【えぇ…】電車で足を広げて座る男性の股間に漂白剤をかける女性活動家の動画が大炎上

さすがにやり過ぎな行為 世の中には電車で足を広げて座る人が少なくないが、「迷惑」と思う人が男女問わずほとんど。海外ではこうした行為は「マンスプレッティング」と呼ばれているという。 とはいえ、今回紹介する女性活動家の行動はやり過ぎだろう。なんと、足を広げて座っている男性の股間に液体をかけるというものである。 この動画が公開されると、ロシア国内では瞬く間に議論が湧き、大炎上に至ったのである。 こちらがその動画だ。5.6万件もの低評価がついている。 映像を公開したのは、ロシア・モスクワで女性の権利向上活動をしているアンナ・ドブガリュク。 昨年10月にも、人が行きかう駅でスカートをめくって下着を見せるという試みを行い、物議をかもした人物である。 前回の試みは盗撮魔に対するメッセージだったが、今回のターゲットは電車内で足を広げて座る男性である。 地下鉄内でかけているのは、水で薄めた漂白剤。もちろんかけられた側は激怒し、周辺の乗客たちも困惑した表情を見せている。 言うまでもなく、動画には批判が殺到し、「これはただの犯罪。」「活動家じゃない、テロリストだ。」といったコメントが多数寄せられていた。 あまりにおかしな動画であるがために、地元のニュースサイトでは「これはフェイクで、実際にはフェミニズムを批判するために俳優を雇ってやったのではないか。」という形で取り上げられていた。 これに対しドブガリュクは「私の起こした行動は本物です。人々が白抜きされたジーンズを警察に届け出たりするとは思いませんけどね。」と答えているという。 もしこの活動を日本で行えば、暴行罪が適用される。「マンスプレッティング」が迷惑な行為であるとはいえ、彼女の行為は許されないだろう。 ・・・というか、荷物を広げて座る女性もいるし、性別問わずマナーを守らない客は迷惑だ。女性の権利うんぬんの話じゃない気がするのは、筆者だけではないだろう。  

Read more

手に黒い点を書き、被害を無言で訴える「ブラックドットキャンペーン」

絶望的な状況にいた女性はある日、ネットで少し変わった運動について知りました。半信半疑ながらも、女性はこの写真を撮ってソーシャルワーカー宛に送りました。 すると次の日、玄関先に警察が現れます。彼らはためらうことなく、女性の夫をその場で逮捕しました。 女性には、4人の子供がいます。その子供たちの父親であり、人生のパートナーであるはずの夫から、女性は殴られるなどのDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けていました。 長い苦しみに終止符を打つきっかけとなったのは、あるイギリス人女性が始めた運動でした。自らがDV体験者である運動の創設者の女性は、DV被害者が無言でも誰かに助けを求める事ができる画期的な方法を思いついたのです。 DV被害者が手のひらに小さな黒い点を描くことで、1. 緊急時や危険な状態にいる時に周りに無言で被害にあっていることを訴えることができる、2. 助けを必要としているのに声をあげられない犠牲者に周りが気づくことができる、というもの。 迅速な警察への通報などによって最悪の状況を回避し、被害者たちのDVからの解放を目的としています。 DV被害者の多くは、恐怖から助けを求めることすらできない状況に場合があります。自分や子供達をさらなる危険さらすのではないかという恐怖感が妨げになっている場合や、世間の目や体裁を気にして通報出来ないという現実もあります。 「ブラックドットキャンペーン」と名付けられたこの運動を始めたイギリス人女性は、運動の創設にあたって匿名で、「多くの人は助けを求められる相手を持っていません。無言のまま苦しんでいるのです」と切実に訴えました。 「End the silence of domestic violence (声なきDV被害を無くそう)」 この運動を通じて暴力夫から無事解放された女性は、こう語っています。 「何千回も感謝の気持ちを伝えたいです!手のひらに描いた小さな点が、私の人生を救ってくれました!」 このシンプルかつ効果的な方法は、今世界中に広がり始めています。その中には女性だけでなく多くの男性DV被害者も含まれているそうです。 実に世界の女性4人のうち1人が人生の内で一度はDV被害を受けると言われています。その内の60%のケースは家庭内で発生します。これは目を背けてはいけない恐ろしい事実です。 この話を友達とシェアして、この静かなる運動を広めましょう!ストップDV! 

Read more

【ひょっこりはん】家に帰りたくないワンコの必死のかくれんぼが可愛すぎる!

ワンコの可愛すぎるかくれんぼ さあ、十分遊んだだろ。そろそろ家の中へ入ろうか。 そう思う飼い主さんとは裏腹に、ワンコはまだまだ遊びたいはず。 絶対家の中に入るもんかっ!と必死の抵抗をする、そんな可愛い動画をご覧いただこう。 「ターシャ、どこにいるんだい?」 ドアを開けて庭を見渡してもターシャの姿はどこにもない。 が、ドアを閉めた瞬間、植木鉢の後ろからひょっこり。 しかし、再びドアをあけてターシャを探すが、あれ…? が、ドアを閉めた瞬間、またまた植木鉢の後ろからひょっこり。 これには思わず笑いが込み上げてくる飼い主さん。こんな可愛い抵抗をされてしまうと何十回でも繰り返して探すふりをしてしまいますね。 

Read more

【ネットの力】ひき逃げした車の破片をネットに投稿したところ…一瞬で解決する!

