「Appleは出て行け!」 HUAWEI擁護の中国が不買運動を開始

米中間のIT冷戦とも呼ぶべき華為技術(ファーウェイ)問題について、中国がApple製品の不買運動を始めた。 「Appleは中国から出て行け!孟晩舟を釈放しろ!」 こちらはAppleストアの前でデモ活動を行う男性の写真。中国のSNS「微博(Weibo)」にアップされ、大きな反響を呼んだ。微博では特に孟晩舟CFOの釈放を求める声が多い。不当な拘束だとしてカナダ政府とアメリカ政府に抗議する声が高まり、ついには大規模な不買運動にまで発展しつつある。 深センや上海市、四川省にある技術企業は米国製品を排除する動きを見せている。 会社によって次のような施策を発表したのだ。 ・社内からアメリカ製品を排除する ・従わない従業員にはボーナス減額のペナルティを課す ・中国製のスマホに買い替える場合は、企業側が15%を補助する この状況については「中国メディアが情報を操作してファーウェイに有利なように報じ、国民がそれに騙された結果」とみることもできる。特に孟晩舟CFOが7通のパスポートを持っていた件については言い逃れすら困難だろう。 他方でファーウェイはこれまで通りの経営を続けると宣言。 日本では政府に続き、ドコモ、ソフトバンク、au(KDDI)の3社がファーウェイ排除を決めたばかりであり、ファーウェイとしてはどうあがいてもこれまで通りの経営はできないはず。国によっては5Gへの参入を禁止するところもあるのでこのままだと撤退せざるをえないはずだ。 中国国内でのApple不買運動に効果があるとは思えない。冒頭の画像では、一人の抗議者の背後で多数の客がAppleストアを訪れており、不買運動参加者が少数派であることの象徴であるように思える。 

Read more

【かっけぇ!】押し寄せるヘビから決死の大脱出!アクション映画ばりのイグアナの逃走劇を括目せよッ!

イグアナの劇的な大脱出が手に汗握るッ! 野生動物の世界は、食うか食われるか。弱肉強食のし烈な戦いが日々繰り広げられている。今回は、そんな緊張の一瞬を捉えた、とても貴重な映像をご紹介しよう。 動画に登場するのは、小さなイグアナ。周りの様子をうかがっているが・・・その後ろには、恐ろしいヘビが忍び寄っていた! そんなアクション映画さながらの緊迫の瞬間がコチラだ! 一匹のヘビがじりじりと忍び寄る。巣の陰には、多くのヘビがうごめいて目を光らせており、絶体絶命の大ピンチ。 やがて、ヘビが食らいつこうとした1分ごろ、勢いよくイグアナはスタートダッシュ! 同時に、周りに控えていたヘビたちも一斉に出撃。しかし、1分20秒ごろにイグアナは噛みつかれ、一気に巻きつかれてしまう! これはダメか!?・・・と思ったその瞬間、一気に振りほどき、岩場を駆け上がる!一匹のヘビの猛攻を潜り抜け・・・最後には仲間がいる岩の上にたどり着くことができた!おぉ―――ッよくやった―――ッ!! この劇的な映像には11万件の高評価がつき、「インディグアナ・ジョーンズだ!(インディジョーンズになぞらえ)」「映画みたいだ!傑作!」「責任から逃れてる俺かな?」といったコメントが多く寄せられていた。 あまりにもドラマチックなシナリオもあり、ついついこちらまで応援してしまいたくなる映像であった。 

Read more

自分から埋まりに入って「ご覧ください!私の腰まで雪が積もってます!」

雪が降った青森県の酸ヶ湯でマスコミの取材班が奇妙な行動をとっていたと写真がアップされた。 何をしているのだろうか? わざわざ雪の中に入り込んでカメラを向ける取材班。これはもしや…。 和田将輝アナ「ご覧ください!私の腰の高さまで雪が積もっています!」 投稿者いわく「公共放送の取材クルー」とのこと。 撮影を終えた後。 ここは除雪機で道路の雪を重ねたところなのでは?除雪済みのところを映しても伝わりにくいからという事情は分かるが、地元民からすれば大げさで白けてしまうのもまた確かだろう。 写真を見れば分かる通り、腰の高さまで積もっているのはごく一部の道路脇のみなのだ。マスコミは視聴率を稼ぐために現場の一部を切り取り、大げさな報道を行った。 さらに青森朝日放送も同じようなことをしていた。投稿者いわく「わざわざ観測点まで入っていって『腰まで埋まっている』」。 テレビ的には「演出」であり、分かりやすさを優先したといえばそうなのだが、わざわざ入りにいくのはいかがなものか。今回、写真をアップした人のほうがよっぽど真実を伝えるジャーナリズムを体現できていると思う。 雪がどうこうという前にテレビへの信頼度が氷点下。傍から撮られていると気づかなかったのだろうか。 ▼この記事をシェアする

