【日本初】受刑者専用求人誌の履歴書がスゴイと話題に!

過ちを犯したが「覚悟」のある者にはチャンスを・・・ 株式会社ヒューマン・コメディが発行する求人誌『Chance!!(チャンス)』。 この度、創刊第3号が発行され話題になっている。 すごいなこれ日本初の受刑者専用求人誌『Chance!!』がスゴイ 付属の履歴書には「指詰めの有無」「再犯の可能性について」の記入欄も https://t.co/M4qCSsqbhi — 堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp) September 2, 2018 受刑者専用・・・。 そう!この求人誌が他のものと異なる点は、受刑者専用と言う点だ! 内容は、元受刑者で社会復帰に成功した人のインタビューなどと共に、求人情報が掲載されている。 ここで目を引くのが、付属の「Chance!!専用履歴書」だ。 一般的な履歴書にはない項目があるのだ。 ▲「刑務所などの施設内での自分の行い」についての項目。 ▲「再犯」について自分の考えや決意を書く欄。 ▲指詰めの有無の確認までも。 なかなか衝撃的な内容だが、採用側、採用される側の双方がお互いをよく理解することは重要だ。 各企業の募集欄も、まず代表の顔写真と熱いメッセージがつづられている。中には、代表者自身が、元受刑者であり、元暴走族の総長であった女性社長もいる。応募する側も、「この社長なら!」と働くイメージがしやすいのではないだろうか。 受刑者の社会復帰については、色々な意見があると思うが、この受刑者専用求人誌『chance!!』によって、助けられるべき人もいるはずである。 

Read more

『天使にラブソングを』の名曲が復活 25年ぶりのキャストたちは、いま?

1992年に1作目が公開され、日本でも大ヒットを記録した映画『天使にラブ・ソングを…』。 主要キャストの1人、デロリス(シスター・クラレンス)役を演じたウーピー・ゴールドバーグの人気を確固たるものにした作品です。 また、劇中で出演者たちがゴスペル(モータウン)風にアレンジされた賛美歌を歌うシーンは迫力満点。 その後、ブロードウェイミュージカル化されるなど、根強い人気を誇る名作映画です。 そして、公開から約25年後…当時の出演者たちが集結し、『天使にラブ・ソングを…』挿入歌の中でも特に人気が高い『I will follow him(アイ・ウィル・フォロー・ヒム)』を再び歌うという、ファンにとっては嬉しいサプライズが実現されました! キャストたちを率いているのがウーピー・ゴールドバーグであることは、一目で分かったはず。 しかし、最前列で歌うロングヘアーの女性2人が誰だか分からなかった人は多いのではないでしょうか。 画面向かって右の女性は、劇中でふくよかな修道女メアリー・パトリック役だったキャシー・ナジミー。 そして左の女性は、一番若くてシスター見習いのメアリー・ロバートを演じたウェンディ・マッケナです。 すぐに分かった人は、かなり熱心な『天使にラブソングを…』のファンといえるでしょう! 時を経ても色あせない『天使にラブソングを…』。こうして当時の曲を聴いていると、また映画を見たくなりますね。 出典 grapee.jp 出典‘Sister Act’ Reunion: Whoopi Goldberg And Co-Stars Perform |

Read more

北海道で震度6強の地震 広い範囲で停電が発生、全鉄道がストップ

2018年9月6日午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方中東部を震源とする地震が発生しました。 地震の規模は、M6.7と推定されています。津波被害の心配はないとのことです。この地震で、震度6強の揺れを安平町で観測。震度6弱の揺れが千歳市で観測されています。 気象庁の会見では、震源に近く、震度のデータが入っていない地域では震度6強以上の揺れがあった可能性もあるとのことです。 この地震の影響で、道内の295万戸が停電。道内の全ての火力発電所が緊急停止しており、復旧まで長い時間を要するとのことです。 また、道内全域の鉄道は全て運行を停止しています。 また、余震とみられる揺れが続いています。気象庁は、今後1週間程度は震度6強程度の揺れが発生する可能性があり、特に2、3日程度は大きな地震に注意するよう呼びかけています。 震度6強 安平町 建物倒壊や土砂災害の情報NHKのヘリコプターから撮影#nhk_news #地震 #安平町 #震度6強 pic.twitter.com/TaNkLb9C2Y — NHKニュース (@nhk_news) September 5, 2018 出典 grapee.jp 出典@nhk_news/気象庁

Read more

ディズニーランドで迷子の園内放送がない理由を知ってますか?

1日に数万人ものゲストが訪れる 東京ディズニーリゾート。 広大な敷地にたくさんのゲストがいるなか、 当然、迷子は発生していると思います。 でも、園内において迷子放送を 聞いたことがありません。 一体、どういう事なのでしょう? 東京ディズニーリゾートでは迷子放送はされません。 もし迷子が出る度に館内放送を流すと、 夢の世界の雰囲気を壊すことになります。 USJも迷子放送はしていないと思います。 では、一体どのように迷子を探しているのでしょうか? ★迷子の子供を見つけたとき キャストが迷子を見つけた場合、 まずは一緒に保護者を探します。 子供が迷子になったとしても、その移動範囲は 狭いと考えられ、見つけたその場から約15分ほど 一緒に探せば、かなり高い確率で保護者が 見つかるからだそうです。 キャストのコスチュームは目立つので、 子供の手を引いて歩いていれば、 注目を浴び、保護者の目にも留まりやすいという事です。 探しても保護者が見つからなかったとき・・・ その際は、その場で保護者捜索を中止します。 即座に、迷子センターに必要な

Read more

猫が大好きな92歳のおばあちゃん、いつも家の前に捨てられる猫を年金暮らしの身で保護してあげている活動が注目されています!

