慈しみの連鎖が広がる、感動のストーリー

これは、アメリカのジョニー・バーネットというカントリーシンガーが書いた物語です。日本とは文化が違うアメリカ発の物語ですが、良さは私たちにも伝わってきます。 ある冬の日の夕方、車に乗っていた男性が道路脇でひとり佇んでいる年配の女性を見かけました。女性は困っている様子で男性は女性の車の前に停車し、事情を聞いてみることにしました。どうやら女性の乗っている年代物のフォードの調子が悪いようでした。 男性は笑顔で女性に声を掛けましたが、女性は警戒していました。 車が止まってしまってから1時間、声を掛けてきたのは強面で薄汚れてた格好をしたこの男性だけでした。強盗されてしまう可能性だってある、そんな不安が脳裏をかすめたのでしょう。薄暗くなり始めた寒い冬の夕暮れ時、より不安が増してしまうのも無理はありません。男性には女性の心情がよく分かりました。 「おばあさん、大丈夫です。中の方が暖いから僕の車に乗って休んでいてください。あと、僕はブライアン・アンダーソンと言います」男性は言いました。 車が止まってしまった原因は、タイヤのパンクでした。しかし、高齢の女性一人ではタイヤの交換は困難な作業です。ブライアンは女性の車の下に入り、ジャッキを取り付ける場所を探し、早速作業にとりかかりました。 その後間もなくしてタイヤの交換が終わります。ブライアンの服はさらに汚れ、こぶしには擦り傷をつくっていました。 ブライアンがタイヤのボルトを締めていると、女性が窓をおろして彼に話し始めました。女性はセントルイスからの途中で、感謝しきれないとブライアンに伝えました。ブライアンは微笑んで車のトランクを閉めました。 女性はブライアンにいくら払えばいいか、と聞きました。どんな額でも払うつもりでした。しかし、ブライアンはお金のことなど全く考えていなかったのです。 彼にとってこれは仕事ではなかったからです。過去に多くの人に助けられたこともあり、困った人を見かけたら必ず助けるようにしてきました。ブライアンは女性に、そのお金はに誰か困っている人にあげて下さいと伝え、「私のことは、思い出してくれるだけで十分です」と加えました。 ブライアンは女性の車が去るのを待ってから家路につきました。その日は寒くて滅入るような日でしたが、彼は何だか良い気分でした。 女性が数マイルさらに運転すると、そこには小さなカフェがありました。残りの距離を乗り切るためにはエネルギーが必要です。休憩も兼ねて女性は軽く食事をとることにしました。外にガソリンのポンプが2台設置された、廃れた感じのレストランで、とても繁盛はしているようには見えませんでした。 レストランに入ると、女性の濡れた髪に気づいたウエイトレスが綺麗なタオルを持ってきてくれました。丸一日立ちっぱなしで働いていても消えることのない、優しい笑顔を持ったウエイトレスでした。 女性はすぐに、そのウエイトレスの女性が妊娠していることに気づきます。8ヶ月くらいでしょうか。大きなお腹を抱えていれば感じるであろう疲れや体の痛みも、顔や態度に出すことありませんでした。女性は、何故彼女がこんなに人に優しく笑顔でいられるのかと考え、ふとブライアンのことを思い出しました。 食事を終えた女性は、代金を100ドル紙幣で支払いました。しかし、ウエイトレスの女性がお釣りを取りに行っている間に女性は店を後にしました。ウエイトレスの女性は、女性が座っていたテーブルに置かれたナプキンに何かが書かれていることに気づきます。そこに綴られたメッセージを読んだ彼女の目に、涙が溢れてきました。 「気持ちです。私もいつだったか、こうやって助けられたことがあります。もしお返しがしたかったら、この慈しみの連鎖を途切れさせないでください」 ナプキンの下には、さらに100ドル札4枚が残されていました。 女性はテーブルを片付け、他のお客さんに食事を出し、やがて1日を終えて家に帰りました。その晩、ベッドの中であのお金と女性からのメッセージについて考えました。女性はどうして私の家族がお金を必要としていることが分かったのだろうと。 彼女は横に寝ていた夫の額に軽くキスして囁きました。 「どうにかなるから大丈夫よ。愛してるわ、ブライアン・アンダーソン」 「慈しみの連鎖」つないでみませんか? 

Read more

【なんだこれ】指名手配犯と警察がSNSのコメント欄でやりとりする前代未聞な展開に!