インターネットの世界は広い。どこで誰が見ているかわからない。何気ない写真から自分の住んでいる場所が特定されたりする。 しかし、ものは使いよう。先日、インターネットによってある事件が一瞬で解決したと話題になっている。 手がかりの少ないひき逃げ事件 先日、アメリカ・ワシントンの警察がある写真をツイッター上で公開した。 The roadway is open SR7/320th. Troopers and detectives are still looking for a black vehicle believed to be involved in this

Read more

学会が動く世紀の大発見?猫は鏡に写った自分を自分と認識できる(証拠動画あり)

猫は鏡に写った自分を自分だと認識できるのだろうか?1本の賢い猫の動画が世界中で注目を集めている。 完全に自分の耳だと認識している。 何かと思ったら自分の耳だった pic.twitter.com/T77oxCSDnj — netgeek (@netgeek_0915) September 26, 2018 ベッドの上を歩いていた猫はふと鏡にとんがったものがあるのを見つける。移動するととんがったものも移動し、ひょいと顔をあげて覗くと自分の顔が…。物体の正体が自分の耳だと確認するために前足で触る。 ▼猫(なんじゃあれ?) ▼猫(あ、自分の耳か) この動画は、非常に可愛らしい動画として拡散された。その後、これは猫も自分自身を認識できる証拠であり、動物学会も驚く衝撃映像なのだという指摘が寄せられた。 ……え?あれ? 世紀の大発見ですよねこれ!自分の知る限り「猫はミラーテスト突破しない(鏡のものを自分だと認知しない)」が動物学会の定説のはず。だから、猫は知能が低いとされてきた。 ずっとそれを訝しんでたが……これ、明らかに突破してますよね完全に自己認知してる。やっぱ猫賢いじゃん — こぴーらいたー@風倉&アマ作家 (@kazakura_22) September 27, 2018 いやこれ、本気で冗談抜きで、学会が動く動画では? 前から言われてはいたんですよ。「猫が反応しないやり方でテストしてるだけでは?」みたいな。だから、ミラーテスト基準で、知能決めるのはおかしいみたいな。 しかし、これを見る限り、ミラーテストを明らかに突破しています

Read more

大学生4人が、画期的な対レイプ・ツールを開発

欧米でレイプドラッグとして知られるフルニトラゼパムは、ヨーロッパでは処方箋があれば買えますがアメリカでは認可されていません。しかし、今でもブラックマーケットが存在し、被害者が出ています。そこでノースカロライナ大学の生徒たちが、薬物を使った悪質なレイプ手口と、その被害を少なくしようと研究を始めました。 大学の研究の一環として、彼らが開発したのは、マニキュア。 レイプドラッグはバーなどでアルコール飲料に混ぜられることがほとんどなので、薬に反応する特別なマニキュアを開発し、指をドリンクに入れることでチェックできれば被害も防げるのではと考えたのです。 爪に塗られたマニキュアが薬物に反応し色が変わったら、飲み物には薬が混入されているサインです。 「アンダーカバー・カラー」と名付けられたマニキュアの開発の様子は、ウェブサイトで公開されています。男性も使いやすいようにクリアのバージョンも開発中なのだとか。 まだ、レイプドラッグとして知られる数種類の薬物しか検出できませんが、市販バージョンは多くの薬に対応できるように開発をさらに進めています。 薬を検知すると数秒で変化が出ます。このように色が変わったらさりげなくその場を去り、警察に通報しましょう。 日本では欧米ほど薬物を混入する手口は使われていませんが、気をつけるに越したことはありません。また海外旅行などでバーなどに行った時は自分のドリンクから目を離さないようにし、移動の際はグラスを手でカバーするなどの対策をとりましょう。 

Read more

【感動】突然失明し塞ぎ込む妻のために、 夫が何年もかけて造ってきたものとは・・?

