕らは二人ともそう思っていた。カイルは医者になるという夢があったし、僕はアメフトで奨学金をもらってMBAを取ろうと考えていた。カイルは、僕らのクラスで断トツトップの成績だった。 僕はいつも彼のことをガリ勉だと言ってかからかってた。カイルはその頃、卒業生代表として卒業式でスピーチする内容をずっと考えてた。壇上に上がってスピーチするのが自分じゃなくて本当に良かったと僕は思ってた。 あるとき、ふとした拍子に彼をみて、なんだかこいつカッコいいなと思っている自分がいた。いつの間にか体格が良くなってたし、メガネもなんだか本当に似合っていた。実際そのころは僕よりも多くデートに誘われていたから、嫉妬することすらあった。 でもやっぱりスピーチすることに緊張しているカイルを見て、僕は軽く肩をたたいてこう言ったんだ。 「よお親友、絶対うまくいくって!」 彼は感謝を込めた笑いを見せて、「ありがとう」って言ってくれた。 やがて卒業式の日が来た。彼は軽く咳払いしてから、スピーチを始めた。 「卒業を迎えた今、僕は、辛いときも支えてくれた人たちへの感謝の気持ちで一杯です。自分の両親、先生、兄弟、部活の監督…そして何より、友人に対してです。僕は今日ここで、友達は最も素晴らしい贈り物だということを皆さんに伝えたいと思います。1つ話をさせてください。」 そして彼は、僕らが初めて会った日のことを話し始めたんだ。僕はそれを聞いて、ショックを受けた。 彼は、あの週末に自殺しようと考えていたことを語った。後で親の手間をかけないようにと、学校のロッカーの中身を殻にして荷物を家に持ち帰るつもりだった、と。そのときカイルはこちらを見て、少し微笑んだ。

Read more

南アフリカの学生が「とんでもないもの」を混ぜてレンガを作る

環境に優しい 南アフリカ共和国・ケープタウン大学の学生が、「人の尿」と「微生物」を使ってレンガを作成することに成功した。 Human urine bricks invented by South African students https://t.co/xCk3fjCGzI pic.twitter.com/lBYuPwryOS — BBC News Africa (@BBCAfrica) October 25, 2018 一般的なレンガは、原料の砂を型に入れ、窯で焼き固めて作られる。窯焼きの温度はおよそ1400度。これにより大量の二酸化炭素が発生することが問題となっている。 今回ケープタウン大学の学生が作り出した「おしっこレンガ」は、窯で焼く必要のない「室温で固まる」もの。原料の砂に人の尿と微生物を混ぜておくだけで完成するらしい。 仕組みは以下のとおり。 尿に含まれる「尿素」を微生物が分解する→「炭酸カルシウム」が生成される→炭酸カルシウムが砂を固める 学生の指導教員はこのアイデアについて、「海の中で『サンゴ』が形成される仕組みと本質的には同じこと」と語っている。

Read more

【ヒーロー】偶然通りかかった配達員の男性が溺れた少女を救う!

川に転落した少女を救う 中国・紹興市(しょうこうし)の町に流れる小さな川。ある日、2人の少女がその川でモップを洗っていた。掃除を手伝っていたのだろう。 しかし、足を踏み外してバランスを崩した1人の少女が川へ転落してしまった!! そこに通りかかった配達員の男性。彼はためらうことなく、その少女の救出に向かった。 その様子がこちら。 服が濡れることもいとわず、配達が遅れるかもしれないということもいとわず、男性は川に飛び込んだ。服を着たままだったが、少女を抱きかかえて、無事に陸地へ戻った。 その後、川の中にある少女の靴もしっかり回収していた。やだ…かっこいい… 他人のためにとっさに行動することは簡単なことではない。この名もなきヒーローには賞賛の声が相次いでいる。

