祝!】edamame.月間の閲覧数が1000万を突破!

edamame.編集部 2018年12月7日 トレンド 2016年11月以来、約2年間の運営をしてきた当サイトedamame.ですが… 2018年11月期の閲覧数が1000万を突破いたしました! 1000万と言えば、日本武道館のキャパ数が1万3000人なので、769回満員にするほどの数値だ!これは嬉しい! 大阪のシンボルである通天閣で言うと、年間入場者数は、ここ10年100万人越えなので、8~9年分のお客様の数に相当する!これは嬉しいっ! 最近では、ヴァーチャルアナウンサーの枝田真実(えだ まみ)ちゃんが就任するなど、今後は、動画コンテンツにも力を入れていく予定です! これからも、”極上の暇つぶし”となるニュースをガンガン配信していきますので、edamame.のご愛読、よろしくお願いいたします! 編集部一同 ◆INFO 【記者のご応募】 こちらの記者募集フォームからお問い合わせください。 【広告掲載のお問い合わせ】 こちらの広告掲載フォームからお問い合わせください。 

Read more

山火事から救出してくれた消防士さんのそばを離れないネコ

米・カリフォルニア州では11月8日から州北部と南部で2つの大規模な山火事が発生。荒れ狂う炎は多くの尊い命を奪い、被災地に甚大な被害をもたらしました。 今回の山火事による焼失面積は東京都のおよそ半分ともいわれ、その規模から「カリフォルニア州史上最悪の山火事」と考えられています。 山火事発生から2日後の11月10日、消防士のライアン・コールマンは、市街の90%が焼失してしまった「パラダイス」に派遣されます。煙と瓦礫に覆われた「楽園」という名のその町は、まるでゴーストタウンのようだったそう。そんな中負傷者の救助を行っていたライアンは、瓦礫の中を彷徨う1匹のネコを救い出します。 Posted by Ryan Coleman on Tuesday, November 13, 2018 よほど山火事が怖かったのか、煤にまみれたネコちゃんはライアンの足にすり寄って離れようとしませんでした。そこでライアンが手を差し伸べると、ネコは驚くべき行動に出たのです。その様子を捉えた動画がこちらです。 Posted by Ryan Coleman on Tuesday, November 13, 2018 そう、ネコは助けてくれたライアンの肩に飛び乗り、喉をゴロゴロ鳴らして何度も擦りついてきたのです。こうして命の恩人であるライアンに触れている間は、もきっと安心するのでしょう。その姿は、まるでライアンに感謝の気持ちを表しているようにも見えます。不安でたまらなかったのだろうかと、ネコの心情を察するだけで涙がこみ上げてきます。 Posted by Ryan

Read more

自撮りの撮りすぎは危ない!?自撮り依存症の恐怖

あなたの友人や家族にはスキあらばFacebookやInstagramなどSNSに自分の顔写真を撮影しては投稿を繰り返している人はいませんか?スマホの普及と共に誕生した「自撮り」という単語は、今では当たり前のように耳にするようになりました。 View this post on Instagram カメラ見てたら前のキモいSNOW写真出てきた(笑) ハロウィンイベント前日で先走りハロウィンで耳付いてる(笑) 手がしわしわ(笑) #新大久保 #新宿 #歌舞伎町 #韓国 #日本 #フォロー #詐欺 #写真加工 #心霊写真 #セルカ #盛れる #自撮り #韓国好きな人と繋がりたい #b612 #snow #selca

Read more

鼻にウナギを詰まらせたドジっ子アザラシが見つかる

あなたは鼻に何か異物を詰まらせたことがあるだろうか?うっかり鼻にウナギを詰まらせたアザラシが見つかった。 何が起きたのか分からなかった。 この写真はアザラシの保護活動を行うHawaiian Monk Seal Research Program(HMSRP)によって公開されたもの。ウナギが頭部分を突っ込み、脱力した尻尾が垂れ下がっているのが分かる。他にも若いアザラシに同様の事例があるが、なぜこのようなことになったのかは不明。 HMSRP「月曜日…それはあなたにとって良くない日かもしれませんが、鼻にウナギが入るよりはいいでしょう。我々は数年前に鼻にウナギが入ったアザラシを報告しました。そしてまた見つかったのです。しかもここ最近で複数件見つかっています。いずれもウナギは無事取り除かれ、アザラシは元気です」 ▼HMSRPが保護・観察しているアザラシの写真。いつものようにこうして観察していると鼻ウナギの個体を見つけた。 ▼口に針が引っかかったアザラシを保護しようとしているところ。 HMSRPが2016年に鼻ウナギのアザラシを見つけたときはすぐに獣医を呼んで、わずか45秒で取り除いた。ウナギは2フィート(60cm)もあった。獣医が言うには「アザラシの行動に問題はないが、この状態だと呼吸が難しい」とのこと。 もし運悪くもう片方の鼻にもウナギが詰まったら…。確率は極めて低いがあり得ない話ではない。 ▼この記事をシェアする 

Read more

「うちの子に恐竜の枕買ってあげよう♪」⇒衝撃的なモノが届きママが怒りのネット晒し!!

