【なんで?!】ハリケーンで取り残されていた近所のペットに治療した女性が逮捕される

釈放に向け募金活動が始まる アメリカ南東部に大きな爪痕を残した、ハリケーン「フローレンス」。甚大な被害を残しながらも、人々は助け合いながら復興へ向かっている。 動物たちもまた災害に苦しんでいる。しかし先日、ハリケーンの被害を受けたペットを助けたという女性が、突然逮捕されることとなったのだ。 その理由は、彼女がペットに施した傷の手当てであった。 逮捕されてしまったのは、タミー・ヘッジ氏。ノースカロライナ州のNGO団体「Crazy’s Claws N’ Paws」の代表者として活動していた。 数年前に設立されたこの組織はアニマルシェルターを運営しており、普段は野良犬などを救助しているのだそう。今回は、ハリケーンの混乱で迷子になっていたネコ17匹とイヌ10匹を保護していた。 中には怪我をしているペットもおり、ヘッジ氏は近隣の100円ショップで塗り薬を購入し、彼らに処置をしたのである。 しかし、これによって大きな問題が起こってしまった。 ハリケーンが去った9月17日、突如、農務省の依頼を受けた調査員が同施設に現れた。理由は、ヘッジ氏が獣医師免許を持っていないにもかかわらず、抗生物質を含む軟膏を使用したからであった。 他にも、飼育環境の悪さなど複数の違反をしていたとされ、ヘッジ氏は警察に逮捕されてしまった。 一方で、他の職員は「ケアは十分に行き届いていた」と話しており、動画を見ても、そこまで酷い様子は見られない。 これを受け、同施設の職員のキャシー・デビッドソン氏は地元メディアの取材に対しこのように語った。 彼女は自分ができる限りのことをしたまでです。もしヘッジが助けなければ、ネグレクトや虐待の傷をそのままにしていたと言われ逮捕されていたでしょう。 一体彼女はどうすればよかったんですか?私たちはただ動物たちを助けたかっただけなんです。 その後、ヘッジ氏は112万円(1万ドル)の保釈金を支払い、一時的に釈放された。 デビッドソン氏はこれを違法であるとして、弁護士を雇って法廷で闘う姿勢を示している。裁判のための資金もクラウドファンディングで集められ、わずか5日で目標金額に達していた。 命を救おうとして手当てをした女性が逮捕されるなんて、世知辛い世の中である。知らずに薬を塗ってしまったヘッジ氏の過失とはいえ、犬は回復しているとのことなので、刑を免れられるよう祈るばかりだ。 

Read more

【本当に効いた!激安健康法】足の親指をゴムで縛って寝転ぶだけ・・たったこれだけでダイエット&腰痛解消!

お金をかけてダイエットする方法はこの世の中多々あります。しかしそれに見合った効果は?といえば疑問が残るところです。 もしお金をあまりかけずに効果が期待できるダイエット法があればどうですか? 今回は実際に実践してみて本当に効いたものをご紹介します。 【ダイエット…足指輪ゴム縛り(100円)】 <解説> 両足の親指同士をヘアゴムなどで縛り、腰の下にクッションや座布団などを置いてそのまま5分間、仰向けに寝転ぶだけ。全身の筋肉がまんべんなく鍛えられ「一回でウエストが4~6cm細くなる」ともいわれている。 <実践結果> 筋力がなく、機材を持ち運ぶことに最近疲れてきたというカメラマンI(38歳)が10日間、これに挑戦。足指を輪ゴムで縛った状態で寝転ぶこと自体はあっけない作業であるため、背中がダルくなる以外はさほど苦痛は感じず、腹筋をした後のような心地よい疲労感が。 正直、大した効果は期待していなかったが、5日目くらいになぜか持病の腰痛がラクになっていることに気づく。機材を詰めたリュックを背負ったときに感じていたかすかな痛みが、確実になくなっていた。 さらに、ビフォーアフターの画像を比べてみると、心なしかお腹のあたりが引き締まっている。ダイエットだけでなく、腰痛解消という思わぬ効果も得られた。 <ビフォーアフター画像> 100円と5分あれば実践出来るこの健康法。半信半疑で始めてもさほどリスクが生じないのではないでしょうか・・? 