Read more

家族の伝統にちなみ、25苗字をミドルネームに持つ女の子

欧米ではミドルネームを持つ人は多く、祖父や両親の名前、感銘を受けた歴史上の人物や著名人に由来した名前がミドルネームに使われることが多いよう。 複数のミドルネームを持つ人も珍しくありません。 しかし、英国イングランド中部ウェスト・ミッドランズ州の都市ウルバーハンプトン在住のマリア・ブラウン(44歳)が娘ウィロウ(10歳)に名付けたミドルネームに匹敵するものはそうそうないでしょう。ウイローはなんと25のミドルネームを持っているのです! Girl, 10, has 25 middle names and she still hasn't learned them all – https://t.co/ggiFyI9VdQ pic.twitter.com/JMFkBDPPra — TheNationalNews (@NationalUKNews) October 12, 2018

Read more

「これぞ躾のお手本」パン屋さんでパンをワシづかみしてしまった小さい子供の親の対応がとても素晴らしく、正にお手本だった!

子供の躾は難しいものです。 特に最近は、我が子への躾もろくにできない親の問題を多く目にするようになりました。 子供の成長する環境を作っているのは私たち大人であり、特に両親の影響は大きいものです。 今回は、パン屋で子どもが起こしてしまった事件に対しての両親の対応が素晴らしいとネットで話題になっているので紹介したいと思います。 最近親が子供のした事を「子供のしたことだから」という話をちょくちょく見かけるんですが、あれもなんていうかクレーマーの「お客様は神様だろ!」と同じレベルのやつですよね…自分でいっちゃあかんやつ… — おかもと (@okmtsn115) June 30, 2017 でもね!!ずっと前に私すごく素敵な家族みかけまして、パン屋さんでパン買ってたら、小さい子供3人つれたお父さんとお母さんが入ってきてパンみてたんだけど、一番小さい子供(2~3歳くらい)がトレイに並べておいてるパンをわしづかみしちゃって、近くにいたお客さんも店員さんも「あっ」って→ — おかもと (@okmtsn115) June 30, 2017 そしたら気付いたお母さんが子供に「なんて事してるの!!!」って怒って「店員さんが一生懸命作ってくれたパンなんだよ!!」って怒鳴ったんだけどめっちゃ迫力あったから内容より怖さが勝った3歳くらいの男の子尻餅ついて泣き出しちゃって、慌ててお父さんが少し離れたところに連れて行ったんです→ — おかもと (@okmtsn115) June 30, 2017

Read more

【ズザアアアアア!!】ラグビー部が雨ではしゃいでいるのがめっちゃ楽しそう!

幼いころ、雨が降ると下校途中にタイルの道なんかの上をスイーっとすべって遊んでいたのは筆者だけだろうか? 今となっては、雨の日は外に出たくないし、すべって遊ぶなんてもっての他。これも歳を重ねたせいである。 しかし、こちらの動画を見れば思わず童心に帰るのではないだろうか? 雨の日にはしゃぐ高校生 その動画を公開したのは、アメリカ・ノーウォーク高校のアメフト部。雨の日の練習の様子を撮影したものだが、とにかく楽しそうなのだ。 Could you hydroplane 10yds to end practice? @kylegor24 can. pic.twitter.com/z8aMRrz8WE — NorwalkHigh Football (@NorwalkHighFB) September 25, 2018 めっちゃすべってる! ズザアアアアア!! 大雨が降る中、選手が助走をつけて頭からすべりこみ、そのままゴールラインへ!10ヤード(およそ9m)も滑ったようだ。

Read more

動物園でペンギンの赤ちゃん誕生→給餌方法がかなり斬新だと話題に!