黒木夫妻は昭和31年(1956年)にお見合い結婚しました。 畑作での生活は収入が少なく、苦しかったものの、明るくおしゃべり好きな靖子さんのおかげで小さな家庭には笑顔が絶えなかったといいます。 やがて3人の子どもに恵まれた夫婦は、乳製品の需要が高まった時代の流れと共に畑作から酪農へと切り替えます。 しかし、家族で営む酪農はかなりの重労働で、朝2時に起きての掃除、餌やり、乳搾り、飼料づくり… 365日、休みはありませんでした。 旅行に行く暇などない働き詰めの生活は20年続きました。 そんな中でも互いを支え合いながら営んできた結果、乳牛60頭を養うまでになり、子どもたちも立派に成長して巣立っていきました。 結婚30年目を迎え、やっと夫婦の時間を持つことが出来た黒木夫妻の夢は「日本一周旅行」。 いつか仕事をやめたら全国各地の名所を回ろうと、何年も前から2人でこつこつとお金を積み立てていました。 これは長年愚痴ひとつこぼさず働いてきてくれた妻に対する、夫の約束でもあったのです。 しかし、予想していなかった悲劇が… ある日突然、靖子さんは目の不調を訴えます。 敏幸さんは妻をすぐに眼科へ連れていきましたが、原因は不明。 しかし、それからわずか1週間後、靖子さんの目は完全に見えなくなってしまったのです。 緊急入院した宮崎市内の病院で、糖尿病の合併症という診断を受けました。 靖子さんは当時52歳。 それまで活発な毎日を送ってきた靖子さんにとって失明のショックは大きく、口数も、笑顔を見せることも減ってしまいました。 妻の失明は同時に、夫婦2人で築いてきた酪農を手放さなければならないことを意味していました。 乳牛60頭を敏幸さん1人で世話するのは困難でした。 働き詰めで体を顧みてやる余裕もなかった妻の失明、酪農の閉鎖… そして旅行の約束も果たせなくなってしまった敏幸さんは、不甲斐ない気持ちでいっぱいだったそうです。 敏幸さんは妻を出来る限り元気づけようとしましたが、靖子さんは、退院した後もすっかり家に閉じこもるようになってしまいました。 生きる気力まで失ってしまったような状態で、暗闇の中、落ち込み、退屈そうに暮らす妻。 敏幸さんは、励まし方が分からずに悩んでいました。 靖子さんの退院から翌年の春、敏幸さんは、庭のみかんの土止めのために植えたシバザクラに人が集まってくることに気がつきました。

Read more

【普通にアブねぇ】台風が来たらコイツも来るぞォ!パンツ一丁で嵐を全力歓迎するフロリダ野郎が大人気!

警察に注意されても無視 世界中で台風が猛威を振るう昨今。米フロリダ州にはハリケーン・フローレンスが襲来していたが、避難命令が発せられる中、とんでもないおバカが登場した。 パンツ一丁で星条旗片手に外に飛び出し、全力ヘドバンしながら台風を大歓迎する男である! 暴風雨の中、髪を振り乱す姿はまさにROCK!デスメタルのBGMと共に彼の姿をご覧あれ!! キケンな嵐を全身に浴びながら、命がけの全力お出迎え! 彼の正体は、デスメタルを愛好するYoutuberレーン・ピットマン。今回、ハリケーン・フローレンスが直撃したサウスカロライナ州マートルビーチに裸同然で駆けつけた。 もちろん、非常に危険なのは言うまでもない。警察に何回か注意されているとのことだが、毎回無視して強行しているという。台風がやってきたらいてもたってもいられなくなるのだろう。 BGMは毎回、メタルバンド”スレイヤー”の「レイニング・ブラッド」。 2017年8月のハリケーン・イルマの襲来時には、プロの映像作家と協力して特別映像を作成。普通にカッコいいのが悔しくなってくる。 これまでにも(※警察にお世話になっているところを)テレビで放映されたり、SNSで話題になったことで人気沸騰。 Youtubeのコメント欄には、「おもろい!怪我するなよ!」「こいつはアメリカの誇りだけで台風に勝とうとしている。そして勝った…」といった面白がるコメントが多数書き込まれていた。 なんだかんだ言って彼には憎めないところがある。これからも安全に気を付け、台風と戦ってほしい。とはいえ、絶対に真似しないでほしい。 

Read more

【ヒーロー】ハリケーンで逃げられなくなったイヌを救助したボランティアが世界中で賞賛される!

先日、アメリカを襲ったハリケーン「フローレンス」。edamame.でも救助活動後の疲れきった隊員たちや大げさすぎるレポーターなどのニュースを紹介してきた。 そして現在、そんな災害で活躍したボランティアが世界中で賞賛されている。 逃げられなくなった6匹のイヌ ハリケーンの被害が大きかった州の1つ、ノースカロライナ州。州内の各地で洪水状態となり、水位がひざ上を越える場所もあった。 そんな中、救助活動にあたっていたボランティアが見つけたのは、6匹のイヌだった。 飼い主は自分の身を守ることで手一杯だったのだろうか、鍵のかけられた小屋のような場所に閉じ込められたままのイヌたちは自分たちで逃げだすことができないようだ。 そのイヌたちを救助した際の動画が残されている。 Rescued six dogs in Leland, NC, after the owner LEFT THEM locked in an outdoor cage that filled

Read more

【PACIIC】香港の航空会社キャセイパシフィックが自社の航空機に盛大にスペルミス!!

キャセイ・パシ・・・ 9月上旬、香港の航空会社・キャセイパシフィックの航空機が香港国際空港に到着したところ、大きな注目を浴びることとなった。なぜなら、会社名から思いっきり「F」が抜けていたからだ。 こんなミスはこれまでに一度もない。そんなレアな機体がコチラだ! Oops this special livery won’t last long! She’s going back to the shop!(Source: HKADB) pic.twitter.com/20SRQpKXET — Cathay Pacific (@cathaypacific) September 19, 2018

Read more