【大胆】脱走に成功した囚人が近所でお茶を楽しんでしまい捕まってしまう。

先日、大阪の刑務所から脱走した樋田容疑者の身柄が拘束され、ニュースで大きく報道された。彼は自転車で全国を回っており、大胆にも写真撮影にも快く応じていたという。 でも、もしかしたら脱走した囚人が大胆な行動をするというのは、一種の囚人あるあるなのかもしれない。 アメリカ版「樋田容疑者」? アメリカ・フロリダ州の刑務所にいた、テイラー・フェンダーさん。彼はある日、刑務所内で労働していたのだが、隙をついて逃げ出した。 まずい…比較的国土が狭い日本でも、樋田容疑者が逃げ出した際には見つけ出すまでにかなりの時間を要した。アメリカともなれば何ヶ月、いや何年かかるかわからない… しかし、意外にも彼はすぐに発見され、刑務所に連れ戻されることになった。 なぜなら、彼は近くのレストランでお茶を楽しんでいたからだ!! 脱走してすぐにお茶を楽しむ囚人 SOMETIMES YOU JUST WANT A SWEET TEA Sept. 24, 2018 – Taylor Fender, 23, of Okaloosa County,

Read more

樹木希林さんの2つのメッセージが心に響く!とても素敵すぎて泣けてきた・・

株式会社宝島社が企業広告として先日、朝日新聞と読売新聞に同時掲載した広告が話題になっています。 それは9月にお亡くなりになった樹木希林さんのメッセージを掲載したもので、それぞれ違うメッセージでとても意味深いものになっています。 「あとは、じぶんで考えてよ。」「サヨナラ、地球さん。」と題されたメッセージは多くの人の心に響いています・・ 「あとは、じぶんで考えてよ。」 全文はこちら 絆というものを、あまり信用しないの。期待しすぎると、お互い苦しくなっちゃうから。 だいたい他人様から良く思われても、他人様はなんにもしてくれないし(笑)。 迷ったら、自分にとって楽なほうに、道を変えればいいんじゃないかしら。 演技をやるために役者を生きているんじゃなくて、人間をやるために生きているんです。 代表作?ないのよ。助演どころか、チョイ役チョイ役って渡り歩く、チョイ演女優なの。 自分は社会でなにができるか、と適性をさぐる謙虚さが、女性を綺麗にしていくと思います。 楽しむのではなくて、面白がることよ。中に入って面白がるの。面白がらなきゃやってけないもの、この世の中。 老人の跋扈(ばっこ)が、いちばん世の中を悪くすると思います。 病を悪、健康を善とするだけなら、こんなつまらない人生はないわよ。 死に向けて行う作業は、おわびですね。謝るのはお金がかからないから、ケチな私にピッタリなのよ。謝っちゃったら、すっきりするしね。 “言わなくていいこと”は、ないと思う。やっぱり言ったほうがいいのよ。 こちら希林館です。留守電とFAXだけです。なお過去の映像等の二次使用はどうぞ 使ってください。出演オファーはFAXでお願いします。 このように服を着た樹木希林は死ねばそれで終わりですが、またいろいろなきっかけや縁があれば、次は山田太郎という人間として現れるかもしれない。 えっ、わたしの話で救われる人がいる?それは依存症というものよ。 「サヨナラ、地球さん。」 全文はこちら 靴下でもシャツでも、最後は掃除道具として、最後まで使い切る。人間も、十分生きて自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に尽きるんじゃないかしら。そういう意味で、がんになって死ぬのがいちばん幸せなのよ。 用意ができる。片付けして、その準備ができるのは最高だと思うの。 ひょっとしたら、この人は来年はいないかもしれないと思ったら、その人との時間は大事でしょう?そうやって考えると、がんは面白いのよ。

Read more

【ロバ界の歌姫】このロバの鳴き声が想像以上に美声だと話題に!