今月、和歌山県にあるアドベンチャーワールドで、エンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生した。 10月3日(水)、アドベンチャーワールドで12羽目となるエンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生しました。10月9日(火)よりペンギン王国1階にて、赤ちゃんを公開いたします。スタッフが親鳥に扮して行う給餌の様子を是非ご覧ください! #アドベンチャーワールド #エンペラーペンギン pic.twitter.com/YoXuk66iyh — アドベンチャーワールド公式 (@aws_official) October 8, 2018 赤ちゃんのかわいらしい見た目とともに、スタッフによる「特徴的な」給餌の方法が話題になっている。以下は、NHKニュースが提供している動画だ。 和歌山県白浜町にある動物公園では、この秋誕生したエンペラーペンギンの赤ちゃんが一般公開され、愛らしい姿を見せていますhttps://t.co/OcPc1k2GJ5#nhk_news #nhk_video #ペンギン pic.twitter.com/OvXjHzpTyA — NHKニュース (@nhk_news) October 19, 2018 給餌スタッフがスチャッ・・・とペンギンのマスクを装着する瞬間がかなり印象的である。なぜこんなことをするのだろう? 実は、動物園での人工飼育には課題が多い。自然とは違う環境下で動物を飼育・繁殖しようとしても、一筋縄ではいかないのだ。 アドベンチャーワールドでは、2004年に初めてエンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生した。スタッフによって人工的に育ててみたものの、ペンギンは人間を自分の親として認識してしまい、成長してもペンギン同士でつがいになることがなかったそうだ。 そこから試行錯誤を重ね、雛の体重がある程度成長するまでは人の手で育て、体力をつけてから親鳥へ返す「初期人工育雛(いくすう)」という方法にたどり着き、現在に至っている。 「初期人工育雛」では、ペンギンが人間を親として認識しないよう、世話をするスタッフはペンギンマスクを装着。声は一切発さずに録音した親鳥の鳴き声を聞かせながら給餌を行うのだという。

Read more

あなたはどんなハートマークを描きますか?実はどんなハートマークを描くかであなたの年代がバレちゃうんです⁈

突然ですがみなさん、「ハート」ってどうやって描きますか? そう、あの、楽しいときに書いちゃう、ハートマークです。 そんなの誰だって同じじゃん、って思ったあなた。オオハズレです。実は、ハートの描き方には、年代によって強い特徴があるのです。 20代、30代、40代の女性に、それぞれハートを描いてもらいました。そしたら……これが全くもって別物。 「なにそれ!」「それハートじゃないでしょ?」「変な形!」と、自分以外のハートをいっさい認めず、お互いけなし合いツブし合うという見るも無残な結果に。ラブの象徴「ハート」が原因でケンカしちゃうなんて……(笑) それと同時に、「ハート描いただけで年齢がバレる」という現実も目の当たりにしました。ハート、コワスギルヨ!! では、それぞれどんなハートを描いているのか。年代ごとに、特徴とあわせてご紹介します。 【20代が描くハートマーク】 20代の描いたハートは、上のくぼみ部分が浅いのが特徴。また他の年代のハートより長細い。 30代・40代からの感想:「ハートとして物足りない」「イノキかよ」「一反もめん感ある」 【30代が描くハートマーク】 30代の描いたハートは、上半身はぷくっと丸みがあり切れ込みは深め、下半身はシュッと絞られ急激にくびれている。ちょっとエキセントリックな香りがする。 20代・40代からの感想:「で、出たーーーヘタウマ奴」「ギャルっぽい」「サブカル気取りっぽい」 【40代が描くハートマーク】 40代の描いたハートは全体的にかなりの程度、丸みのある形。そこに2本の線がチョンチョンとつけ足されています。40代さんによれば、これが可愛いポイントなのだという。 20代・30代からの感想「この線は必要なの?」「心臓に毛が生えたってやつですか?」「あー伝説の“丸文字”ってヤツですか! シーラカンスっぽくてあこがれます!」 【ハートの描き方は中高生で決まる】 自分にとって可愛いハートの形とは、いつ頃に形成されたのか。考えた結果、3人とも、中高生の頃だと思い至りました。 たしかに中高生の時は、授業中に友だちと手紙交換などして、可愛いハートをいっぱい描く機会が多かったなと。(いまの10代の女の子は手紙交換するのかな……) 