私たちの生活に欠かせない、便利なネットショッピング。 唯一デメリットを挙げるとしたら、商品を実際に手に取ってみることができないということではないだろうか。 今回は、大半の人が一度は利用したことがある超大手アマゾンで、ある商品を注文したものの、とんでもない物が届いたという話を紹介しよう。 恐竜の形をした枕を注文したのに! まずこちらの画像をみてほしい。 えええーーーっ!!! モデルの男の子まで一緒に印刷された枕カバーっ!??? まさか、恐竜型枕の代わりに、この男の子まで一緒についてくるなんて夢にも思わなかっただろう。 View post on imgur.com 上の画像がImgurで共有されてから、100万回以上みられコメントも盛り上がっている。 「なんじゃ、こりゃ!」 「嘘はついてないよねWWW」 「これはこれで正解じゃない?」 いや、たしかに、言われてみれば届いた商品でもおかしくない気はするのだが、イマイチ納得がいかない。 悪質業者による海賊版に注意! 実は、アマゾンではこの枕を複数の業者が販売しているようで、さきほどのママが注文した商品は悪質業者による海賊版だったのでは、と言われている。 実際にアマゾンのサイトでは、恐竜型の枕はきちんと販売されている。 38ドル(約4300円)で販売されているこの枕は、どうみても恐竜型の枕のようだ。 男の子がデザインされた問題の枕カバーは現在削除されているものの、これからクリスマスに向けネットショッピングをする人は十分気を付けよう! 

Read more

着ているところを頑なに見せないモデルが登場

声優の新井笙子‏さんが「いや、、あの、、 着てるとこが見たいんだわ」という文章とともに投稿した写真が注目を集めている。 極太糸のハイネックニット。 パステルカラーの色合いとあえて極太糸を使った粗野な雰囲気が可愛いニット。あまりない服だけに実際に着たときの着用例が気になる。他の写真も見てみたところ、意外な真実が明らかになった。 なんと着ていない。 手に持っているだけ。 頑なに着ない。 引きずる。 絶対に着ない。  

Read more

【速報】北朝鮮の李春姫アナウンサー(75)が引退。さよなら北側クリステル

朝鮮中央テレビの李春姬(リ・チュニ)アナウンサー(75)が引退することが分かった。朝鮮系のメディアが大々的に報じている。 おそらく日本で最も有名な北朝鮮アナウンサーだろう。 李春姫アナウンサーは1974年にデビューして以来、特に重要なニュースを担当し、独特の抑揚ある読み方が世界の人々に強い印象を与えた。しかし最近では出番が少なくなったり、眼鏡をかけて終始うつむきがちだったりと異変が起きているとも囁かれていた。 75歳ということでもう引退してもいい年齢だろう。リ・チュニのニックネームは「ピンクレディー」。いつもピンクのチマチョゴリを着ていることからこのあだ名がついた。 ここ最近、北朝鮮はメディアの刷新を図っており、アナウンサーに若い女性を使う方針があるとみられる。最新の機材を揃え、先進国のメディアを模倣してイメージアップに努めていることが窺えた。 https://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2018/10/chosentv-2.jpg?resize=600%2C338 参考:北朝鮮の国営放送が大幅にイメージ刷新。驚くほど爽やかに もしかすると金正恩は独裁国家というイメージを払拭しようとしているのかもしれない。文在寅大統領とトランプ大統領の会談に続き行われたメディアの刷新がその意志の表れだと判断するのは早計だろうか。 朝鮮系メディアは「李春姫の後任は若いアナウンサーになり、重要なニュースも担当していく」と予測している。 

Read more

これ1枚着るだけで暖かさが全然違う!・・自衛隊員オススメの防寒裏ワザが大反響!

