ピエール瀧容疑者が保釈された湾岸署前の歩道、マスコミが点字ブロックを封鎖 & 歩道の苗木を踏み荒らす

野田草履Pさんのツイート ピエール瀧が保釈される湾岸署前の歩道 マスコミが点字ブロックを封鎖 ピエール瀧が保釈される湾岸署前の歩道マスコミが点字ブロックを封鎖 pic.twitter.com/U7Gv0XLF7H — 野田草履P (@nodasori2525) April 4, 2019 視覚障害者誘導用ブロック 視覚障害者誘導用ブロックは、視覚障害者に歩行に必要な情報を提供し安全に誘導するため路面や床面に敷設されるブロックである。 日本で誕生したもので、1993年に公布された福祉用具の研究開発及び普及の促進に関する法律で「視覚障害者誘導用ブロック」という名称で定義された。点字ブロックや視覚障害者用タイルの名でも知られる。 視覚障害者誘導用ブロック – Wikipedia twitterの反応 それなら報道しなくてもいいんだけど。目の見えない人は点字ブロックを頼りにしてるのに、マスコミは周りの目も見れないのか — みるく🐇 (@hotmilk_tosuto) April 4, 2019

Read more

アイリスオーヤマが韓国に新工場設立 → 社長「一般消費者の方は、日本企業であるから、韓国企業であるからという考えでお買い物されていない」

アイリスオーヤマ ソウル郊外の新工場稼働 ▼記事によると… ・日本と韓国の関係が冷え込む中、韓国・ソウル郊外に日本の生活用品大手「アイリスオーヤマ」の新たな工場が完成し、22日から稼働した。 ・約70億円を投じて建設された新工場は22日から稼働 ・懸念される日韓関係の冷え込みについては「大きな影響はない」と分析している。 ・アイリスオーヤマ・大山晃弘社長「一般消費者の方は、日本企業であるから、韓国企業であるからという考えでお買い物されていない」 2019.03.22 14:03 http://www.news24.jp/nnn/news162127609.html アイリスオーヤマ アイリスオーヤマ株式会社は、生活用品の製造と販売を主業務とする、宮城県仙台市青葉区に本社をおく企業である。2000年代からは家電事業に力を入れ、2012年からは大手家電メーカーでリストラにあった優秀な技術者を大量に採用し加速させた。 代表者: 代表取締役会長 大山健太郎; 代表取締役社長大山晃弘 アイリスオーヤマ – Wikipedia 動画を見る (((;´゚Д゚) え~っ? アイリスオーヤマが・・韓国に工場新設? アイリスオーヤマ ソウル郊外の新工場稼働3/22(金) 日本と韓国の関係が冷え込む中、韓国・ソウル郊外に日本の生活用品大手「アイリスオーヤマ」の新たな工場が完成し、22日から稼働した。 pic.twitter.com/R61cUotFFV

Read more

【和牛受精卵】流出元となった牧場経営の畜産農家(70)を逮捕 既に4回、中国の牧場関係者に売られていた…

運搬役容疑者 和牛受精卵 4回中国に…「流出元」農家 容疑逮捕 ▼記事によると… ・和牛の受精卵と精液が中国に持ち出されそうになった事件で、大阪府警は20日、受精卵などの流出元となった畜産業の松平哲幸容疑者(70)(徳島県吉野川市)を家畜伝染病予防法違反、関税法違反両容疑で逮捕した。 運搬役として逮捕されていた焼き肉店経営の前田裕介容疑者(51)らが過去に4回、中国に受精卵などを密輸していたことも判明。府警は、いずれも松平容疑者から提供されたとみて調べる。 ・発表では、松平容疑者は前田容疑者らと共謀し、昨年6月29日、動物などの輸出時に必要な検疫を受けずに、金属容器に詰められて凍結された受精卵と精液(保管用ストロー計365本分)を大阪から中国・上海にフェリーで持ち出そうとした疑い。 2019/03/21 05:00(会員限定記事) 家畜伝染病予防法 家畜伝染病予防法は、家畜の伝染性疾病の発生の予防、及びまん延の防止について定めた日本の法律である。略称は家伝法。最終改正は平成26年6月13日法律第69号。 農林水産省職員執筆の同法の解説として、平成25年に「逐条解説 家畜伝染病予防法」が出版されている。 家畜伝染病予防法 – Wikipedia ▼動画を見る 3月20日の報道。和牛の受精卵と精液を中国に不正に輸出し男2人が逮捕された事件で、流出元の徳島県の畜産農家を逮捕。過去5回不正に輸出。今回は検疫を受けてないから逮捕か。1991年に米国へ和牛精液輸出解禁で和牛240頭、精液1万5千本が米国へ。その後豪州へ渡り世界中に。農水省は和牛を護る気が無い pic.twitter.com/e5elwohetV — 日の丸子&君が代子。新垢 (@Yuu14Sunplas) March 21, 2019 twitterの反応 逮捕しても既に事遅し。後手後手の茶番劇である。何とか予防は、出来ないものか。和牛生産始まってるだろうな。

Read more

「うちの子に恐竜の枕買ってあげよう♪」⇒衝撃的なモノが届きママが怒りのネット晒し!!

