子供に愛情チャージ出来ていますか?たった8秒で子供が幸せになる魔法の方法とは・・?

今、母親である立場の人は毎日が24時間では足りない!と思う方がほとんどではないでしょうか。家事に育児に仕事に…と全てをこなしているママにとっては、毎日過ぎる時間が本当に早いですよね。 私も5歳の息子を抱えてのフル稼働の毎日。忙しさにかまけて、そしてそれをつい言い訳にして「後でね」と「もうちょっと待ってね」が多くなっているような気がします。 物心ついた頃から「ママは忙しい」ということを悟った息子は、それを理解しようとしてくれるものの、やはりまだ5歳なので自分が甘えたい時にはわざと悪戯をして気を引こうとしたりします。 「寂しいんだな」と理解してあげられる余裕が無い時には、つい「忙しいのに、もう!」と怒ってしまいます。でも、こうした子育てでは子供に十分な愛情を注いでいるとは言えないようで、言ってしまった後で反省したり。 1979年にマザー・テレサがノーベル平和賞を受賞した時に「世界平和のために、私たちができることとは何でしょう?」と質問されたそう。すると彼女はこう答えました。 「家に帰ってあなたの家族を大切にしてあげてください。」 あなたは今、自分の家族を大切にしていると言えるでしょうか? 子供への愛情は足りていますか? そんな忙しいあなたにご紹介したいのは、たった8秒で子供への愛情がチャージ出来る魔法の方法です。 たった8秒で・・? 一体どんな方法なんでしょう?? あなたは、毎日お子さんを抱っこしていますか?最近、育児専門家の間で推奨されている「8秒抱っこ」。 1日たったの8秒で、子供の愛情不足が補えるというのです。 この8秒というのは「大人の深呼吸の1回分の時間」と言われています。試しにやってみると確かに深く息を吸い込んでから吐き出すまで8秒~10秒ほど。この時間が「人が十分だという満足感を感じる時間」なのだそうです。 子供にでも大人同士でも、ギュッと抱き合うことによって愛情ホルモンのオキシトシンが分泌され、リラックスしたりストレスを解消したりする効果があると言われています。このオキシトシンはたった数分のスキンシップでも分泌され持続性が高いために、まさに「量」より「質」の抱っこは大切ということになるのです。 欧米では、子供が生まれた瞬間母親とのスキンシップを薦められます。「skin to skin」と言って肌と肌で触れ合うコミュニケーションを、赤ちゃんがこの世に出た瞬間から始めることでスキンシップの大切さを赤ちゃんにも教えるのです。これは「カンガルーケア」と呼ばれることでも知られています。 そしてもちろん、赤ちゃんだけでなくママにもスキンシップのメリットはたくさん。抱っこをすることで何が得られるかということをL.Aの子供病院の医師は伝えています。 Creating a healthy sense of personal