面白い鳴き声、へんてこな鳴き声の動物は、まあまあいる。テレビでもたまに取り上げられたりする。 しかし、きれいな鳴き声の動物はあまり見ないのではないのだろうか? 超美声のロバ アイルランドの超美声を持つロバ、ハリエットが話題となっている。 そもそもロバの鳴き声なんて聞いたことねえよ!という人はこちらの動画を見てほしい。 …まあ正直、きれいな鳴き声とはいえない。 しかし、先日撮影されたロバの鳴き声は、同じ動物とは思えないほどの美声だったのだ!ご覧いただこう。 これはすごすぎる… ロバ界の歌姫 ビブラートの効いた美しい高音。人間でも簡単に出せる声ではない。ハリエット…こいつはただものじゃねえ… この動画には「美しい」「直接会ってみたい」「オペラ歌手みたいだ」といったコメントが寄せられた。 類稀なる美声を持ったこのロバ。筆者からは、ロバ界の歌姫という称号を送りたいと思う。 

Read more

フランスの猛者が命綱なしで230mの高層ビル登頂に成功!そして逮捕!

御歳56歳。まだまだ現役のロベールさんが、10月25日、イギリス・ロンドンにあるヘロンタワー(230m)の登頂に成功し、世間を騒がせている。 Holy Moly Spiderman! 😱 Sky News captured the breathtaking moment #FrenchSpiderman Alain Robert tackled the 754ft #HeronTower in London. Follow the event live here:

Read more

【衝撃】地下鉄エスカレーターが故障して高速で動きだし、複数人が負傷する大事故が発生!

高速で滑り降りるエスカレーター 世界中から観光客が訪れるイタリア・ローマ。ここの地下鉄のエスカレーターが人を乗せたまま故障し、20名以上の負傷者をだす事故が起こった。 信じられないスピードで滑り降りていく光景は、ゾッとしてしまうに違いない。コチラが事故発生当時の映像である。 Metro Roma, crolla scala mobile: il video dell'incidente Una scala mobile ha ceduto nella stazione Repubblica della metropolitana di Roma. Il video

Read more

「え、これがあの番長なの?」現在の清原和博さんの姿がまるで別人のようだとネットで話題!

2016年2月2日に元プロ野球選手の清原和博さんが覚醒剤所持で逮捕され、あれから早いもので約2年半が経った。昨年3月の保釈後、彼はどうしているのか。きっと野球ファンはそう思う日もあったに違いない。 しかし現在、新たに清原さんの顔が公開され、すぐさまネットで拡散。完全に別人との声が相次いでいる。果たしてどのように変わっているのだろうか・・? 清原さんの近況が明らかになったのは、文藝春秋が発行している『Number』のSNSだ。そこでは6月29日発売号の告知がされているのだが、なんと表紙に清原さんの姿が! スーツ姿でヒゲを剃り落とし、こんがりと焼けていた肌も白くなって登場している。 「夜、こっそり、ひと気のない甲子園球場に行ったんです」――。昨年2月、覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博氏(49)が明日発売のNumber930号「清原和博『告白』」での独占インタビューに応じ、昨年3月の保釈後から続く、薬物との戦いの実態を明らかにした。 #Number最新号 #numberweb野球 Posted by Sports Graphic Number on Wednesday, June 28, 2017 しかも、以前に比べて痩せたのは一目瞭然。もはや本人と思えないような姿になっているから驚きだ。これにはネットでも衝撃を受けた人が多いようで、以下のような声が見られたので一部を紹介したい。 ・ネットでの反応は・・? 「清原変わったな」 「え、これ清原!?」 「清原痩せたなー!」 「清原全然顔違うじゃん………」 「清原ずいぶんと雰囲気かわったな」 「清原和博さん、あらら~なんだか毒が抜けた感じがする、、」 「清原、しばらく見ないうちに別人状態やんけ」 などなど、本人とは思えないという声ばかり。ただ、容姿に関する声だけでないのが、かつて甲子園のスーパースターであり、球界を代表する選手だった証か。「がんばれ」や「応援する」という温かい声も多く見られた。