アメリカでたびたび話題にのぼる警察のSNS。 その多くは一風変わったマグショットだったり、とんでもない犯人の似顔絵だったりするのだが、今回の珍事はそのコメント欄で起きたという。 指名手配犯からコメントが! 11月29日、米ワシントン州のリッチランド警察の公式Facebookページでこのような投稿がされた。 Wanted Wednesday! Anthony Akers (38) is wanted by the Department of Corrections for Failure to Comply. If you have any information

Read more

マスクやうがいよりも効果的…医師がすすめるインフルエンザの予防はお茶か水だけで出来る

インフルエンザが猛威を振るう季節です。皆さんも予防接種を受けたり、出かける時必ずマスクを着用するなど、対策に勤しんでいるかもしれません。 しかしインフルエンザの感染力はとても強く、努力してもなかなか防げないのが実情です。 【日本人はなぜマスクをするのか】おはようございます! SAATSの林です^^先週末初めて日本にイギリスからやってきたゲスト、Ericさんと彼女さんとで食事に行ってきました。その際に、What do you feel… Posted by Kazuma Hayashi on Tuesday, April 11, 2017 そんな中、意外と知られていないインフルエンザの予防法がネット上で話題になっています。これは医師も実践しているもので、どんな人でも実行できるとても手軽なものです。 それは「20分おきにお茶や水を飲む」というもの。「うがい」こそが最上の予防策だと思われているだけに、意外な方法ですね!飲み物を飲んでしまったら、ウィルスが体内に入ってしまうのでは? View this post on Instagram ハワイのターゲットで発見!伊藤園のグリーンティー、オーガニックでノンシュガーでしかも財布に優しいのが嬉しい〜! #ハワイ #ハワイ旅行

Read more

小さな親切が時には死に至る可能性があるという恐ろしいエピソード→こういう事実があることを多くの人に知ってもらいたいと切に訴えるツイート!

あるTwitterユーザーさんの投稿が話題になっています。 一歳になる息子さんと出かけた時の話。 投稿者さんである母親が少し目を離していた時に、ある高齢者の方が息子に一片の「どら焼き」を食べさせたんだとか・・ その後何が起こったか想像つきますか? 無知ということが、いかに恐ろしいことかというエピソードです! 本日、母親から見えないところで一歳の息子にどらやきを一欠片食べさせた70歳ほどの見知らぬ高齢者の方へ。卵アレルギーの息子はそれから2度噴水のように嘔吐し、今もかゆみと下痢に悩まされております。何卒、アレルギーは簡単に子供を殺せることをご理解ください・・・。 — 師走トオル 『ファイフステル・サーガ2』9月20日発売 (@SiwasuToru) March 6, 2018 どうしてもあげたくなって、コッソリと食べさせてしまったのかもしれませんが… 結果として、「善意だった」では済まされない話です。 色々とお気遣いのリプライをありがとうございます。こうも拡散して頂けるとアレルギー周知の面で大変ありがたいのですが、さすがにレスしきれない・・・。とりあえず息子は無事快方に向かっております。 — 師走トオル 『ファイフステル・サーガ2』9月20日発売 (@SiwasuToru) March 6, 2018 Twitterでの反応は・・? お大事になさってください……アレルギーもさることながら、一歳の子供に親の了承なしに食べ物を与える大人の存在が信じられない……

Read more

親が離婚することになり「父母、どちらについて行く?」の問いかけに対して、こう言い放ってやりました!→大正解とネットで共感者続出!

親が離婚するとその子供たちはどちらについて行くか迫られます。 離婚にはよくありがちの光景ですが、この親からの問いかけに対してスッキリする答えを言い放ったとネットで話題になっています。 両親が離婚することになり「どちらについていくか自分で決めていいぞ」と言われたとき、高校生兄弟の口から出たのは「我々はこの家に残るから、どちらが出ていくか二人でよく話し合って決めなさい」でした(多分父さんとか母さんとか言って欲しかったんだと思うが……) — えすえすマフラー作戰 (@ssmufler) February 26, 2018 Twitterでの反応は・・? じぶんも両親が離婚したが、どちらの親について行きたいというより兄弟離れ離れになりたくないと思った。大人になって親への複雑な感情はいまだにあり、家族って何?って今でも悶々と考えるときもありますが、兄弟がいることは幸運だったと思ってる。兄弟がいることに親というより神様?に感謝してる。 — hidenon317 (@hidenon317) February 26, 2018 わかります。私も両親に離婚の話が出た時、どちらについていくかと聞かれました。親と言うのはエゴの塊ですね。自分を選んで欲しいんでしょうね。そして私はそんなエゴに付き合うのがイヤで「この家は私たち(3姉妹)がもらうから二人とも出てって」と言い、ドン引きされました。 — tomo (@AllOne1002) February 27, 2018 離婚する親が上から目線なのが気になる。「どっちについていくか決めていいぞ」って。自分等の勝手で子供を巻き込むっつーことをわかってない。兄弟が言ってるのは当たり前のこと。