Read more

【動物ミステリー】鼻にウミヘビが刺さったアザラシが激写される!!?

マジで刺さってた・・・ アザラシは息をするとき、鼻の穴をパクパクと開閉することができるが、ぱっか~ん!と開いたときの鼻の穴はビックリするほど大きい。 その大きさは、うっかり異物が入ってしまうなんてことも起きそうなほどだ。 そんな矢先、なんとアザラシの大きな鼻の穴にウミヘビが刺さってしまったらしい。 「は!?そんなギャグ漫画みたいなことあるわけないだろ!?」と思ったそこのあなた!コチラの写真をご覧いただきたい。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Mondays…it might not have been a good one for you but it had to have

Read more

接着剤のことを「セメダイン」って言いませんか?・・実はこれ大きな間違いなんです! 公式メーカーが明かす衝撃の事実とは?

みなさんこの商品のことを何と呼びますか? ほとんどの人が「セメダイン」って呼ぶのではないでしょうか? 実はこれ大きな間違いでして、公式メーカーがTwitterで衝撃の事実を明かして大きな話題になっています! 「セメダイン」という商品はございません(・ω・;;) ※セメダインは社名・ブランド名です#いいにくいことをいう日 — セメダイン【公式】 (@cemedinecoltd) November 29, 2018 えっ、「セメダイン」って商品名じゃなくて社名だったの・・ ではこの商品の名前は・・?   ちなみに、こちらの商品名は「C」です(`・ω・´) pic.twitter.com/iMUpbQ2XCc — セメダイン【公式】 (@cemedinecoltd) November 29, 2018 マ、マジですか! そんな商品名だったなんて・・ これにはTwitter上でも大きな話題になっていて、たくさんのコメントが寄せられています・・

Read more

【究極の逆ギレ】おならを注意された女性がナイフで脅す事件が発生!?

ここではだめだ… 人間の生理現象の1つで、どうしようもない「おなら」。エレベーターの中などの閉鎖空間では、我慢しなければ白い目で見られてしまう。まあ、そんな場所でなくとも、公共の場では我慢するという人は多いだろう。 しかし、アメリカのある女性はそんな常識をもろともしなかった。 おならをとがめられた女性がとった衝撃の行為とは… フロリダにあるダラーストア(日本の100均のようなお店)を訪れた女性、シャネッタ・イヴェット・ウィルソン容疑者。店内で並んでいた彼女だが、おならをしたくなってしまったらしい。 まあばれないだろう…そう思ったのか、彼女は大胆にもその場で放屁。しかも音まで聞こえるようなものだったらしい。 近くにいた1人の男性客が“それ”に気がつき、ウィルソン容疑者に注意。彼女も譲らず、口論に発展した。 公共の場でおならをしてしまった彼女にさすがに勝ち目はない…かと思われたが、なんとナイフを取り出して男性を脅し始めたのである!! 逆ギレしてナイフで脅す Officials: Florida woman passes gas, pulls knife on offended man: https://t.co/3m1cpujpqw pic.twitter.com/cpQUoWA9KA — ABC 7 News

Read more

【ほのぼの泥棒事件】ロシアの泥棒さん、空き巣に入ったオフィスでスヤスヤ・・・

そこで寝ちゃうの!? いくら泥棒だろうと、「バレないようにしなきゃ・・・!」と緊張感を持って盗みに入るはず。なぜなら、警察に捕まったら一巻の終わりだからだ。 しかし今回ロシアに現れた泥棒は、思わずつっこんでしまいたくなる程、緊張感が欠如していたのである。 Russian media recently reported the comical case of a burglar who last week broke into an office building in the city of…

