【えぇ…】電車で足を広げて座る男性の股間に漂白剤をかける女性活動家の動画が大炎上

さすがにやり過ぎな行為 世の中には電車で足を広げて座る人が少なくないが、「迷惑」と思う人が男女問わずほとんど。海外ではこうした行為は「マンスプレッティング」と呼ばれているという。 とはいえ、今回紹介する女性活動家の行動はやり過ぎだろう。なんと、足を広げて座っている男性の股間に液体をかけるというものである。 この動画が公開されると、ロシア国内では瞬く間に議論が湧き、大炎上に至ったのである。 こちらがその動画だ。5.6万件もの低評価がついている。 映像を公開したのは、ロシア・モスクワで女性の権利向上活動をしているアンナ・ドブガリュク。 昨年10月にも、人が行きかう駅でスカートをめくって下着を見せるという試みを行い、物議をかもした人物である。 前回の試みは盗撮魔に対するメッセージだったが、今回のターゲットは電車内で足を広げて座る男性である。 地下鉄内でかけているのは、水で薄めた漂白剤。もちろんかけられた側は激怒し、周辺の乗客たちも困惑した表情を見せている。 言うまでもなく、動画には批判が殺到し、「これはただの犯罪。」「活動家じゃない、テロリストだ。」といったコメントが多数寄せられていた。 あまりにおかしな動画であるがために、地元のニュースサイトでは「これはフェイクで、実際にはフェミニズムを批判するために俳優を雇ってやったのではないか。」という形で取り上げられていた。 これに対しドブガリュクは「私の起こした行動は本物です。人々が白抜きされたジーンズを警察に届け出たりするとは思いませんけどね。」と答えているという。 もしこの活動を日本で行えば、暴行罪が適用される。「マンスプレッティング」が迷惑な行為であるとはいえ、彼女の行為は許されないだろう。 ・・・というか、荷物を広げて座る女性もいるし、性別問わずマナーを守らない客は迷惑だ。女性の権利うんぬんの話じゃない気がするのは、筆者だけではないだろう。  

Read more

手に黒い点を書き、被害を無言で訴える「ブラックドットキャンペーン」

絶望的な状況にいた女性はある日、ネットで少し変わった運動について知りました。半信半疑ながらも、女性はこの写真を撮ってソーシャルワーカー宛に送りました。 すると次の日、玄関先に警察が現れます。彼らはためらうことなく、女性の夫をその場で逮捕しました。 女性には、4人の子供がいます。その子供たちの父親であり、人生のパートナーであるはずの夫から、女性は殴られるなどのDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けていました。 長い苦しみに終止符を打つきっかけとなったのは、あるイギリス人女性が始めた運動でした。自らがDV体験者である運動の創設者の女性は、DV被害者が無言でも誰かに助けを求める事ができる画期的な方法を思いついたのです。 DV被害者が手のひらに小さな黒い点を描くことで、1. 緊急時や危険な状態にいる時に周りに無言で被害にあっていることを訴えることができる、2. 助けを必要としているのに声をあげられない犠牲者に周りが気づくことができる、というもの。 迅速な警察への通報などによって最悪の状況を回避し、被害者たちのDVからの解放を目的としています。 DV被害者の多くは、恐怖から助けを求めることすらできない状況に場合があります。自分や子供達をさらなる危険さらすのではないかという恐怖感が妨げになっている場合や、世間の目や体裁を気にして通報出来ないという現実もあります。 「ブラックドットキャンペーン」と名付けられたこの運動を始めたイギリス人女性は、運動の創設にあたって匿名で、「多くの人は助けを求められる相手を持っていません。無言のまま苦しんでいるのです」と切実に訴えました。 「End the silence of domestic violence (声なきDV被害を無くそう)」 この運動を通じて暴力夫から無事解放された女性は、こう語っています。 「何千回も感謝の気持ちを伝えたいです!手のひらに描いた小さな点が、私の人生を救ってくれました!」 このシンプルかつ効果的な方法は、今世界中に広がり始めています。その中には女性だけでなく多くの男性DV被害者も含まれているそうです。 実に世界の女性4人のうち1人が人生の内で一度はDV被害を受けると言われています。その内の60%のケースは家庭内で発生します。これは目を背けてはいけない恐ろしい事実です。 この話を友達とシェアして、この静かなる運動を広めましょう!ストップDV! 

Read more

【ひょっこりはん】家に帰りたくないワンコの必死のかくれんぼが可愛すぎる!

ワンコの可愛すぎるかくれんぼ さあ、十分遊んだだろ。そろそろ家の中へ入ろうか。 そう思う飼い主さんとは裏腹に、ワンコはまだまだ遊びたいはず。 絶対家の中に入るもんかっ!と必死の抵抗をする、そんな可愛い動画をご覧いただこう。 「ターシャ、どこにいるんだい?」 ドアを開けて庭を見渡してもターシャの姿はどこにもない。 が、ドアを閉めた瞬間、植木鉢の後ろからひょっこり。 しかし、再びドアをあけてターシャを探すが、あれ…? が、ドアを閉めた瞬間、またまた植木鉢の後ろからひょっこり。 これには思わず笑いが込み上げてくる飼い主さん。こんな可愛い抵抗をされてしまうと何十回でも繰り返して探すふりをしてしまいますね。 

Read more

【ネットの力】ひき逃げした車の破片をネットに投稿したところ…一瞬で解決する!