Read more

鳩山由紀夫「ファーウェイ排除反対!米国に従属せず中国と協力すべきだ」

アメリカ政府と日本政府が進めるファーウェイ排除の動きについて、元首相の鳩山由紀夫氏(71)が異論を唱えた。 鳩山由紀夫「ファーウェイ排除するな!中国と仲良くしよう!」 鳩山由紀夫氏は中国で開かれた「2018従都国際フォーラム」で環球時報のインタビューに応じ、自身の考えをはっきりと語った。 鳩山氏は「率直に言って、日本政府が一企業に対して制限措置をとることは非常に不可思議なことで、これはおかしな政策だ」と指摘した。 (中略) 「日本政府がこのような不可思議な手段を採用して中国の一企業を制限することは、現政権がいかに米国に従属しているかという現実を表すものとなっている」と語った。 鳩山氏は続けて、「中国に対して多くの制裁を加える米国のやり方について、日本も同様の圧力を受けている。日本は中国と協力すべきで、協調によって共同して圧力に対処するのが正しい方法だ」と主張した https://www.recordchina.co.jp/b669833-s0-c10-d0062.html ファーウェイの安全保障上の問題についてきちんと理解しているのだろうか…。個人的にアメリカが嫌いで中国が好きだからこのような方針を力説しているという気がしてならない。 他者を説得する根拠もなく「中国と協力すべき」と世界的な流れに逆らう主張をしても誰も信用しないのが実際のところ。仮に日本がアメリカを切り捨てて中国と仲良くしたらどうなるのか。悲惨な未来は目に見えている。 この発言を受けてネット上では鳩山由紀夫氏を揶揄するような写真が続々と貼られ始めた。 (1)余計なものが見つかったファーウェイに絡んで余計な事をひらめく鳩山由紀夫氏。 (2)親指を立ててポーズ。 (3)子供からのイメージがずいぶんと悪いようだ。 (4)辺野古にて変なデモをしていた鳩山由紀夫氏。元総理大臣とは思えない落ちぶれっぷり。 参考:鳩山由紀夫が辺野古で座り込み運動。こんなのが元総理大臣かよ 元総理大臣という肩書をもって中国で発言すると曲がりなりにも影響力をもってしまうのだから、国民に支持されていない個人的見解を迂闊に話すのはやめてほしい。 少なくともネットを見ている限りでは「米国に従属せず中国と協力すべきだ」という意見は目にしたことがない。 

Read more

【これが真のモテ男】手渡された1枚のメモに男女からの告白文、彼が選んだのは男か女か!?

男女から同時に告白されたモテ男 男にモテるそこの美人さんも、女にモテるそこのイケメンも、彼にはかなわないかもしれない。 なぜなら彼は、こんなメモを手渡されたのだから。 もしゲイじゃないのなら僕の友達が君のこと気に入ってるみたい。これが彼女の番号。 どうやら、ある男性が女友達からの伝言を伝えたようだ。 しかし、メモにあったのはそれだけではなかった! メモ下部分にはこう書かれてあったのだ。 もし君がゲイならこれが僕の番号。 なんと、キューピット役の男性も彼のことを狙っていたようだ。 果たして彼が選んだのは男か女か? 12月1日、勤務中に同僚からこのメモを受け取ったのはツイッターユーザーのコーディーさん。 この出来事をTwitterに投稿すると瞬く間に拡散され、8万件以上もリツイートされることとなった。 そして、コーディーさんはその日のうちにメッセージを送り、翌日には映画と寿司デートに出かけたと報告している。 そのコーディーさんが選んだ相手はコチラ! ↓ ↓ ↓ そう、メモの下に書いてあった男性の番号に連絡したようだ。 デートは楽しかったようで、すでに2回目のデートの約束もしているという二人。このツイートをきっかけにコーディーさんのお母さんにも伝わってしまったようだが、今は彼の恋愛を応援してくれているとのこと。 お幸せに! 許諾元:Cody@Co  

Read more

【殴ったら負け】映像作家が作った世界一平和なストリートファイトの動画がオモシロすぎる!!