Read more

石原慎太郎「日本の社会全体がくだらなくなった。政治もメディアもモリカケ問題って…」

石原慎太郎元都知事がTV番組に出演し「今の日本に足りないもの」というテーマで社会が抱える問題の本質に切り込んだ。 主張は2つ。 (1)重要でないことにこだわって大切なことがないがしろにされている。 石原慎太郎氏「日本の社会全体が非常にくだらなくなった。政治がくだらない。メディアがくだらない。話題にすることがちゃちなことばかり。何が大切かってことを分からない。大切なことについて考えようとしない。モリカケ問題に終始して、政治が渦を巻いて人心が倦んでるのに当事者たちは知らない」 pic.twitter.com/V8ekVYAXhn — 雨雲🌧 (@N74580626) October 3, 2018 以下、要約。 今の政治もマスコミもどうでもいいようなことを大々的に取り上げ、何が大切なのかを理解していない。これは恐ろしい兆候だと思う。具体的にはモリカケ問題が分かりやすいだろう。もはや日本国民は政治やマスコミに対する信頼をなくしつつあるのに、当事者たちは気づいていない。 (2)在留外国人が増えることで日本の良さがなくなりつつある。 【増え続ける在留外国人】石原慎太郎「池袋にいるヤ〇ザが中国人のチンピラに財布とられたって。都庁の展望台、中国人が並ばないので怒鳴りつけたら並ぶようになった。こういう現象が日本社会に普遍していくと、日本の規律・礼儀正しさ、秩序が乱れてきて日本人の精神性が歪んでくる怖さ」 pic.twitter.com/XFxYj8TvbR — ちぢれ麺 (@chidiremen11) October 3, 2018 在留外国人が多い池袋は今や夜中に出歩くのも危険な街になってしまった。このままだと下手すると日本中に広がってしまう。中国人はとにかくルールを守らず、石原慎太郎氏も直接怒鳴りつけたことがある。日本の社会全体がこうなっていくと規律や礼儀正しさなど日本の良さがなくなっていく。これからの日本についてそんなことを懸念している。 この動画はネット上で拡散され、多くの人が同意していた。一つ目の「政治がくだらない」の部分は「野党がくだらない」と解釈してもいいだろう。とにかく打倒安倍政権を掲げ、しょうもない揚げ足取りばかりしている。国民のための政治はどこにいったのか。 

Read more

奇抜な髪の毛の色のせいで侮辱された看護師が発言する

アメリカのウエストバージニア州に住む若い看護師、マリー・ウォールズ・ペニーは、アルツハイマーなどの認知症を持つ患者の看護をしています。 ある日の終業後、彼女がスーパーでレジに並んでいたときのことです。彼女の順番になると、レジ係がマリーのブラウスに縫ってある病院のロゴと名札に気がつきました。レジ係はマリーにどんな仕事をしているのかと尋ねられ、「看護師よ」とマリーは答えました。レジ係はこれにショックを受けました。それは、マリーは髪の毛を虹色に染めていたからです。タトゥーもしていて、ピアスもはっきりと見えます。 Posted by Mary Walls Penney on Saturday, December 2, 2017 「そんな格好で働けるなんてびっくりだわ。患者さんはその髪の毛をどう思っていると思うの?」驚いた様子のレジ係はさらに、マリーの後ろに並んでいた高齢の女性に尋ね始めました。「この人の髪の毛どう思います?」その女性は丁寧な言葉で、別に構わないけれども好みではないと答えました。レジ係はさらに「看護施設がこんな人を働かせているなんてショックだ」と大声で言って騒ぎ立てたそうでうす。 I added some short layers to my hurr and got that rainbow highlighter