Read more

旅行者がタイの歴史的建造物に落書きして逮捕!10年以下の懲役の可能性も…

歴史的な建造物に落書き。犯人は… 法隆寺、金閣、奈良の大仏。日本には数多くの歴史的な建造物が存在する。その建造物に落書きなんてされた日には、多くの国民が怒るに違いない。そして、それは世界各国で共通した感情だろう。 先日、タイ・チェンマイ市の中世の城壁に落書きされるという事件が発生した。多くの現地住人の反感を買ったその犯人は…タイ国内の人ではなく、海外から来た旅行者であった。 犯人「酷く酔っ払って…」 「その日は酷く酔っていました」そう語るのは、イギリス・リバプールからタイを訪れていた、リー・ファーロンさんだ。「スプレー缶を見つけたことは覚えているが、自分が何をしたのか覚えていない。気がついたら、周りに警察がいました。」 そう、このファーロンさんが落書きの犯人なのだ。 警察は監視カメラの映像などからファーロンさんと共犯の女性1人を逮捕した。2人が落書きしているところがはっきりと映っていたのだ。 10年以下の懲役の可能性も 2人は、約340万の罰金か10年以下の懲役、またはその両方が課される可能性があるようだ。 海外の取材に対して、ファーロンさんの母親は、「困惑しているし、恥ずかしい。経済状態も厳しく、罰金は払えないかもしれない。」と語った。 酔って落書きしたのが、よりによって歴史的な建造物だったのだ。他の壁だったりしたら、もう少し軽い刑だったかもしれない。 ただ、もちろんその辺の壁なら落書きしてもよいというわけではない。落書き、そして飲みすぎには注意したい。取り返しのつかないことになってからでは遅いのだ。 ↑ファーロンさんらが落書きしているところや落書きそのものも撮影されている。 

Read more

【私ってリッチ~】金持ちがお金やブランド品をみせびらかすインスタチャレンジが大流行中!

自分が金持ちであることを誇張する人は少ないはずである。 それゆえに、さりげにブランド物アピールし間接自慢をする人たちがSNS上で炎上しやすい傾向にあるのは、以前edamame.でもお届けしたとおりだ。 「私ってリッチ~」と存分にアピール しかし!!!金持ちたちは開き直ったようだ。 今時代の先端をいっているのは、自分の富をみせびらかすことだというのである。 その名も「falling stars challenge(フォーリング・スターズ・チャレンジ)」。 早速、金持ちたちがインスタグラムに投稿した、見栄っ張り写真をお届けしよう。 View this post on Instagram So how was your weekend 😂 Tag someone who hates Mondays.

Read more

「ゾウのはな子」日本にはたった1頭で暮らす孤独な象がたくさんいるという現状を考える

ゾウの「はな子」は戦後初めて日本にやって来たインドゾウです。2016年5月26日、井の頭動物園で69歳で亡くなりました。 絵本やテレビドラマの題材としても取り上げられ、世代を超えて愛され続けていたはな子でしたが、亡くなる直前に「世界一悲しいゾウ」として世界中で話題になったことをご存知でしょうか? 昨日、井の頭自然文化園の象のはな子さんが亡くなりました。私たちが支援しているタイからやって来た象さんです。今年、69歳となり日本最高齢の象として、子供からお年寄りにまで愛されていたはなちゃん。絆メンバーの中にもはなちゃんのことが大好きな人達が沢山います。そんなはなちゃんに、心からご冥福をお祈りします🌸🌸🌸 Posted by 〜象との絆〜クワームプークパンガップチャーング on Friday, May 27, 2016 はな子が日本にやってきたのは1949年のことです。日本では戦時中に猛獣処分によって多くの動物が薬殺、絞殺、餓死などで亡くなっていました。戦後、タイ政府が「日本の子どもたちにゾウを見せたい」と、東京の上野動物園に贈ったのが2歳半の「カチャー」でした。カチャーはその後、上野動物公園で亡くなった花子(ワンリー)にあやかって「はな子」と名付けられ、1950年から移動動物園で日本各地を訪れています。やがて武蔵野市・三鷹市ではな子の展示を求める声が上がり、1954年に上野動物園から井の頭自然文化園に移されました。 昨日、井の頭公園の国内最長寿だった象の「はな子」がなくなりました。実はこの象、講談社と深い関係にあります。創立50周年の社史から抜粋します。「よい子に象を贈ろうという企画は昭和23年秋頃から講談社の宣伝部で熱心に進められていた。当時、上野… Posted by 講談社 on Thursday, May 26, 2016 しかしゾウは本来、群れで生活する動物です。井の頭自然文化園で1頭きりの生活を始めたはな子は心労やストレスが増え、気性も荒くなっていきました。そして井の頭動物園で2度の死亡事故を起こしてしまいます。 深夜にゾウ舎に侵入した酔客、さらに男性飼育員を踏み殺してしまったのです。 世間に「殺人ゾウ」として非難され、殺処分すべきだという意見が上がったため、はな子は狭いゾウ舎の中に前足を鎖で繋がれた状態で2か月以上も閉じ込められてしまいます。その間、はな子はアバラ骨が浮き出るほどやせ細り、ストレスで4本のうち3本の歯を失なってしまったそうです。 人間不信になり凶暴化していたはな子は、その後、飼育員の山川清蔵さんと出会います。 しかし人を傷つけるまでに追いつめられていた孤独なゾウは、なかなか心を開いてくれませんでした。山川さんは、はな子を鎖から外して付きっきりの世話を続けます。はな子が山川さんの存在に安心して手を舐めてくれるようになるまで6年、体重が戻るまでには8年もかかったそうです。 山川さんははな子に深い愛情を注ぎ、30年に渡って飼育を担当しました。やがて、かつての温厚さを取り戻したはな子は井の頭動物園のマスコットとして人気を集めるようになります。直接的な飼育方法がはな子の動きを生き生きとさせると評判を呼び、多くの来園者が動物園を訪れました。