Read more

【珍しい】頭が2つあるヘビが発見され話題に!

世にも珍しいヘビ アメリカ・バージニア州に住む女性がヘビを見つけた。そのヘビは毒を持つアメリカマムシだったのだが…何よりも一番目を引いたのは、その頭が2つだったことだ。 こちらがそのヘビの写真。 Posted by JD Kleopfer on Thursday, September 20, 2018 完全に2つに分かれてしまっていることがわかる。 調査の結果は? 爬虫類および両生類の専門家である、ジョン・クロファーさんは「双頭のヘビは非常に珍しい。なぜならこういった突然変異が起きた個体は早くに死んでしまうことが多いからです。」と話す。 このヘビはバージニアの野生動物保護センターに送られ、ジョンさんら専門家によって調査が行われた。 気になるのは「それぞれの頭で喧嘩したりしないのかな?」ということではないだろうか。興味があるのは筆者だけではないだろう(多分)。 そして調査の結果…左の頭が行動の主導権を握っていると結論づけられた。ということは、喧嘩をするということはあまりないのだろう。しかし、右の頭もしっかりと毒は持っている。   Posted by JD Kleopfer on Thursday, September

Read more

人間彫刻の大道芸が観客の少年と見事なダンスバトル

銅像かなと思ったら機械仕掛け人形のような不思議な動きをしだす人間彫刻のパフォーマンスをご存知ですか?少年がこの日出会ったのはその道のかなりの達人でした。 ノア・キーンレーは、フリースタイルのダンサーです。ダブステップに乗せて、人間とは思えない見事な動きを披露します。アメリカのシンシナティ州出身のノアは、今より大分幼かった頃、地元のショッピングモールで、ダンスチャンピオンの人間彫刻パフォーマンスに遭遇します。そのとき、ノア少年は迷わず歩み寄り、男性ダンサーの目の前に立ちました。 ノアがジェスチャーでダンスバトルを申し込むと、銅像のコスチュームに身を包んだ男性から、まずはノアが動きをみせるように促されます。 少年とは思えない見事なステップに、集まっていた買い物客たちも驚いたことでしょう。続いて人間彫刻も圧倒的な達人技を見せつけます。 人間彫刻の正体は、シンシナティ州を拠点に活躍するダンスグループ「ミレニアム・ ロボッツ」のメンバー「Eclypse(エクリプス)」というダンサーだそうです。このダンスバトルの動画は、これまでに1千万回以上再生されています。 View this post on Instagram Post performance photo. A great time at #fridayorange launch party for the @cincysymphony looking

Read more

読売新聞の爆笑コーナー「こどもの詩」がマジで面白すぎる。

読売新聞の名物コーナー「こどもの詩」。なんと50年以上も前から連載されており、子どもの視点や考えが見事に反映された詩の数々が大変好評です。 本日みなさんに紹介するのは、数多い詩の中でも特にハイレベルで秀悦な「こどもの詩7選」です。どれもシュールなものばかりですので、思わず大声で笑ってしまわぬよう、通勤電車の中などではくれぐれも読まないで下さい。 1. けんか 2. かつら 3. あってるでしょ? 4. あがる 5.いちご狩り 6.勉強 7.ざりがに いかがでしたか?どの作品も大人の想像力をはるかに超えたものばかりですね。お気に入りの詩が見つかったら、ぜひお友達にもシェアしてあげてください。 