Read more

安田純平の本が思ったよりも薄いと騒ぎに

11月24日に発売された書籍「シリア拘束 安田純平の40か月」が思ったよりもペラペラだと騒ぎになっている。 3年4ヶ月の拘束体験記。 あれだけ世間を騒がせたのだからきっと中身は物凄く濃いはず。記者会見では明かされなかった出来事も綴られているに違いない。 だが、いざ向きを変えると思ったよりもペラペラ。表紙の雰囲気だともっと分厚そうなのに。 これはもはや本として売るよりウェブ上で公開するレベル、いやむしろTwitterで連載するレベルの文章量なのではないか。事前のイメージでは「ジャーナリスト安田純平が運悪く捕まってしまい、絶体絶命の中でも犯人グループの情報を掴んでいった。それを書籍で明かす」ということかと思ったのだが、実際はそうではないのだろう。 ▼釈放時に大事な仕事道具を返してもらえなかったと怒る安田純平。 記者会見では、基本的には毎日をテレビを見て過ごしただけということであった。だから3年4ヶ月も経っているのに意外と書くことがないのだろう。 Amazonレビューは6件しか評価がなく、そもそもこの本に興味がある人が少ないのかという印象。 現時点では評価は大きく割れている。ジャーナリスト安田純平が命がけで執筆した書籍、中身も薄いということでなければいいのだが…。 あわせて読みたい→安田純平と共に救出された渡辺修孝、日本政府を逆恨みして500万円の損害賠償請求を起こしていた 

Read more

【すげぇ】12言語を喋る9歳児がアンコールワットで土産売りをしているだと!?少年の人生を変えた動画がコレだ!

アジア圏を旅すると、生計を立てるために子供たちが土産売りをしているのを目にする。 金銭的余裕がなく学校にも通えない彼らは、365日間毎日働き続けているのだ。 しかし、”ある動画”をきっかけに、学校を通う夢を叶えることができた少年がいるという。 土産売りの少年が喋る12種類の言語 11月上旬にカンボジアのアンコールワットを訪れたヴィーナスGwcさん。マレーシア出身の彼女は旅行ブロガーとして訪れた国々をSNSにアップしている。 そんな彼女が出会ったのは、土産売りをしていた男の子タクシン君(9)。 12種類の言語を喋ることができると言うタクシン君に興味を抱いたヴィーナスGwcさん、彼女が撮影した証拠動画がコチラである。 Posted by Venus Gwc on Friday, November 9, 2018 北京語や広東語、フランス語やタイ語を流暢に喋るタクシン君。動画途中には「これは笛、1個1ドル。お姉さん可愛いね~」などと日本語でしっかり営業をしているのも聞いて取れるだろう。 これらの言語に加えて、英語、スペイン語、マレー語、フィリピン語、ドイツ語など12言語を見事に披露したのだ。 Posted by Venus Gwc on Friday, November 9,

Read more

どさくさに紛れて指を狙う有田芳生、これはアウトだ

政治が荒れる中、立憲民主党の有田芳生議員が法務委員会でとんでもないことをしていたことが分かった。 指を全力で握っている。 与党議員が手を出して守ろうとしているところ、指を狙って全力で握る有田芳生議員。 どさくさに紛れて指を狙う有田芳生、これはアウトだ | netgeek https://t.co/g6GN0Udn6q pic.twitter.com/UuhuklcT6A — netgeek (@netgeek_0915) December 8, 2018 全体の立ち位置は以下の写真が分かりやすいだろう。小西洋之議員が腕を掴んでおり、有田芳生議員も参戦している。 このような状況において進行を阻止するためにマイクや原稿を取り上げるというのはよくあることだが、指を強く握るというのは前代未聞。明らかに不必要な行為だ。動画で確認すると2度に渡り、かなり強く握っていることが分かる。 全体の経緯は以下の映像が分かりやすい。 荒れた中で法務委員会が再開される↓立憲民主党(有田芳生)がマイクを強奪しようとする↓委員長が国民民主党(桜井充)に答弁をさせようとする↓野党「ギャーギャー」↓桜井充「せめて反対討論くらい言わせてほしい。それだけは許して下さい」野党「……」 立憲の酷さが際立つ#kokkai pic.twitter.com/12oSM4HZOU — DAPPI (@take_off_dress) December 7,

Read more