インターネットの世界は広い。どこで誰が見ているかわからない。何気ない写真から自分の住んでいる場所が特定されたりする。 しかし、ものは使いよう。先日、インターネットによってある事件が一瞬で解決したと話題になっている。 手がかりの少ないひき逃げ事件 先日、アメリカ・ワシントンの警察がある写真をツイッター上で公開した。 The roadway is open SR7/320th. Troopers and detectives are still looking for a black vehicle believed to be involved in this

Read more

【積めてねぇ…】マンチェスター空港で荷物とにかくブン投げまくる係員が激写される!

思わず同僚も棒立ちに 海外の空港係員は、とにかく荷物の扱いが荒い。スーツケースがへこんだり割れたりするのは当たり前によくあることだ。 しかし今回、目に余るほどの雑な仕事をする係員が激写されてしまった。それも、一切仕事が進まなくなるレベルで・・・。 その手つきは、同じ場で作業に取り掛かっていた係員すらも呆然とする乱暴さである。早速ご覧あれ!! Manchester Airport baggage handler's shocking treatment of suitcases caught on video Shocking video shows a baggage handler at Manchester Airport launching

Read more

学会が動く世紀の大発見?猫は鏡に写った自分を自分と認識できる(証拠動画あり)

猫は鏡に写った自分を自分だと認識できるのだろうか?1本の賢い猫の動画が世界中で注目を集めている。 完全に自分の耳だと認識している。 何かと思ったら自分の耳だった pic.twitter.com/T77oxCSDnj — netgeek (@netgeek_0915) September 26, 2018 ベッドの上を歩いていた猫はふと鏡にとんがったものがあるのを見つける。移動するととんがったものも移動し、ひょいと顔をあげて覗くと自分の顔が…。物体の正体が自分の耳だと確認するために前足で触る。 ▼猫(なんじゃあれ?) ▼猫(あ、自分の耳か) この動画は、非常に可愛らしい動画として拡散された。その後、これは猫も自分自身を認識できる証拠であり、動物学会も驚く衝撃映像なのだという指摘が寄せられた。 ……え?あれ? 世紀の大発見ですよねこれ!自分の知る限り「猫はミラーテスト突破しない(鏡のものを自分だと認知しない)」が動物学会の定説のはず。だから、猫は知能が低いとされてきた。 ずっとそれを訝しんでたが……これ、明らかに突破してますよね完全に自己認知してる。やっぱ猫賢いじゃん — こぴーらいたー@風倉&アマ作家 (@kazakura_22) September 27, 2018 いやこれ、本気で冗談抜きで、学会が動く動画では? 前から言われてはいたんですよ。「猫が反応しないやり方でテストしてるだけでは?」みたいな。だから、ミラーテスト基準で、知能決めるのはおかしいみたいな。 しかし、これを見る限り、ミラーテストを明らかに突破しています

Read more

「口ピアス開けてたら、水を飲んだ時そこから水が出るの?」そんな素朴な疑問に動画を持ってお答えします!

「ピアス」 最近では、耳に限らず体のいたるところにピアスを開ける傾向にあります。 で、そこで素朴な疑問・・ 「口にピアス開けてたら、飲み物飲んだ時にそこから飲み物が出てくるの?」というもの。 確かに穴が空いている訳だからそこから出てくるのが理屈ではありますが・・ そんな素朴な疑問に動画を持って答えてくれた強者が現れました! その衝撃的な検証動画をご覧下さい! よく口にピアス開けてると 『そこから水でるの?wwwピューwwwって?www』 と煽られる事が非常に多いので これから過酸化水素水が数年に一度やるかやらないかの伝説の永久保存版の一芸をお見せします pic.twitter.com/mwcQUTilb2 — 過酸化水素水 (@____H2o2) September 25, 2018 Twitterでの反応は・・? ちくしょう!カップ焼きそば系の湯切りに見えちまった!ありがとうございます(?) — マッキーノ™ (@makisimamumax) September 26,

Read more

【コレって…】中国で最新ビルがお目見え!先っちょから花火を噴射させる光景がシュールすぎ!