Read more

男性は来なかった家族の代わりに、見知らぬ人々と一緒に誕生日を祝うことにした

メキシコの海町ベラクルスでのこと。ある晩、61歳になったばかりの男性が自分の誕生日を家族と祝うためにレストラン訪れました。少なくとも、彼はそのつもりでレストランに来たはずでした。男性は、一人時間よりも早く会場に到着し、テーブルをくっつけたり、ケーキを並べたり、飾りつけやパーティーハットの用意をしたりと、パーティーの準備に取り掛かります。そして、すべてを済ませた男性は他の人たちの到着を待ちました。しかし、待って、待って、待ちつづけたものの、誰も姿を現さなかったのです。 レストランにいた他の客たちも、彼の様子を見て一体何が起きているのかとざわつきはじます。 Posted by Patty Rodríguez on Saturday, December 3, 2016 すると、男性の携帯が鳴りました。メッセージをすぐさま確認した男性の期待と興奮に満ちた顔は、すぐに失望の顔へと変わっています。どうやら送られてきたのは悪い知らせで、パーティーはキャンセルとなってしまったようです。 しかし、すべてをあきらめて帰る代わりに、男性は立ち上がると、レストランにいた他の客に向かって大きな声で話し始めました。 「すみません、皆さん聞いていただけますでしょうか。今日は私の誕生日です。61歳になりました。私は子供たちや孫たちが到着するのをずっと待っていました。誕生日を家族みんなで祝おうと思っていましたが、彼らは来ることができないようです」 彼はこう言うと、感情が押し寄せてきたのか少々間をおいてから、再び話し始めます。 「もし参加したいという人がいたら、誰でも結構です。私と一緒に誕生日パーティーを楽しみませんか。簡単なバースデーソングでも歌っていただければ嬉しいのですが」 Posted by Patty Rodríguez on Saturday, December 3, 2016 彼は同じスピーチを2度繰り返す必要はありませんでした。レストランにいた客がみな集まってきて、彼のためのパーティーを始めてくれたのです!61歳の主役は、皆からお祝いの歌を歌ってもらい、ハグをもらうことができました。彼の家族はこの大切な日に彼を一人ぼっちにしてしまったようですが、代わりに名も知らない大勢の人々が彼を囲み、彼と一緒に楽しい一時を過ごしてくれたのです。 Posted

Read more

浮気した夫が言い訳のため手にベビーパウダーを付ける

あるとき、妻が夫にタバコを買ってきてほしいと頼みました。夫は近所のバーにでかけ、自動販売機でタバコを1箱購入します。 すると隣に立っていた美しい女性が突然話しかけてきます。 意気投合した2人は一緒にビールを何杯か飲み、やがて女性のマンションへと移動し、濃密なひとときを過ごします。 ことを済ませ時計を見ると、なんともう深夜12時を回っています。 「やばい、妻に殺される。ねえ、ベビーパウダーあったら貸してくれない?」 女性はクローゼットの中からベビーパウダーを探し出して渡しました。夫はそのパウダーを手に擦りつけると、慌てて女性の部屋を後にしました。 帰宅した男性を怒り心頭の妻が待ち受けていました。妻は怒鳴ります。 「ちょっとアンタ!こんな時間まで一体どこに行ってたのよ!?」 夫はタバコの箱をテーブルの上に置くと説明し始めました。 「いや実は、そこのバーでタバコを買ったんだけど、バーで話しかけてきた女の子とちょっと一杯飲んだんだ。それでなんだかんだあって、結局その子の家に行ってね、楽しんでたというわけ」 それを聞いた妻は鬼の形相です。 「はぁ?アンタが? いいから手を見せてみなさいよ!」 パウダーだらけの夫の手を見た妻は夫を睨みつけ、こう言いました。 「やっぱりね! アンタ、またボーリングに行ったんでしょ、この嘘つき!」