Read more

やはり女性を一番若返らせるのはこれなのか?・・とある老人ホームのお婆ちゃん達を一瞬で若返らせた驚きのサービスとは?

イギリス・エセックス州コルチェスターにある老人ホーム、ミルトン・ロッジでユニークな食事会が行われたようだ。 なおこの食事会は89歳のおばあさんのリクエストにより実現した。 参加者はもちろん全員女性。ミルトン・ロッジに入居している高齢の女性たちと女性スタッフたちである。 いくつになってもこれが一番の若返り法なのかもしれない。 その食事会で給仕をしたのは筋骨隆々なイケメン男性たちだ。 この食事会のおかげで女性たちはすっかり若返り、まるで少女のように一晩中笑い転げたという。 【「男」をリクエストしがちな高齢者女性の願いが実現】 ミルトン・ロッジのスタッフであるクレア・マーティンさんの話では、この食事会は入居者のジョアン・コープさん(89歳)のリクエストによるものだそうだ。 ジョアンさんに何かリクエストがないか尋ねると「男」との返答があるのがお約束になっており、そのためこの食事会を提案されても誰も驚かなかったそうだ。 クレアさんらはジョアンさんの希望を叶えてあげたいとインターネットで検索し、セクシーな執事&シェフの派遣会社「ハンクス・イン・トランクス」の存在を知った。 そして、念願のセクシーな執事が給仕してくれるディナーが実現することとなったのである。 【若い男性とのスキンシップを堪能するひととき】 食事会の当日、ミルトン・ロッジに入居する女性11人とその娘や孫娘は筋骨隆々な男性たちから心温まるサービスを受けた。 料理3品のディナーコースが提供されたほか、ひとときの戯れやハグ&キスと、健全なマッサージサービスを堪能した。 舌つづみを打ちながらのボディ打ち。もう最高じゃないですかこれ。 女性たちはこの日すでに整体マッサージを受けていたにも関わらず、セクシーな執事たちが「マッサージはいかが?」と尋ねると全員がイエス!と答えたという。 【100歳の誕生日にカムバック!と依頼する女性も】 クレアさんはこの食事会について みんな、本当に大興奮だったわ。声をあげて笑っていた。「ハンクス・イン・トランクス」には事前に害のない程度のふれあいをお願いしておいたの。彼女たちはそうするのに十分なほどいい年齢だものね とコメントしている。 ミルトン・ロッジの最も古い住人であるドール・ジェンキンスさん(99歳)も、この食事会をとても気に入ったらしい。 100歳になる次の誕生日にぜひもう一度きて欲しい!とセクシー執事たちに直接お願いしていたそうだよ。 何歳になっても目の保養って大事なんだな。こういう楽しみがあると、ますます元気に長生きしなきゃって思えるかもだね。  

Read more