Read more

ジョーク : 天国か地獄か、政治家の選択 悪魔が政治家にこれを言ったとき、彼は首を横に振ることしかできなかった。彼には分かり過ぎたことだった。

天国か地獄か?もし選ぶことができればほとんどの人は天国を希望するでしょう。選択のチャンスを与えられたこの政治家は決定は正しかったのでしょうか? ある日、ある有名なキリスト教徒の政治家が事務所で仕事中に心臓発作を起こし亡くなりました。彼の魂は体を離れ、天へと昇り天国の門(天国には真珠でできた12の門があるという言い伝えから)にたどり着き、そこで門の番人の聖ペテロに会いました。 聖ペテロは言いました。 「天国へようこそ。扉を開いてお前の天国行きを許可する前に、いくつかのことを明らかにしなければならない。有名人は毎日ここに昇って来るわけではないから、正直どうすればいいのかよくわからないのだ」 「ただ中にいれてくれればいいじゃないですか?」 政治家の問いかけに、聖ペテロは答えます。 「いや、ダメだ。お前の場合、そんな単純な問題ではないのだ。試しに1日天国で、もう1日を地獄で過ごしてみるがよい。それから永遠に過ごしたい場所を選ぶがよい」 聖ペテロは政治家を地獄の底に連れて行きました。聖ペテロが地獄の門を開けると、豪華なクラブハウス付きの美しいゴルフコースに政治家は目を見張りました。辺りを見渡すと、政治家の既に亡くなった旧友たちが悪魔とつるんでいます。皆楽しそうに笑っており、政治家に気づくと彼らは輪に加わるように手招きしました。 まるで古き良き日々に戻ったかのようでした。午後はゴルフをして過ごし、クラブハウスに戻ると、ロブスターやキャビア、シャンパンの素晴らしいご馳走が待っていました。舌鼓を打った後で、今度はビキニ姿の華やかな美女たちも加わり、お楽しみは続きます。始終、悪魔は満面の笑みでニヤニヤしながら素晴らしく機知に富んだ話術で場を盛り上げていました。 そして1日が終わり、聖ペテロは政治家を迎えに来ました。 「これが地獄だ。次は天国で1日過ごす番だ」 政治家は次の24時間を光るガウンに身を包み、何千もの天国の住人と同様に雲に腰掛けてハープを奏でて過ごしました。政治家は充足感に満たされ、他の住人たちも満足げな様子でした。日がな一日、天国の住人はひたすら「幸福感に満ち」た状態で腰を下ろし、ハープを奏で続けるのでした。 ようやく政治家の天国での1日が終わりました。聖ペテロは政治家に近づき、決断を促しました。 「ええと、まさかこうなるとは思わなかったけど、地獄で永遠に過ごしたいです。あそこの方が私には向いていると思うんで」 と、政治家は答えました。 聖ペテロは政治家を地獄の底に連れて行き、別れを告げました。地獄の門が開くと、政治家は目の前に限りなく広がるゴミ山に衝撃を受けました。旧友たちは皆、激しく汗を滴らせ、高く積み上げられた燻るゴミ山に積み重ねられています。悪魔は邪悪な笑みを浮かべながら政治家に近づきました。 「どういうことだ。昨日は何もかも快適で完璧だったじゃないか。それが今は全てただの臭いゴミ山じゃないか」 政治家は詰め寄ります。 悪魔は政治家をじっと見据え、こう言いました。 「もちろん。昨日は選挙キャンペーンだったんでね。そして今日からが投票後の現実の始まりだ!」

Read more

【オチで腹筋崩壊】悪魔にとりつかれたヤバい男が地下鉄でギターライブをしまくり車内が凍りつく!→かと思いきや・・・

オチまで必見 海外の地下鉄では時折、楽器演奏などのパフォーマンスが黙認されていることがある。 とても上手で拍手喝采を受けるものあるが、聞くに堪えない腕前だったりすると・・・ちょっと気まずい雰囲気になりがち。 今回紹介するストリートパフォーマーも、あまりにもクレイジーすぎて明らかに他の乗客が「こいつヤバい奴やん・・・」と引いていた。 しかし、最後の瞬間に凍りついた空気はひっくり返る。早速ご覧いただこう! 頭を壁に叩きつけシャウトする姿は完全に悪魔にとりつかれている・・・。陽気な曲を超高速で演奏しているが、周りの人たちは完全無視。 ・・・と思いきや、突然マナーが良くなり背筋を伸ばして立っているではないか!!ええーーっさっきまでのお前はどこにいったんだ~~!! このつっこみどころ満載の人物は、チリの首都サンティアゴのアーティスト、ラファエル・ブードゥ。 ヤバい人になりきった後→我に返るという芸で人気を集め、2018年現在も活動中である。テレビにも何度も取り上げられたことがあり、アーティストとして高い実力を誇っているようだ。 あなたもサンティアゴへ遊びに行ったら、是非地下鉄に乗ってみてほしい。もしかしたらブードゥに会えるかもしれない。 

Read more

ネットで「凄い、凄すぎ」と大反響の動画。パッと見では分からず何回か見てやっと理解できるこの動画・・あなたはこの凄さが分かりますか?