今年の寒さは本当に厳しいですね。 時代が進んで冬の寒さ対策は変わってきました。 ヒートテックで有名なユニクロでは寒い日が多いと売上が上がるといいます。 しかしこの冬の寒さは予想外で、在庫不足に陥りこの冬の寒さを売上に生かすことができなかったというニュースもありました。 そんな中、ある裏ワザが話題になっています。 寒い日にこれを1枚着るだけで、暖かさが全然違うという自衛隊員オススメのライフハックです。 自衛隊員は外で警備につくことも多いらしく、その際は体を動かすこともなくじっと立っていないといけないので、体の芯から冷えきるんだそうです。 そんな自衛隊員オススメの裏ワザと言うのですから効果が期待できそうです。 しかもそのグッズは100円ショップに売っているというのだから嬉しい限りです。 それではそのライフハックをご覧いただきましょう! なるほど、雨ガッパが防寒に役立つとは思ってもみませんでした。 でも体を動かして汗をかいたら、汗の逃げ場がなくなるので注意が必要ですね。 リーズナブルで簡単にできるこの裏ワザ、あなたも是非試してみてください!

Read more

【大爆笑】有田芳生「生まれた年に年齢を足すと2018になる!1000年に一度の奇跡だ!」

有田芳生議員(66)の投稿が波紋を呼んでいる。天然ボケなのか、それとも故意のギャグなのか、それはあなた自身が判断してほしい。 生年+年齢=2018 こちらは12月3日の22時に投稿されたもので投稿直後からツッコミが相次いだ。1000年に一度も何も、年齢というものがはじめからそういうものなのだが…。むしろ足して現在の西暦にならない事例を教えてほしい。 調べたところ、これは海外にて英語で拡散されているギャグだということが分かった。 ▼「今日だけ。1000年に一度だけ起こる」とある。 元ネタはギャグなのに、有田芳生議員は本気にしてしまったのだろう。 ネット上の意見 ・レモン1個分に含まれるビタミンCはレモン1個分です ・東京ドームの大きさは東京ドーム1個分です ・2018から年齢を引くと生まれた年になる!!すごいね!! ・1+1=2と同じくらいの世紀の発見ですね! ・国会で取り上げるべき事案ですね ・このツイートまだ消してないのかよ(笑) ・フォロワーが一斉にしばき隊ならぬつっこみ隊 ・M1グランプリは終わりましたよ ・ご飯は食べたでしょおじいちゃん! ・ギャグかな? ・福島みずほでも笑うレベル 現在、大量のツッコミが殺到しているが、有田芳生議員は無反応。その後の投稿も確認したが、特に言及はなく別の話題をツイートするばかりであった。 おそらく今頃ずいぶんと恥ずかしい思いをしているのではないだろうか。もはやどうしていいか分からず、自分の中だけでなかったことにしていると思われる。 ▼この記事をシェアする  

Read more

【拡散希望】ヘアカラー剤で顔が変形した女性がどうしても伝えたかったこと!

現代では、髪を染めているということは特段珍しいものではなくなった。薬局はもちろん、コンビニでもカラー剤が売っていたりする。便利な世の中になったものである。 ただ、便利なことばかりではなく、気をつけないといけないことがあるようだ。 髪を自分で染めようとして… 19歳のエステールさんはパリの学校に通う学生だ。そんな彼女が先日、衝撃の姿を公開した。市販のヘアカラー剤を使った後に、深刻なトラブルが起きたというのだ。 近くのスーパーでヘアカラー剤を買った彼女は、家に返って自分で髪を染めることに。その際、アレルギーテストを行わなければならないのだが、メーカーの推奨する48時間経過した後ではなく、たった30分しか経過してないのに、アレルギー反応は出ないと判断して染め始めてしまった。 するとまもなく、頭皮に痛みを感じ始めた。さらに徐々に腫れてきたため、医師の指導のもと抗ヒスタミン薬を使った。 これで症状は治まるだろう…そう思われたが、翌朝、症状はもっと酷くなっていた。 そのときの彼女の写真がこちらの動画で確認できる。 これは酷い… 「同じ思いをして欲しくない」 ご覧いたたいだように、彼女の顔は非常に腫れ上がってしまい、頭のサイズが通常の56cmから63cmにまで大きくなっていた。しかも顔や頭だけでなく、舌も腫れ始め、呼吸もしにくくなり彼女は病院に駆け込んだ。 幸い、エステールさんは病院で夜通し薬を投与し続けて、症状は回復した。原因は、カラー剤の成分であるp-フェニレンジアミンに対するアレルギー反応だった。 アレルギーテストを行わなかったことで、こんなに酷い症状が出るとは思わなかった… エステールさんは「他の人に同じ思いをして欲しくない」と自分の写真を公開した。 ヘアカラー剤に限らず、他の製品でもアレルギーテストを行わずいきなり使い始めるという人は少なくないだろう。人によってアレルギー反応が出る、出ない、症状が重い、軽いは様々だ。最悪、命を落とす可能性もある。 自分の身を守るためにも、アレルギーテストの類いは必ず行うべきだということを再確認しておきたい。

Read more