Read more

お父さんにどうしても休みを取ってほしい女の子に、上司が解答した。

日本人は働きすぎだとよく言われますが、休暇をしっかり取っているイメージのある海外でもプライベートよりも会社の都合を優先せざるをえない立場にある人はたくさんいるようです。 でも家族の誕生日や記念日、お祝い事など後回しにしてしまった大切な時間は2度と戻ってきません。この大切なことを幼いケイティはよく知っているようです。 ケイティの父親は検索エンジン最大手のGoogleで働いています。いつも忙しい父親の誕生日を家族で祝いたいと、ケイティは父親の上司に向けて手紙を書きました。人生には仕事よりも大切なものがあるとしっかり強調しています。 「Googleで働いている人へ パパが会社に行ったら、1日お休みできるようにしてください。例えば水曜日に。パパは土曜日しか休みがありません。 ケイティより P.S. 水曜日はパパの誕生日なんです。 P.P.S. それに夏だし」 この可愛いお願いの手紙を受け取った父親の上司のダニエル・シプラコフは、下の手紙で返答しました。手紙を書きつつ笑顔にならざるをえなかったでしょうね。 「ケイティへ 思慮に富んだメッセージとリクエストをありがとうございます。 あなたのお父さんはGoogleと世界中の何百万という人々のために、たくさんの素晴らしい画期的なものを一生懸命に開発しています。 お父さんのお誕生日ということと、それから夏場の水曜日の休暇の重要性を考慮して、お父さんに7月の第1週丸ごと休暇をあげることにしました。 楽しんで! ダニエル・シプラコフ」 こうしてケイティは見事お父さんの休暇を勝ち取ったのです。しかもたった1日じゃなくて丸ごと1週間も!こんなに優しくて賢い娘と過ごす時間が増えて良かったですね。一生思い出に残る誕生日になったことでしょう。 

Read more

【バチコーン!】カヤックを楽しんでいた男性がオットセイにタコでビンタされる!!

カヤック中の男性を襲ったのは・・・ 9月22日、ニュージーランドを観光していた日本人インスタグラマーの増田太陽さんは、カヤックを楽しんでいる最中、とんでもない瞬間を目撃した。 なんと、正面に座っていた男性がタコをくわえたオットセイにいきなりビンタされたのである。 思わず「んなわけないだろ!」と突っ込みたくなるマンガのような出来事である。その衝撃の瞬間がこれだ! GoPro: When seals share… #GoProHERO7 Meanwhile in New Zealand… 🐙 Caption this for the opportunity to earn a #GoProHERO7 Black. 👇🎬

Read more

愛犬を店先に繋ぎコンビニに入った飼い主。3分後、戻ると犬の姿はなかった。

スーパーやコンビニの前で繋がれて飼い主を待つ犬の姿。日常でよく目にする光景です。実際にこの記事を読んでいる読者の中にも、愛犬とお散歩途中に、ちょっとした買い物に立ち寄ることのある人は多いのではないでしょうか。 店頭近くに繋いで、ほんの数分、急いで買い物を済ませ愛犬のもとに戻ってくる…ごく当たり前の日常の一コマのようですが、実は危険な落とし穴が潜んでいるのです。 スーパー入り口で思わずゾッとするような現場を目撃した男性。注意喚起のために男性がTwitterに投稿した内容は世の愛犬家たちを震撼させるものでした… 先ほど、家族と最寄の小さなスーパーに買い物に来て入り口で待っていたんだけど、一人の女性が僕のそばに自転車を停めて、その自転車にトイプーを繋いで店内に入って行ったなと思ったら、暫くして通りかかった別の女性が、とても自然にその紐を解いてトイプーを連れて行こうとしたんだよね。 — コージ (@kouji78) September 22, 2018 あまりに自然体だったので、一瞬家族の人かな?とも思ったんだけど、家族なら店内の女性を待とうとしないのも変だなと思って、ちょっとカマかける気持ちで「すいません、ウチの子がなにか?」って声かけたら「あらやだ、間違えちゃった!」ってトイプー置いて小走りで逃げてった。いやぁ、怖かった。 — コージ (@kouji78) September 22, 2018 ペットの連れ去りか?ってケースに出くわしたのは、これで2度目だな。店内にペットを連れて入れないので、とても難しい事だとは思うんだけど、失ってから後悔しても遅いから、スーパーの入り口にペットを置いたままにするのは、極力避けた方がいいと思うな。 — コージ (@kouji78) September 22, 2018 一部始終を見ていた投稿者の男性が不審に思い、声を掛けなければトイプードルは見ず知らずの他人に連れ去られていたことでしょう。飼い主にとっては背筋が凍りつくような話です。連れ去り未遂を目の当たりにした投稿者は、トイプードルの飼い主が戻るまで待ち、事情を説明しました。普段から通い慣れているお店だから、飼い主もついつい大丈夫だと思い込んでいたそうです。

Read more