いつの時代になってもペットを捨てる人が後を絶ちません。 SNSなどにもよく投稿されているペットの命の尊さ。 私たちと同じ命を授かってこの世に生まれてきたのに、人間の勝手な行動の被害を被っているペットたち・・ その気持ちを思うと、やるせない気持ちでいっぱいになります。 そんな中、あるおばあちゃんの活動が注目されています。 年金暮らしの92歳のおばあちゃんが、捨てられる猫を保護する活動をしています。 果たしてどんな活動なんでしょうか・・ うちのおばあちゃんは92歳猫好きでよく家に猫を捨てられます。ボロボロになった猫ちゃんも年金を崩し治療、避妊、去勢してあげ保護してあげてます。私がハンドメイドを始めイベントで売りに行く時、猫の缶詰代の足しにしたいからとコースターを作ってるのですが凄く可愛く綺麗だから見てほしい💗 pic.twitter.com/nTjjlxPts2 — みか[メッセージ少し遅れます😣] (@y930o39m) November 16, 2017 猫の安心した表情、そしてコースターの美しく柔らかな色合いからも、ご本人の大変優しい人柄が伝わってきますね。 その後、今回のツイートを見た多くのユーザーから「買いたい!」とのコメントが殺到! みかさんも喜びの悲鳴をあげました! こんなに祖母のコースターのツイートが伸びるとは思わなく、お返事も全然返せなくすみません😭!後日ゆっくりになりますが順次お返事返せたらと思ってます🙇‍♀️私のバレッタならすぐにご注文お受け出来ますのでDM頂けたら助かります!お代は全て祖母に寄付させていただきます🙇‍♀️ pic.twitter.com/9sVt4JHaMq — みか[メッセージ少し遅れます😣] (@y930o39m) November 16,

Read more

【ムーディーじゃない】台風21号の暴風雨の中、ムーディー勝山がトンデモなくヤバい場面に遭遇する!

あわや転落! 近畿地方を中心に大きな被害をだした台風21号。 各地で大きな爪痕を残したが、あるお笑い芸人がその恐ろしすぎる暴風雨の猛威を目の当たりにしたと話題になっている! それがこちらのツイートだ! 瀬戸大橋上で大型トラックが横転してました。我々はまだ通行可能でしたが、先ほど通行止めになったようです。非常に強い台風。お気をつけ下さい。 pic.twitter.com/xKjnS1u5bc — ムーディ勝山 (@katsuyama0611) September 4, 2018 おおう!トラックが橋から落ちそうになってる!!! View this post on Instagram ペットも白。 #ムード歌謡歌手 #ペットの #チョロ A post shared

Read more

最新ニュース!! 松本人志が前代未聞の動物番組スタート!? ヤバすぎる見た目の「まつもと犬」も話題に

最近, 日本を代表するお笑い芸人・松本人志が、また何かヤバいことをしでかそうとしている。 それはTwitterで『まつもと犬@松本人志×Amazon新番組!?』という謎のアカウントを作成したことで発覚したのだが…。 ■不気味なまつもと犬が… 8月22日現在、そのアカウントでは、番組企画の一つとして開発された(?)不気味(笑)な『まつもと犬』 という松本人志の顔をした犬とAmazonプライム・ビデオで番組をスタートするというちょっとした告知しかなく、詳細は一切不明。 松本は『Amazonプライム・ビデオ』で、地上波では実現不可能だったきわどすぎる笑いで絶大な人気を博した Prime Original『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シリーズを作り上げた実績もあるが、今回はどんな番組を作るのだろうか? ドキュメンタルシリーズをすべて視聴した、筋金入りのドキュメンタルファンでもある記者が番組の内容を予想してみたぞ! 予想した内容は以下のとおりだ。 ①芸人が動物の気持ちになりきる斬新な動物番組 松本人志が選び抜いた、凄腕のお笑い芸人たちが動物の気持ちになりきり、ペットフードの食レポや、Amazonで売っている動物のおもちゃをテレビ通販番組のように紹介する斬新な動物番組。 松本人志が選び抜いた「笑いに精通した犬」たちがお互いに笑わせ合い、最後まで笑わなかった犬が優勝賞金の1000万円を獲得できる犬界の笑いの頂点を決める番組。 ほかの犬に発情したり、威嚇してもアウトなのでどれだけ野生の本能を抑えられるかも勝敗を決める重要な要素になる。 ③松本人志なのに笑い一切なしの心温まる動物番組 笑いの神・松本人志なのになぜか笑いを一切抜いた、心温まる感動満載の動物番組。なぜか潰れそうな動物園を立て直したり、松本人志が犬や猿を散歩して地域住民と触れ合うどこかで見たようだけどAmazonプライム・ビデオでは見たことがなさそうな内容になる。 https://pbs.twimg.com/amplify_video_thumb/1030294828045615104/img/WlCQRFI4WZxFQgqz.jpg:small ■新番組のヒントが隠された特番も これはあくまで記者の想像なので、まったく違う番組内容になる可能性はおおいにある。というか、松本人志なら。このまつもと犬のCM自体が壮大なフェイクである可能性だってある。謎は深まるばかりだ…。 ちなみに、正しい内容をシッカリ予想したい人は緊急特番『緊急特番 語るドキュメンタル &新企画発表スペシャル』(8月24日配信)と『新企画の全貌、ついに解禁』(9月配信)をチェックしよう。 ■日本お笑い界屈指の芸人が登場