今Twitter上である動画がものすごく話題になっています。 凄い凄いっていうから、どれだけ凄いのかと思い見ていたら、何が凄いか全く理解できず、2度3度と見返すうちに・・「あーっっっ!!」ってなっちゃいます。 理解できた時、マジで鳥肌が立ちます・・ さてあなたは何回目で理解できるでしょうか? これ、何回見てもその凄さがわからんという人も沢山いらっしゃるかと思います。そんくらい凄いです。 pic.twitter.com/bPZzcukAMj — Anthr (@Anthr2) September 28, 2018 Twitterでの反応は・・? 最初、上部が画面からはみ出してみていたら、ああ、台風前のイネを映しているのか、刈るの大変だよねって見ていたら、おいさんが筆もって草にちょこちょこ。何やってんだかと思った瞬間気が付いて全画面でみて驚愕しマスタ。 — コレリン/Collection Linker (@1192ponta) September 29, 2018 凄すぎて分からないってこういうことなんですね — 都槻 郁稀(トツキユウキ)/楡

Read more

【マフィアの仕業か!?】メキシコの観光地に、街灯へ括り付けられる全裸の男性が続出中!

電信柱に身ぐるみ剥がされた男性が・・・ メキシコはマフィアやギャングだらけの危険なイメージが浮かぶが、時に創作物を超えるほどの恐ろしい事件が起こる。 9月の第5週、メキシコ中西部のリゾート地プエルト・バヤルタにて、暴行を受けた男性が、全裸で街灯に括り付けられている状態で次々と発見された。 通報を受けた警察官が駆けつけ事情を聴くも、被害者の男性らは誤魔化すばかりで、理由を話そうとしないのだという。 Posted by Vallarta Independiente on Thursday, September 27, 2018 最初の男性が見つかったのは9月25日の朝のこと。この日の朝9時ごろから翌日の深夜1時ごろまでに、4名の男性が縛られた状態で発見された。 更にその内1人は尻の部分に大きな傷を負っており、後頭部の髪の毛が刈り取られ「R」の文字が書かれていた。激しい暴行を受けていたことが伺える。 地元の警察当局が捜査を続けると、26日の水曜日の午後11時からその日の深夜にかけて、同様にくくられていた男性6人が発見された。 その後の取り調べで、男性らは「理由もなく家から連れ出され、農場で暴行を受けた」「覚えていない」「強盗にあった」などと話しているという。 誰が彼らにこのような罰を与えたかは明らかになっておらず、警察と地元メディアの間では様々な憶測が飛び交っている。 その推測の一つが、後頭部に刻まれた”R”の文字が、強盗を示しているのではないかという説。ネズミを意味する”Rat”や、泥棒を意味する”Rob”にはRを刻むことによって、本人への罰と見せしめとして行われた可能性がある。 また、事件現場のプエルト・バヤルタはメキシコ屈指の麻薬カルテルの拠点でもある。そのため、男性たちは報復攻撃を受けたのではないかという説も浮上している。 警察の捜査は難航しており、他にも同様の被害者が現れる可能性もあるとのこと。外国人観光客が多い街である以上、早期の解決が望まれる。  