Read more

特別な日に妻の浮気を暴いた夫

妻が浮気していることに感づいた男性は、最高?の復讐方法を思いつきます。 「妻が浮気しているのは確実でした。浮気のサインはいたるところにありました。携帯をいじっているときはいつも笑っていて、それでもメールは母親に送っていると言っていました。仕事から帰宅するのが毎日夜遅く、妻の会社に電話し、何時間も前に会社を出たと言われたこともありました」 「最後の一撃は、午後11時半に『牛乳を買いに行く』と言って家を出て、帰ってきたのが午前2時だったときでした」 「私が経験から言えることは、もし配偶者の浮気を疑っているなら、個人探偵を雇った方がいいということです。探偵なら間違いなく、離婚手続きの間に必要となる大切な証拠を手に入れることができます。 さて、それから数ヶ月後、妻の誕生日に起こった出来事についてお話しします」 「妻の浮気を暴くのになぜ数ヶ月も待ったのか、不思議に思う人もいるでしょう。理由はいたってシンプルで、疑いの余地を残さないほど十分な浮気の証拠を集めて弁護士に提出したかったためです。新居を探す必要もありました。 妻の誕生日まで待ったのは、その日、たまたま機が熟したということでしょう。 誕生日に何がしたいかと聞いたとき、妻は今年は歳をとったことをあえて実感したくないと言い、私には週末を友人とどこかで過ごしたらと言いました。本人は週末も仕事をして、誕生日のことなんて考えないようにすると言うのです」 「そのとき、やるべきことをしなければいけないと決心しました。数日後、クローゼットに隠されたシャンパンと2つのグラスを発見し、妻が誕生日に何をしようとしているのかを知りました。そして私は、週末を郊外で過ごすと妻に伝え、友人宅に向かったのです。 そして友人宅で計画を実行に移しました。妻の両親、姉、たくさんの妻の友人を、私が企画する『サプライズ誕生日パーティ』に招待したのです」 「アパートの前で朝8時半に待ち合わせをしました。妻の母親はケーキを抱えていました。エレベーターに乗り、部屋のある階に着くとみんなが興奮しながら物音を立てないように気をつけながら、アパートにそっと入って寝室へと向かいました。 そしてドアを開けて全員一斉に、『サプライズ!』と叫びました。 しかし、驚かされたのは(私以外の)私たちの方でした。真っ裸の妻と愛人がベッドに寝転がっていたのですから!一瞬全員が静まり返ったと思いきや、花火を打ち上げたような大騒ぎが始まりました」 「妻の母親の手からはケーキが落ち、姉は叫び、父親は怒鳴り始めました。私はショックを受けたフリをしていました。妻の友人たちは衝撃の面持ちの私を気遣って妻と愛人にきつい言葉を浴びせつつ、私を恐ろしい現場から遠ざけようと部屋の外に連れ出しました。妻は(今では元妻ですが)泣き叫び始めました。その間、妻の愛人はどうにかパンツをはいて、できるだけ早く現場から逃げようと必死でした。 言うまでもなく、これは今まで人にあげた誕生日プレゼントの中で最高のものでした」 このストーリーが本当かどうかは議論の余地がありますが、それでもとにかく強烈な復讐の物語です! ハロウィンの恐怖とはまた一味違う、世にも恐ろしい話です…旦那さん、お疲れ様でした。 

Read more

【やってみて】中国初の美女プロサーファーが訴える環境保護にチャレンジする人が続出中!

中国人初の美女プロサーファーの訴え 近年、プラスチックゴミなどが及ぼす環境汚染が問われているなか、1人の中国人女性が環境保護活動に取り組んでいる。 View this post on Instagram Laugh when you can, Apologize when you should,and let go of what you can't change. kiss slowly,play hard,forgive

Read more