私たちの生活に欠かせない、便利なネットショッピング。 唯一デメリットを挙げるとしたら、商品を実際に手に取ってみることができないということではないだろうか。 今回は、大半の人が一度は利用したことがある超大手アマゾンで、ある商品を注文したものの、とんでもない物が届いたという話を紹介しよう。 恐竜の形をした枕を注文したのに! まずこちらの画像をみてほしい。 えええーーーっ!!! モデルの男の子まで一緒に印刷された枕カバーっ!??? まさか、恐竜型枕の代わりに、この男の子まで一緒についてくるなんて夢にも思わなかっただろう。 View post on imgur.com 上の画像がImgurで共有されてから、100万回以上みられコメントも盛り上がっている。 「なんじゃ、こりゃ!」 「嘘はついてないよねWWW」 「これはこれで正解じゃない?」 いや、たしかに、言われてみれば届いた商品でもおかしくない気はするのだが、イマイチ納得がいかない。 悪質業者による海賊版に注意! 実は、アマゾンではこの枕を複数の業者が販売しているようで、さきほどのママが注文した商品は悪質業者による海賊版だったのでは、と言われている。 実際にアマゾンのサイトでは、恐竜型の枕はきちんと販売されている。 38ドル(約4300円)で販売されているこの枕は、どうみても恐竜型の枕のようだ。 男の子がデザインされた問題の枕カバーは現在削除されているものの、これからクリスマスに向けネットショッピングをする人は十分気を付けよう! 

Read more

「やさしい教師」「厳しい教師」「有名な音楽家」 子供を音楽家として成功させるにはどの教師がいいと思いますか?・・その答えは本当に大事なものは何かを教えてくれた!

才能を開花させるには何が大事か教えてくれる漫画がTwitterで話題になっているので紹介したいと思います。 まず最初にクイズが出題されます。 「ほんわか優しく教える教師」 「ビシバシ厳しく教える教師」 「有名な音楽家」 さてこの中で、子供をどの教師につけると音楽家として最も成功すると思いますか?・・というもの。 あなたも考えながら漫画を読んでみてください・・ プロの練習時間は、必ず「1万時間」を越えていると分かりました。結局、「積み重ね」ができるかどうかだけなのです。あなたはまだ、やらない言い訳をしますか?http://t.co/CiI4rO9q9c pic.twitter.com/wY3raVQwMT — マンガで分かる心療内科/ゆうきゆう/単行本発売中! (@sinrinet) August 15, 2015 なるほど、何よりも大事なのは楽しんだり、好きになるという事なんですね。 Twitterでの反応は・・? これは僕が教師をする上で大切だと思っています。 数年間でどれだけたくさんのことを教えるかというよりも、子どもたちの長い人生の中で花ひらく「種」を渡す。 https://t.co/x4ztbFGldg — 平山直樹@Amsterdam (@soulful_teacher) August 11,

Read more

「リーフボウル」落ち葉を使ってユニークなインテリアをDIY

秋もだんだんと深まり、日ごとに寒くなってきましたね。秋といえば一度は行きたい紅葉狩りですが、 皆さんはもうお出かけになりましたか? 今回は、そんな紅葉の美しい季節にぴったりの、紅葉の葉を使って自分で簡単に作れるDIYインテリアをご紹介します。 使うのは、木工用ボンドとこの2つの材料です: 風船 紅葉した葉 (本物でもフェイク/造花でもOK) 作り方: 膨らませた風船がボウルの土台になります。作りたいボウルのサイズになるように膨らませてください。 そこに、木工用ボンドを塗っていきます。風船を固定すると作業しやすくなります。少なくとも風船の1/3は何も塗らずに残しておきましょう。 葉っぱを貼り付けていきます。ボンドを塗りながら貼り、隙間ができないように注意してください。 ボンドが完全に乾くまで一時間程、置いておきます。 完全に乾いたら針などのとがったもので風船をつついて割って、はがします。 リーフボウルの完成です!暖色の葉っぱが、秋のあたたかみを感じさせてくれる素敵なインテリアです。 これなら紅葉を自宅でも楽しめますね。今年は観るだけでなく、形に残る秋の思い出を作ってみてはいかがでしょうか?ぜひお試しください! 作り方を紹介した動画はこちらです。