真面目にデザインしたはずなのに… 今年8月、中国広西チワン族自治区に最新ビルがお目見えした。 しかし、そのフォルムがあまりに卑猥すぎると国民たちから嘲笑されているという。 それがコチラ。 Ladies and Gentlemen, Guangxi New Media Center in Nanning, China 😂 pic.twitter.com/i26PCo7Abf — Carl Zha (@CarlZha) August 25, 2018 まさにアレそのもの… 約2年の歳月をかけて完成したのは、「広西ニューメディアセンター」。

Read more

【防げたはずの死】学校で心停止した児童に対して、誰もAEDを使えない現状が悲惨すぎる

大事なのは迷わず使うこと 自動体外式除細動器(AED)は、心停止した人に対して使用する医療機器で、駅や空港、学校、病院、コンビニなど、あらゆる公共施設に設置されている。 しかし、もし目の前に心停止した人が倒れていたとき、迷わずにAEDを使う事ができるだろうか。 先日より、NHK生活・防災のツイッターアカウントが、AEDの積極的な使用を呼びかけている。 【AEDは迷わず使う】倒れて反応がない児童に、学校のAEDが使われないまま亡くなる事故が起きています。AEDは、電気ショックを与える治療器具であると同時に、電気ショックが必要か判断する「診断器具」でもあります。AEDは迷わず使用を! https://t.co/NlxLSmn9yE — NHK生活・防災 (@nhk_seikatsu) September 18, 2018 2011年、さいたま市の小学校で、駅伝の練習中に倒れた女の子がそのまま死亡する事故が起きた。女の子は倒れた後保健室に運ばれたが、そこにあったAEDを誰も使用せず、教員達はただ声をかけるだけだったという。救急車が到着したのは、女の子が倒れてから11分後であった。 心停止後何もしないと、救命率は1分ごとに10%ずつ下がると言われている。しかし、救急車到着前にAEDで電気ショックが与えられれば、救命率は約5倍に伸びる。 「状況がよくわからないのに、電気ショックを与えてしまって大丈夫なのか」という不安が、AEDの使用を躊躇させる原因になっているそうだ。しかし、AEDには心電図の解析機能も備わっているので、電源を入れて電極を体に設置さえすれば、あとは自動で電気ショックの必要性を判断し、必要な場合のみ「ボタンを押して電気ショックを行ってください」と指示をしてくれる。 ということで、NHKは「AEDは迷わずに使用するように」と喚起しているのだが、実際の手順はそれなりに多く、注意点ももちろんあるので、なんの基礎知識も持たずにいきなり使用するのは難しいかもしれない。 9月20日には、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、大会組織委員会で救命技術の講習が行われ、幹部らがAEDを用いた救命訓練に挑んだ。 委員会の武藤事務総長は、「講義だけではいざとなると応用がきかないということがある」と、実習型訓練の重要性を語っている。 

Read more

【音声あり】イギリスのとある町で真夜中に子どもの歌が聞こえてくる事件が発生…真相は?

真夜中に聞こえる奇妙な歌 これはイギリスで実際に起きた事件である。 話は昨年にさかのぼる。イプスウィッチという町に住むある女性が真夜中に奇妙な歌を耳にした。子どもが歌っているような声だった。しかもかなり近くから聞こえてくる。それも一晩だけではない。 その女性の2人の子どもも同様に耳にしており、しばしば真夜中にその歌で目覚めることもあったそうだ。 真夜中に歌、しかも子どもの声。完全に怪奇現象である。実はその地域は過去に、連続殺人事件が起きたということが知られている。 今回、edamame.の極秘ルート(YOUTUBE)から、その音声を入手することに成功した。それがこちら。 これが夜中に聞こえてくるわけだ。絶対にトイレには行けない。 数ヵ月後、耐えかねた女性は町の議会に相談することにした。 そしてある日の早朝、あの歌が聞こえてきた。女性はすぐに議会に連絡。緊急チームが現場に向かい、その音の特定作業を行った。すると、近くの産業用地からその音が聞こえているということが判明した。 なぜそこから子どもの歌声が聞こえてくるのか?その原因は…防犯センサーの誤作動だった。 センサーがクモに反応 人が近くを通るとセンサーが反応して光るライトをご存知だろうか?一般家庭でも防犯目的で用いられることが多い。 その音声バージョン、つまり人の動きを検知すると音声が流れるという機械から先ほどの歌が流されていたということだ。 その土地の管理者によると、「あの機械は強盗を防ぐために作動するもので、本来は我々の土地にいる人だけに聞こえるように設定されているはずでした。でもセンサーがクモに反応して誤作動を起こし、しかも何かのはずみで、他の場所でも歌が聞こえるような音量の設定になっていました。」ということらしい。 なんだ、呪いの歌みたいなものではなかったのか…原因が解明され、被害に遭った女性もようやく安心して眠ることができると話している。 か細い子どもの歌声が真夜中に聞こえてきた時の恐ろしさは想像に難くない。しかも被害女性によると、日によっては何時間も聞こえてくることもあったそうだ。 …何時間も?センサーのクモに反応してそんなに長時間も音声機械が作動し続けるだろうか?もしかしたら、本当の原因は他にあったりして…? 流れていた音声のロングバージョンはこちらから聞くことができる。 今晩、あなたがこの歌を耳にしないことを祈る。  

Read more