Read more

【それアカン!】葬儀でアリアナの胸をお触りするセクハラ牧師の姿が全世界に拡散!

アリアナの胸を触るセクハラ牧師 8月31日、「ソウルの女王」の愛称で親しまれたアレサ・フランクリンの葬儀が、米デトロイトで執り行われた。 葬儀ではアリアナ・グランデやスティービー・ワンダーなど、多くの著名人がパフォーマンスを披露したが、あるシーンがSNSで流れるや否や、司会を務めた黒人牧師にセクハラ疑惑が浮上してしまったという。 早速そのシーンをご覧いただこう。 What was up with that pastors hand? pic.twitter.com/M8Ypgm7fQB — Trevor Noah (@Trevornoah) August 31, 2018 これ、完全アウトやんーっ!!! 司教のチャールズ・H・エリス3世が、パフォーマンスを終えたアリアナの肩…、いや、胸に手をまわし、まるで接着剤でひっついたかのように絶対にその右手を動かさないのである。 アリアナも体を不必要に動かし、どうにかその手を振り払おうとしているのだろうが、アリアナの胸から断固として動かない右手。 これはひどずぎる…。 牧師は謝罪するも、愛だと主張 今回の件を受けて、ネット上では#RespectAriana(アリアナに敬意を)というハッシュタグとともに、問題の写真が拡散され続けている。

Read more

【61年前】白人学生に迫害された黒人女学生の写真が最新技術によって色付けされる

よみがえる負の歴史 自殺対策に取り組む自殺総合対策推進センターの報告によると、通学適齢期の子供の自殺は、8月下旬~9月上旬の間に最も多くなるそうだ。 夏休みが終わり、学校が始まるのが憂鬱でしかたない学生達。彼らを悩ませる原因として最も典型的なのは、おそらく人間関係ではないだろうか。 程度の差こそあれ、ほとんどの人が当事者あるいは第三者として、「いじめ」の現場に出くわした事があるものだと思う。いじめのターゲットになるかどうかは予測しがたいことも多いが、時には明確に「理不尽な理由」で虐げられる例もある。 人種差別問題をいまだに抱えるアメリカでは、ほんの数十年前まで、白人学生による黒人学生への嫌がらせが当たり前のように行われていた。 これに関連して、東京大学教授で情報デザインの研究者・渡邉英徳さんのツイートが話題になっている。 61年前の今日。1957年9月4日,アメリカ史上初めて,オールホワイトの高校に進学した,15歳の黒人女性ドロシー・カウント。その後いじめ,嫌がらせ,脅迫に遭い,退学に追い込まれた。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。 pic.twitter.com/KQVs0UqLk6 — 渡邉英徳 (@hwtnv) September 3, 2018 1956年、アメリカ・ノースカロライナで、「ピアソールプラン」という、人種隔離をやめて黒人・白人ともに同じ学校で教育するという試みが始まった。その一環として、40人の黒人が白人学校へ転入することになった。 写真の女学生、ドロシー・カウンツさんはその40人の中の一人。正式な教育を受けられるようになったのは喜ばしいことなのだろうが、現場の環境は制度に全く追いついていなかったそうで、ドロシーさんは白人学生から迫害を受け、唾を吐かれることもあったという。結局、ドロシーさんの親はドロシーさんの身を案じ、学校を退学させた。 こちらが元の白黒写真。 pic.twitter.com/MzCoR2jdGi — 渡邉英徳 (@hwtnv) September 3, 2018 この写真は、高校の朝礼時のワンシーンを写したものだという。怪訝な表情で座るドロシーさんの隣には、誰もいない。

Read more

「G7で唯一の有色人種」 麻生太郎副総理兼財務相が発言

麻生太郎副総理兼財務相は5日、盛岡市で講演し「G7(先進7カ国)の国の中でわれわれは唯一の有色人種であり、アジア人で出ているのは日本だけ」と述べた。米国やドイツなどG7各国はさまざまな人種で構成されている。米国のオバマ前大統領もG7首脳会議に出席した。 自民党総裁選で安倍晋三首相を支援する会合での発言。麻生氏は長期政権となった安倍政権で日本の国際的地位が高まったと指摘し「世界からの関心が日本に集まっている」と強調した。 出典 www.sankei.com

Read more