Read more

「ソーセージの悲しい最期」何気ない餌やりが自然に及ぼす危険

北海道の知床は国立公園でもありながら世界自然遺産にも指定されており、恵まれた美しい風景や生態系を見に国内外から絶えず多くの観光客が訪れます。 人の手が入らない雄大な原生林が多くの野生動物を育み、そのなかには海道を代表する野生動物である「ヒグマ」も含まれます。しかしここ数年、このヒグマの市街地出没が増加の傾向にあり、保護地区とは言え、人に害をもたらす個体は残念なことに駆除されてしまうこともあります。 2016年、Twitterユーザーの川Φ(@takeshikawanaka)さんが紹介した知床のあるヒグマの物語は大きな反響を呼びました。「ソーセージの悲しい最期」と題されたこの文章は、知床の保護管理活動を行なっているNPO「知床財団」が作成したチラシに紹介されていたものです。私たち人間が自然に及ぼす影響に対して警告を発する内容になっています。 餌付けというエゴが招いた悲劇。 pic.twitter.com/MVsRTXIeIU — 川中/Office T's Garden (@takeshikawanaka) July 28, 2016 「コードネーム97B-5、またの名はソーセージ。初めて出会ったのは1997年秋、彼女は母親からはなれ独立したばかりだった。翌年の夏、彼女はたくさんの車が行きかう国立公園入口近くに姿を現すようになった。その後すぐ、とんでもない知らせが飛び込んできた。観光客が彼女にソーセージを投げ与えていたというのだ。それからの彼女は同じクマとは思えないほどすっかり変わってしまった。人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わり、彼女はしつこく道路沿いに姿を見せるようになった。そのたびに見物の車列ができ、彼女はますます人に慣れていった。 我々はこれがとても危険な兆候だと感じていた。かつて北米の国立公園では、餌付けられたクマが悲惨な人身事故を起こしてきた歴史があることを知っていたからだ。我々は彼女を必死に追い払い続け、厳しくお仕置きした。人に近づくなと学習させようとしたのだ。しかし、彼女はのんびりと出歩き続けた。 翌春、ついに彼女は市街地にまで入り込むようになった。呑気に歩き回るばかりだが、人にばったり出会ったら何が起こるかわからない。そしてある朝、彼女は小学校のそばでシカの死体を食べはじめた。もはや決断のときだった。子供たちの通学が始まる前にすべてを終わらせなければならない。私は近づきながら弾丸を装填した。スコープの中の彼女は、一瞬、あっ、というような表情を見せた。そして、叩きつける激しい発射音。ライフル弾の恐ろしい力。彼女はもうほとんど動くことができなかった。瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。 彼女は知床の森に生まれ、またその土に戻って行くはずだった。それは、たった1本のソーセージで狂いはじめた。何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。けれどもそれが多くの人を危険に陥れ、失われなくてもよかった命を奪うことになることを、よく考えてほしい。」 クマが人里に出てくるのは、餌やりやゴミの不法投棄などによって人間は餌をくれるものとクマが認知してしまうためなのです。一度人の食べ物の味を覚えたヒグマは、人から食べ物を奪おうとしたり、車や家屋の中に侵入するようになります。知床財団は、ヒグマに餌を与えないよう知床を訪れる人々に訴えています。また、財団では、こういったクマと人との接触事故を避けるため、ゴム弾などを発射するなどしてクマを人のいるエリアから追い払う活動も行なっています。止む終えない事態になってしまうのをできる限り防ごうとしているのです。 しかし、野生のクマを恐れずに餌付けする観光客がいつまでたっても後を絶たないといいます。子連れでクマに近づく人や、接近して写真撮影をする人までいるそうです。ソーセージの物語にあえてショッキングな表現手法が取られたのは、こういった自然保護に対する意識が低い人間側への強い対応が必要と考えられたためだそうです。 知床ではここ数年、「クマ渋滞」と呼ばれる現象まで起きるようになっています。これは、道路脇に現れたヒグマを見ようと観光客が車から降り、放置された車が連なって交通の妨げとなるというものです。普段見ることのできない野生動物に出会い、つい気を引いたり、餌をやってみたくなってしまうのも分かります。しかし、クマは猛獣で可愛いペットではありません。餌やり行為は、自ら、そしてクマにも命の危険を招く恐れがあるのです。 知床に生息する野生のヒグマは、知床の特異な生態系を支える重要な役割を担っている大変貴重な生き物です。地元のハンターに知床の罪の無いヒグマたちを射殺させてしまうような、そんな悲劇が起こらぬようにするためにも、私たちには、野生動物に対する根本的な意識改革が必要なのかもしれません。野生動物には絶対に餌をあたえないで下さい。クマに遭遇した場合は十分に距離を取り、決して車から降りたり、近寄ったりしないでください。 「世界遺産化により観光客が増え自然が荒らされる」とよく言われますが、ここにもまた、心ない観光客によって残すべき宝が少しずつ破壊されている悲しい現実があるのです。 