こんなに激しいケンカはみたことねぇぜ!! アメリカでケンカと言ったら、殴り合い蹴り合いの激しいストリートファイトを想像してしまう。 だが、そんなワイルドな人々も徐々に世代交代しはじめているようで・・・・そんな昨今を風刺するような、ニューヨークで誰も怪我しない、平和すぎるケンカの動画が作られアップされていた。 その映像がコチラだ! The most intense fight I’ve ever seen pic.twitter.com/TCXXO98ijp — Guy (@apiecebyguy) December 4, 2018 この動画は、ガイ・ベルローチさんという映像ディレクターが制作した映像。争っているのは、10代後半から20代前半とみられる若い男性2人。 一触即発か!?・・・とおもったら、2人はファック!ファック!と中指をたてるだけ。 距離をとって道路を渡り、どちらも手をあげる様子はない。 とにかく中指で威嚇しあい、とにかく無言でブチギレちらかす。・・・それだけ。二人にしか見えない魔法対決でも行われているのだろうか。 更に、途中で通りかかる車に悪意がぶつからないように配慮しているあたりにも、この二人が実はメチャクチャいいヤツらであることが伺える。 この動画が大きく拡散されると、「腰抜けだな」といったバカにするコメントもあった一方、「暴力沙汰にしないあたり偉い」「ホントはコイツら仲良いだろwwww」といった意見も寄せられていた。 米メディア”ワシントンポスト”によると、アメリカのゆとり世代にあたる「ミレニアル世代」は、リスクを回避し安定を求める傾向があるという。それだけあり、今回の動画は大きく拡散した模様。あくまでもこれはフェイクです。(あり得そうな話だが) 

Read more

旅行用に貯めていたお金に手をつけた夫に、妻が出した答え。

20〜30年前と比べればだいぶ安くなってきたとはいえ、海外旅行をするにはやはりそれなりのお金が必要です。 そのため1、2年後に控えた旅行のために貯金をしているという人も少なくありません。 画像共有サイトImgurにスマホのスクリーンショットを投稿したある男性教師も、妻と旅行をするために一緒に旅行貯金をしていました。しかしある日、彼はその貯金に手をつけてしまいます。 View this post on Instagram Sul set. #lorenzosepalone #set #spot #university #universitàdifoggia #foggia #laboratorio #lab #teacher #prof #film #shortmovie #movie #art #cinema

Read more

飼い主にペットの犬を1000万円で売ってくれと訊いてみたら…

アメリカ・シカゴのとある公園に突如現れたキリッとスーツで決めたビジネスマン風の男性。 手にする黒いアタッシュケースには10万ドル(日本円にして約1000万円)入っています。こんな大金をもって彼は一体何をするつもりなのでしょうか?実はこの男性、BigDawsTVの名で知られるYoutuberで、これは通りがかりの犬を連れた人に「10万ドルあげるから犬をくれ」と訊いたらどういう反応をするのか調べようという社会実験なのです。 彼は犬を連れて散歩する数組の人に近づいていきます。「カワイイ犬ですね、触ってもいいですか?」と尋ねるスーツ姿の男に快く「ええ、もちろんですとも」と答えるカップルや、 1人で犬を散歩するこちらの男性など複数の人に、アタッシュケースの大金をチラつかせながら「犬を売ってくれないか」と尋ねます。 最初は10万ドル、さらに100万ドル(日本円にして約1億円)と男性のオファーはエスカレートします。10万ドルという大金を提示されたらペットを売ってしまおうか迷ってしまうのではないかと疑ってしまいますが、大半の人の答えはシンプルなものでした。 「ダメです」にこやかに笑いながらこちらの女性はスーツの男性のオファーを拒否。 「そんなことできません」と答えたこちらの女性。「ブサイクなほうだけでいいから、お願いします」という失礼な質問に対し「2匹ともブサイクじゃないし、売りもしません」と門前払い。 こちらの男性は「このチワワとは13年間も一緒なんです。売れません」と頑なに拒否します。その毅然とした態度からは一寸の迷いすら感じられません。 こちらの若い男性も「100万ドルでどうだい?」と聞かれても「いやー、無理だね」と愛犬を売ってくれという男性の申し入れを拒絶します。なぜ売らないのかと尋ねると「この犬が好きだからさ」とイケメン回答。 それに引き換え1人で散歩していたこちらの男性はアタッシュケースの中身を確認すると、嬉しそうに近くにいる妻を呼びながら「バーニー(犬)を10万ドルで売るぞ!」と叫びます。すると子供を連れて現れた妻の口から出た言葉は… 「Never!(絶対に嫌)」の一言。アタッシュケースを恨めしそうに眺めながら旦那は「俺は売りたいけどね」とポロリとこぼしますが、妻の猛反対に遭い結局断念します。 いかがでしたか?愛犬は家族の一員だという考えの人が多いことを改めて実感させられる動画ですね。犬を飼うというのはその一生に責任を持つということ。本来ならばそれをちゃんと分かっている人だけに、ペットの飼育を許可するべきなのではないでしょうか。動画はこちらからご覧頂けます!  

Read more