Read more

【炎上】クロネコヤマトは冷凍品も常温で放置。現場が怒りの内部リーク

クロネコヤマト(ヤマト運輸)で働く人物が現場がとんでもないことになっており、明らかなブラック企業だとTwitterで告発した。すでに「懲戒覚悟」と宣言しており、決意は固いものと思われる。 告発したのは「Kuroneko-Black@KuronekoBlack2」というアカウント。 アカウントの取得日は2018年9月になっており、投稿は5つの告発ツイートのみ。今回の内部リークのためだけに取得したアカウントということだ。 以下、内部リークを簡潔にまとめてみた。 ・冷蔵・冷凍の品でも常温で放置するのでヤマト運輸に依頼してはいけない ・ヤマト運輸は慢性的な人手不足 ・荷物量に対して人員が足りていない ・現場ではベルトコンベアで流れてくる荷物を配送BOXに入れる作業が滞っている ・ベルトコンベアに乗り切らなくなったら地べたに置いたり、高く積んだりする ・当然、落下することもある ・BOXをトラックに運ぶときは何百キロもあるBOXを人力で引っ張る ・何往復もするのでまるで奴隷労働のよう ・下請け配送トラックのドライバーにも手伝わせる 本来であればベルトコンベアでダンボールが一つずつ流れてくるのが正常な状態だろうに、写真ではもはやベルトコンベアが機能しない状態になっていることが分かる。 何度も炎上している佐川急便に比べてヤマト運輸はホワイトなイメージがあったのだが、実際には運営体制に問題があるということか。ただし告発者は最後に「現場の社員、契約社員、パート、アルバイトは最善を尽くして懸命に頑張っている」とコメントし、問題が上層部にあることを示した。 仕事を引き受けすぎということだから、人員に対して引き受ける量を制限するルールをつくってはどうか。冷凍品も常温で放置されるというのはあまりにも酷い。 【追記】 写真上部を見返すと複数の監視カメラが確認できる。大丈夫だろうか…。  

Read more

【お尻からひっこぬけ!】微妙にブサイクな猫のティッシュケースがナウオンセール!

ぷりっと出したおシリから・・・・ インテリアのこだわりはティッシュケースにも現れる。おしゃれなケースはもちろん、毎日楽しく使えちゃうケースはいかがだろうか? 鼻がむずむずして苦しい時も、悲しいことがあって泣きたい時も・・・このケースからティッシュをとれば、きっと気分は上向きになるはず。 それがコレだっ!! そう、ネコちゃんのお尻からティッシュをひっこぬけるケースである!! この微妙に可愛くないネコのケースは、「ネコ尻ティッシュホルダー」という名前で販売されている商品。世界の珍妙グッズを紹介するメディア”Odditymall”で人気を集めている。 レジン製で、大きさは約30センチ×22センチで、リアルなネコちゃんと大体同じ大きさ。飼い猫の隣に置いておいたら、きっと「こいつ・・・ケツから白いのでてるやないかい・・・」とびっくりするに違いない。 茶トラバージョンの他にも白黒ブチバージョンも売られており、アマゾンで3966円(34.94米ドル)で販売中だ。微妙に高いッ! 発売されるや否や、「母ちゃんがこれくれた。…意味がわからない…」「うちのネコに似てるわ。いつもこんな格好でこんな顔してる。でもうちのネコは鼻をかんだり泣いたりしてもティッシュはくれない。」「ネコ『俺のウンコで涙を拭けよ』」といった様々なコメントが寄せられていた。 ネコ好きにはたまらない商品である。お気に召した方は、ぜひ下のアマゾンのリンクからお買い求めいただきたい。 

Read more

【6秒動画】魔法の力っぽいワイヤレス充電器がすごい

悪魔召還プログラムっぽい 少し前までは、携帯を充電するとなると、機器とコンセントをケーブルで直接つながなければならなかった。しかし最近では、置くだけで充電ができる電磁誘導型のワイヤレス充電器もよく見かけるようになってきた。 そこに置くだけで充電が完了するというのは、便利すぎてそれだけで魔法のような道具なのだが、そんなワイヤレス充電器の「魔法っぽさ」をさらに強調するアイテムが現れた。その名も「魔方陣充電器」。 魔法の力に見えるワイヤレス充電器をつくりました #6秒商店 pic.twitter.com/JhVxLd2B0W — 6秒商店/6secShop@CHOCOLATE (@6sec_shop) September 28, 2018 なんか召還されそう この動画を公開したのは、6秒商店(@6sec_shop)というアカウント。「6秒で欲しくなる雑貨専門店」というコンセプトで風変わりな映像をいくつか公開していて、運営しているのはCHOCOLATE inc.というコンテンツ制作会社である。 実際に販売されているわけではないが、コメント欄では「欲しい」の嵐が巻き起こっていた。たった6秒の動画でここまで人の購買意欲を掻き立てるとは、コンテンツ産業恐るべしである。 

Read more