Read more

「パパへ いつもはたらいてくれたり・・」で始まる小学1年生の娘からの手紙。感謝の手紙かと思いきや、続きを読んで思わず絶句した!

最近の小学生の観察力はすごい! 大人が思ってもみないところに気づいたり、考えていたりします。 そんな中、あるTwitterユーザーさんの投稿に注目が集まっています。 小学1年生の娘さんからの手紙なんですが、その内容が衝撃的です・・(笑) 小学1年生の次女からの手紙がだいぶ上の方から届きましたww pic.twitter.com/npY5640tva — Tsumugi (@tsumugi2012) October 20, 2017 同情された…(笑)! Twitterでの反応は・・? めっちゃ文才あるやんか((笑)) https://t.co/TUkvvt4aYI — mog (@jadoes) October 23, 2017 分かるんかーい!ww https://t.co/jXHZyZdHog —

Read more

「こんな夫婦素敵!」あなたも試してみて・・帰宅して妻の機嫌が悪そうだったら、この3つの質問してあげて!

あなたの夫婦円満の秘訣ってなんですか? 夫婦生活が長くなると、昔は出来ていたことが出来なくなることって少なくありません。 その中でも相手に対しての思いやりは、どんなに時間が経過しても怠りたくない部分ではないでしょうか? むしろそれが出来れば、いつまでも仲の良さが保てるといっても過言ではないかもしれません。 そんな中あるTwitterユーザーさんが投稿した漫画が話題になっています。 帰宅したら、妻の機嫌が悪そうだった・・というシュチュエーションです。 あなたならどうしますか? 帰宅して妻の機嫌が悪そうだったら、こちらまで機嫌が悪くなってしまいそうですが、この投稿者さんは3つの質問をしたそうです。 その質問が大きな反響を呼び、共感者が続出しています。 一体どんな質問をしたのでしょうか・・? 早速ご覧ください! イライラしたり疲れているとき、お互いこんな感じ。 pic.twitter.com/8KJIgebgZ6 — さわぐち けいすけ (@tricolorebicol1) July 22, 2017 Twitterでの反応は・・? さわぐちさんの神対応ってとどのつまり慈愛の塊ですよね 自分を労わる(愛する)ように他人を労わる(愛する)みたいな 凄く勉強になります。 —

Read more

「これぞ躾のお手本」パン屋さんでパンをワシづかみしてしまった小さい子供の親の対応がとても素晴らしく、正にお手本だった!

子供の躾は難しいものです。 特に最近は、我が子への躾もろくにできない親の問題を多く目にするようになりました。 子供の成長する環境を作っているのは私たち大人であり、特に両親の影響は大きいものです。 今回は、パン屋で子どもが起こしてしまった事件に対しての両親の対応が素晴らしいとネットで話題になっているので紹介したいと思います。 最近親が子供のした事を「子供のしたことだから」という話をちょくちょく見かけるんですが、あれもなんていうかクレーマーの「お客様は神様だろ!」と同じレベルのやつですよね…自分でいっちゃあかんやつ… — おかもと (@okmtsn115) June 30, 2017 でもね!!ずっと前に私すごく素敵な家族みかけまして、パン屋さんでパン買ってたら、小さい子供3人つれたお父さんとお母さんが入ってきてパンみてたんだけど、一番小さい子供(2~3歳くらい)がトレイに並べておいてるパンをわしづかみしちゃって、近くにいたお客さんも店員さんも「あっ」って→ — おかもと (@okmtsn115) June 30, 2017 そしたら気付いたお母さんが子供に「なんて事してるの!!!」って怒って「店員さんが一生懸命作ってくれたパンなんだよ!!」って怒鳴ったんだけどめっちゃ迫力あったから内容より怖さが勝った3歳くらいの男の子尻餅ついて泣き出しちゃって、慌ててお父さんが少し離れたところに連れて行ったんです→ — おかもと (@okmtsn115) June 30, 2017

Read more